Searching for issues using Portfolio details

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

In Jira, you can use JQL to search for issues that use Portfolio for Jira custom fields. You can also use JQL to search for issues, by using Portfolio for Jira issue fields.

課題の検索

課題を検索する際に入力する値では、大文字と小文字が区別されます。

  1. Go to Issues (in header) > Search for issues.
  2. Click Advanced.
  3. 検索で達成しようとしている内容に応じて、以降のセクションに移動します。

To know more about advanced searching in Jira, see Advanced searching.

階層内で課題を検索する場合

  • "親リンク" フィールドを使用する課題の場合
    • ある親課題の子課題については、「Parent Link = EX-000」と入力します。
    • 複数の親リンクの子課題の場合は、「Parent Link in (EX-000, EX-001,EX-002, EX-003)」と入力します。
    • 使用可能な他の JQL 演算子: IS EMPTY  および  IS NOT EMPTY
  • ある課題の子課題の場合
    • For child issues of an issue from a specific hierarchy level in Portfolio for Jira, type issuekey in childIssuesOf("EX-000").
    • たとえば、次のような階層があるとします。
      • INIT-001 (イニシアチブ階層レベル)
        • EPIC-001 (エピック階層レベル)
        • EPIC-002
          • STORY-001 (ストーリー階層レベル)
          • STORY-002
      INIT-001 の子課題を取得するには、「issuekey in childIssuesOf("INIT-001")」と入力します。エピック階層レベルの子課題だけでなく、INIT-001 配下のすべての子課題が返されます。つまり、EPIC-001、EPIC-002、STORY-001、および STORY-002 が返されます。 
    • 必要に応じ、不要な階層レベルの課題を返さないようにできます。たとえば、ストーリー レベルの課題のみを返したい場合は、「issuekey in childIssuesOf("INIT-001") AND issueType != Epic」と入力します。
  • ある課題の親課題の場合
    • For parent issues of an issue in a specific hierarchy level in Portfolio for Jira, type issuekey in parentIssuesOf("EX-000").
    • たとえば、次のような階層があるとします。
      • INIT-001 (イニシアチブ階層レベル)
        • EPIC-001 (エピック階層レベル)
        • EPIC-002
          • STORY-001 (ストーリー階層レベル)
          • STORY-002
    • STORY-001 の親課題を取得するには、「issuekey in parentIssuesOf("STORY-001")」と入力します。エピック階層レベルの直接の親課題だけでなく、STORY-001 より上のすべての親課題が返されます。つまり、EPIC-002 および INIT-001 が返されます。
    • 必要に応じ、不要な階層レベルの課題を返さないようにできます。たとえば、イニシアチブ レベルの課題のみを返す場合は、「issuekey in parentIssuesOf("STORY-001") AND issueType != Epic」と入力します。

"チーム" フィールドを使用する課題の場合

JQL 経由で、共有チームのみを検索できます。

  • 特定のチームに割り当てられた課題の場合、「Team = "共有チーム名"」と入力します。
  • 一連のチームのいずれかに割り当てられている課題の場合、「Team in ("共有チーム 1", "共有チーム 2", "共有チーム 3")」と入力します。
  • 使用可能な他の JQL 演算子: NOT IN, IS EMPTY, および IS NOT EMPTY

ターゲット日を持つ課題の場合

  • 特定のターゲット開始日またはターゲット終了日を持つ課題の場合、「Target start」または「Target end = "日付"」と入力します。
  • 使用可能な他の JQL 演算子:!=, >, <, <=, および >=

特定のプランにある課題の場合

特定のプログラムにある課題の場合

最終更新日 2019 年 7 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.