Using the scope view

This page discusses the usage of Portfolio for Jira live plans (any version from 2.0 to 2.27). If you're using the redesigned planning interface, see this page instead.

プランのビューの検索およびフィルタリング コントロールを使用して、プランのコンテンツやタイムラインを選択した項目、リリース、およびチームに素早く絞り込むことができます。 

フィルター名説明

エピック

範囲で表示される階層レベルを変更できます。
プロジェクト作業項目の発生元のプロジェクトで絞り込みます。
リリース作業項目の割り当て先のリリースで絞り込みます。
チーム作業項目の割り当て先のチームで絞り込みます。
テキスト検索作業項目をタイトルのテキストで絞り込みます。一致した項目の親も表示されます。
Status

Filter by Jira issue status. Open issues can be displayed, or both open and closed issues.

  1. [その他] > [ステータス] に移動し、[オープンおよび完了済みの課題] を開きます。
  2. オープンおよび完了済みの課題を表示したいか、オープンな課題のみを表示したいかを選択します。
完了日

When it's not set, it will show all completed issues from the last 30 days.

  1. Go to More > Completion date.
  2. Select which filtering time frame you'd like to use for completed issues.
スケジュール範囲
  1. バックログとスケジューリング ビューをフィルタリングして、選択された期限内にスケジュールされている課題と、ベースラインを持つ課題のみを表示します。このオプションは見積もりが終わっていないアイテムも絞り込むことができます。
  2. [その他] > [完了日] に移動し、[スケジュール範囲] を開きます。
  3. 絞り込みたいスケジュール範囲を選択します。
テーマタイムラインをテーマで絞り込みます。

プロジェクト、リリース、および日付範囲では、フィルターはユーザーが選択した値とアルゴリズムが計算した値の両方を考慮します。

例:

If you manually assign issue 01 to Team A and the algorithm automatically assigned issue 02 to Team A; filtering by Team A would return both issue 01 and issue 02.

関連トピック

最終更新日 2019 年 9 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.