課題の自動スケジュール

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Before you start auto-scheduling work for your teams, it's important to note that the auto-scheduling functionality technically replaces the previous calculating functionality in live plans (versions 2.0 to 2.27).

このため、以前の機能と現在の機能には次のような違いがあります。

技術的詳細Live plans (versions 2.0 to 2.27)改善されたインターフェイスのプラン
見積りを持たない課題のスケジューリング

見積りを持たない課題がリリースに割り当てられている場合、スケジューラーはこのリリースの日付を既定で使用して、課題のスケジュールを作成します。

ライブ プランで見積りを持たない課題をスケジュールする方法を構成できます。

By default, the scheduler uses target dates to schedule unestimated issues, and the issues will be scheduled to last the duration of their target dates.

For unestimated issues that are assigned to any sprint, release, or team, the values for these will persist regardless of the auto-scheduled settings that you've configured.

スプリント、チーム、およびリリースこれらは明示的にマークされた課題では無視できます。これらは自動スケジュール設定の構成内容に応じて無視できます。
ストーリーごとに割り当てられる最大人数1 つのストーリーに割り当てられるユーザー数を設定できます。1 つのストーリーには 1 人のユーザーのみを割り当てられます。
プランのタイム ゾーンプランでの構成内容に応じて異なります。使用可能なオプションには、プランのタイム ゾーン、システムのタイム ゾーン、協定世界時 (UTC) があります。改善されたインターフェイスでは UTC が常に使用されます。
一番早い開始日、リソースの割り当て、ステージ、およびスキル課題を計算する際には、これらすべてが考慮されます。

これらの詳細は改善されたインターフェイスでは使用できず、課題の自動スケジュール作成の際に影響を及ぼすことはありません。

リソースの参加日、退出日、および利用可否課題を計算する際には、これらすべてが考慮されます。これらの詳細は改善されたインターフェイスでは使用できず、課題の自動スケジュール作成の際に影響を及ぼすことはありません。
プログラムの自動スケジュール各プランの計算がプログラム レベルで集約されます。The program's schedule is derived from the target dates, sprints, and releases of each plan in the program.

改善されたインターフェイスでの自動スケジュール

改善されたインターフェイスでは、以下を選択できます。

  • manually schedule work, by dragging and dropping schedule bars in the timeline
  • automatically schedule work, by letting Portfolio for Jira schedule your work automatically, based on known issue details. The auto-scheduled changes will be displayed in purple stripes as a preview. You can choose whether or not to accept these changes — and if accepted, the changes will then be implemented in your plan.

When auto-scheduling the issues in a plan, Portfolio for Jira considers several factors to come up with the ideal schedule for your teams:

  • チームの作業方法。スプリントのイテレーション (スクラム) か、日常業務の継続的フロー (カンバン) か
  • スクラム チームの場合、プランの課題のスプリント割り当て
  • the sequence of issues, based on start and end release dates
  • the ranking of the issues in the backlog
  • the dependencies between issues in the backlog
  • チームのメンバー数。これによって並行して完了できる作業量が決まります

Sample plan, with issues not yet auto-scheduled

自動スケジュール設定の構成

次の内容を選択して、自動スケジュール設定をさらに詳細に構成できます。

  • which fields (from sprintsreleases, and teams) can be overwritten with auto-scheduled values,
  • and how these fields will be overwritten with the auto-scheduled values, i.e. only empty fields or all fields will be overwritten.

自動スケジュール設定の例

In the example above, when you're auto-scheduling your plan, you're allowing the auto-scheduler to overwrite the values for the sprints and releases of the issues all the time. However, the auto-scheduler can overwrite team values only for issues that have no teams specified for them. Once you've configured your auto-schedule settings, you can then preview the changes being suggested by clicking Preview results.

Note that if an issue is unestimated, and it's currently assigned to a sprint, release, or team, these values will not be overwritten, even if you choose to overwrite all issue values for your auto-schedule settings.

プランの自動スケジュール

  1. プランのタイムライン セクションの上にある [自動スケジュール] をクリックします。

  2. 自動スケジュール設定を必要に応じて構成します。
  3. Click Preview results. This will display a preview of the auto-scheduled changes that Portfolio for Jira is suggesting for your plan.

    Sample plan, with auto-scheduled issues being displayed in a preview

    Note that in the timeline section, the schedule bars of the auto-scheduled items will appear in purple stripes. Similarly, in the fields section, the corresponding issue details will also appear in purple stripes, of a lighter shade.

  4. Review the auto-scheduled changes more closely by hovering on each change, to see the current value saved in Portfolio, and the new value that will be saved in both Portfolio and Jira, if the changes are accepted.

    Comparing current values and new values

    In the example above, three (3) values will be auto-scheduled for the issue — target start daterelease, and sprint. If you accept the changes, the new values will be updated in your plan.
  5. 次の操作のいずれかを実行します。
    • To save the changes in your plan, click Accept changes. Note that these changes are just saved in your plan, and are not yet saved in Jira. See Saving changes in Jira to know more.
    • To discard the changes, click Cancel. The changes will not be saved in the plan, nor saved in Jira.
  • While Portfolio for Jira is auto-scheduling the issues in a plan, you won't be able to review any changes that have already been made.
  • You also cannot review changes when you're previewing the results of auto-scheduling until you either accept or cancel the suggested changes.
  • If you've chosen to overwrite any values for sprints, releases, or teams, these values will be overwritten except for issues that are in a currently active sprint.
  • The number of auto-scheduled changes that you're previewing will depend on the filters that you've set up for your plan. For example, if you've set the hierarchy range from stories to sub-tasks, then any auto-scheduled changes specific to epics will not display.

    This applies to any filters that you've configured, such as filtered releases, teams, projects, statuses, and so on. We recommend clearing all filters when auto-scheduling your plan, to ensure you're seeing all of the auto-scheduled changes.

課題の自動スケジュールの際の注意事項

チームのタイプや、使用している見積り単位に応じて、以下のセクションをご確認ください。

For Scrum teams using story point estimation

  • Portfolio will schedule issues into the corresponding sprints, based on team velocity, sprint length, and the story points of the stories themselves.
  • 次の既定値が設定されますが、必要に応じて変更できます。
    • チームのベロシティ: 30 ストーリー ポイント
    • スプリントの長さ: 2 週間
  • When auto-scheduling work, the team's capacity will be treated in a more precise way. Portfolio will break down the story point estimates, and then assign work to days based on how much free capacity there is in each day.
  • 1 つのスプリントに収まらない課題は、タイムラインの次のスプリントに割り当てられます。
  • You can drill down in the capacity details by clicking the capacity bar of the sprint. See Grouping by teams to for more details. Note that the precise allocation of capacity (as you see in how issues are scheduled in the timeline) will not be reflected in the capacity details.
  • If an estimated epic is scheduled across multiple sprints, the proportion of the epic in each sprint will be aggregated to the relative capacity. For example, you have an epic that's estimated with 30 points, and it equally stretches across 2 sprints. Each sprint would then be allocated with 15 points. This also takes into account projected future sprints.
  • 作業の自動スケジュールを頻繁に実行する場合は、課題をストーリー レベルのみで見積もることと、プランではまとめられた値を表示することをおすすめします。これにより、課題の自動スケジュールの際にスケジューラーが重複する値を考慮することを回避します。

For Scrum teams using time-based estimation

  • Portfolio will still schedule issues into the corresponding sprints, based on the team's weekly capacity, and the estimation of the stories themselves.
  • チームの週あたりのキャパシティは、既定では 200 時間に設定されています。これは必要に応じて変更できます。
  • When auto-scheduling work, the team's capacity will be treated in a more precise way. Portfolio will break down the time-based estimates, and then assign work to days based on how much free capacity there is in each day. For example, if ABC-123 has an estimate of 6 hours, and there's only 2 hours of free capacity for 27th May 2019, then Portfolio will schedule 2 hours on 27th May, and 4 hours on 28th May.
  • 1 つのスプリントに収まらない課題は、タイムラインの次のスプリントに割り当てられます。
  • You can drill down in the capacity details by clicking the capacity bar of the sprint. See Grouping by teams to for more details. Note that the precise allocation of capacity (as you see in how issues are scheduled in the timeline) will not be reflected in the capacity details.
  • 作業の自動スケジュールを頻繁に実行する場合は、課題をストーリー レベルのみで見積もることと、プランではまとめられた値を表示することをおすすめします。これにより、課題の自動スケジュールの際にスケジューラーが重複する値を考慮することを回避します。

For Kanban teams using time-based estimation

  • Portfolio will schedule issues on a per day basis, based on the team's weekly capacity, and the estimation of the stories themselves.
  • チームの週あたりのキャパシティは、既定では 200 時間に設定されています。これは必要に応じて変更できます。
  • When auto-scheduling work, the team's capacity will be treated in a more precise way. Portfolio will break down the time-based estimates, and then assign work to days based on how much free capacity there is in each day. For example, if ABC-123 has an estimate of 6 hours, and there's only 2 hours of free capacity for 27th May 2019, then Portfolio will schedule 2 hours on 27th May, and 4 hours on 28th May.
  • この時点でキャパシティ バーをクリックすると、週単位のイテレーションに対して予約された日数または時間数のみが表示されます。
  • キャパシティの正確な割り当て (タイムラインの課題のスケジュールで表示されるもの) は、キャパシティ詳細には反映されません。
  • 作業が週末にスケジュールされているように見えても、課題が自動スケジュールされている場合、実際には週末は作業時間として計上されていません。これは、課題の作業が週をまたいでおり、次週に完了するということを示しています。
  • 作業の自動スケジュールを頻繁に実行する場合は、課題をストーリー レベルのみで見積もることと、プランではまとめられた値を表示することをおすすめします。これにより、課題の自動スケジュールの際にスケジューラーが重複する値を考慮することを回避します。
最終更新日 2019 年 7 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.