キャパシティ ビューを使用する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This page discusses the usage of Portfolio for Jira live plans (any version from 2.0 to 2.27). If you're using the redesigned planning interface, see the following pages instead:


キャパシティ ビューでは、チームの作業キャパシティの潜在的な使用量を確認できます。

キャパシティ ビューでは次の操作を行えます。

  • 合計キャパシティがチームの合計ベロシティを超えているかどうかの確認。キャパシティ ビューは、リソースが不足する部分を赤色で表示します。これは、スプリントをアジャイル ボードで計画していて、チームのキャパシティが超過していることに気づかない場合に便利です。
  • チームのメンバーに、作業の超過割り当てが行われているユーザーがいるかどうかを確認します。これは、作業をメンバーに個別に割り当てていて、チームのベロシティには合っているために全体のキャパシティに問題がないように見えるような場合に、簡単に見落とされてしまいます。キャパシティ ビューはユーザーごとのキャパシティを明確に表示するため、全体的なキャパシティのバランスを確認したり、バランスが崩れるタイミングを確認したりすることができます。
  • 新しく別のプロジェクトやワークストリームに対応するキャパシティがまだあるかどうかの判断。キャパシティ ビューには特定のチームの空きスロットがすぐに表示されるので、これは比較的長期間のスケジュールを抱えている場合に便利です。

キャパシティ ビューの構成方法 

  1. プランに移動し、[計算] の横にあるドロップダウンから [キャパシティ] ビューを選択します。


  2. [キャパシティ] を選択してキャパシティ ビューを表示します。

    自分のチームが同じスケジュール上にない場合は、タイムライン設定からチームまたはユーザーのビューを選択する必要があります。

  3. スプリントをクリックして詳細を表示します。

    要素説明
    空き状況キャパシティの使用後の空き状況
    予定キャパシティ予定キャパシティは、スプリントに割り当てられた課題の残余見積の値に基づきます。チームはアクティブ スプリントを積み重ねて課題を完了するので、完了済みの課題は集約されない可能性があることに注意してください。
    使用率使用されているキャパシティの現在のパーセント値
最終更新日 2019 年 7 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.