プランの作成

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This page refers to the usage of the improved planning interface in Portfolio for Jira (version 3.0 and later). If you're using a Portfolio for Jira live plan (any version from 2.0 to 2.27), refer to the documentation in this section.

Any plans you create in Portfolio for Jira will have the improved planning interface enabled by default. 

Sample plan, with the improved interface

If you prefer to use the layout of live plans (any version from 2.0 to 2.27), you'll need to disable the improved interface in each of your plans. See Setting up the planning environment to know more.

There are loading limits to take note of when using plans in Portfolio for Jira. Loading limits restrict the number of issues that can be loaded into a plan, thereby preventing the schedule of a plan from becoming too large for Portfolio for Jira to process.

If a plan becomes too large, this can cause your Jira instance to time out. To prevent this, you can consider creating multiple plans and spreading the work across these plans, or you can remove certain issues from the issue sources that you've connected to the plan.

プランでは、次の読み込み制限に注意してください。

  • 課題の絶対的な制限: プランに読み込むことができる課題の数 (5000)。
  • 階層での課題制限: プランの各階層に表示できる課題の数 (2000)。この制限は、プランを作成する際にのみ適用されます。任意の階層レベルで課題の合計数が 2000 を超えている場合、プランを作成できなくなります。
  • プロジェクト制限: プランに読み込むことができるプロジェクトの数 (100)。この制限は、プランを作成する際にのみ適用されます。プラン内のプロジェクトの合計数が 100 を超えている場合、プランを作成できなくなります。
  • チーム制限: 共有チーム設定経由でアクセスできるチームの数。プランが直接表示できるチーム数の上限は 50 です。50 より多くのチームがある場合、一部のチームは、共有チーム設定ページには直接表示されません。表示されていないチームを見つけるには、検索ボックスでチーム名を入力します。

プランの作成

  1. In Jira, go to Portfolio (in header) > Create. The 'Create' dialog will be displayed.
  2. Select PlanCreate.
  3. Give your plan a name.
  4. Select one of the privacy options from the privacy drop-down:
    • No restrictions (default option) – all Portfolio users can view and access the plan
    • 非公開 – プランの作成者のみがプランを表示および編集し、プランにアクセスできます。
    "非公開" を選択すると、自分のみがプランを表示、アクセス、および編集できます。Jira 管理者やシステム管理者を含む他のユーザーはプランを表示または検索できません。必要に応じて、プライバシー オプションを変更できます。
  5. [Next] をクリックします。
  6. Choose the issue sources (boards, projects, filters) that you want to use for your plan.
    • Out of the three (3) issue sources, we recommend that you use Scrum boards. This gives you the ability to manage sprints from those boards, plan the capacity of future sprints, and assign issues to sprints — all directly from your Portfolio plan.
    • If you choose a Scrum board as one of the issue sources in your plan, you'll also be asked to choose how you want to estimate your issues. We recommend that you use story points.
    • See What is a Portfolio plan to know more about issue sources.
  7. [Next] をクリックします。
  8. Choose the releases that are relevant to your work, then click Next.
    • By choosing the relevant releases, the issues assigned to these releases will be included in the plan. Any issues that are not assigned to any releases will also be included in the plan.
    • You only need to perform this step if there are existing releases in Jira, that are associated with the selected issue sources. If there are no existing releases, all issues from the issue sources will be included in the plan by default.
  9. You can choose to accept the suggested the teams that you want to include in your plan, or you can do either one of the following:
    • Configure the settings of the teams: agile method (Scrum or Kanban) and weekly capacity
      Note that for plans that have boards as issue sources, Portfolio for Jira will suggest the velocity for the team. The suggested velocity will be based on past performance, i.e. if the team previously completed any sprints in the corresponding boards.
    • Delete a team that you don't need to include in your plan, by clicking more () > Delete.
      You can also add, configure, and delete teams from within a plan. See Managing teams for more details.
  10. [Next] をクリックします。

  11. Confirm the issues that you want to include in your plan by selecting the corresponding checkboxes.
    By default, all the issues are selected. Filter the issues by project, issue source, issue key, or issue summary as needed.
  12. When you've marked all the issues you need, click Done.

新しく作成されたプランや、改善されたインターフェイスが初めて有効化された既存のプランの場合、デフォルトで以下が行われます。

  • プランには、2 つ以上の課題を持つ最高の階層レベルから課題が表示されます。プランの最高のイニシアチブ レベルに 2 つ以上の課題がある場合、イニシアチブから課題が表示されます。
  • プランで、エピックよりも上の任意のレベルに課題が 1 つしかない場合、課題はエピック レベルから表示されます。
  • The target start date, target end date, and status columns will be displayed in the fields section.
  • 課題は、すべての課題で最も早い開始日、元も早いリリース、最も遅い終了日、および最も遅いリリースに基づき、タイムラインの幅に合わせて表示されます。
  • これらの詳細や変更はいつでも変更できます。詳細は、「課題の詳細の表示」を参照してください。

Updating the settings of a plan

You can update any of these settings at any time.

Rename a planHover over the name > enter a new name > click Enter.
Configure issue sources

Before you update the issue sources of a plan, note that changing the issue sources will affect the scope, releases, and teams in your plan. See Issue sources for more details. Any releases that have been created and saved to Jira will be also selected by default.

  1. プランで [設定] () > [設定] > [課題ソース] の順にクリックします。

  2. [ソースを編集] をクリックします。これにより、"プランの作成" ウィザードが表示されます。

  3. 既存のボード、プロジェクト、およびフィルターから課題ソースを選択し、[次へ] をクリックします。

  4. プランに含めるリリースを選択してから、[次へ] をクリックします。

  5. プランの範囲として含める課題を選択し、[完了] をクリックします。


Delete a plan

Click settings () > Delete.

最終更新日 2019 年 9 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.