課題の担当者をチーム メンバーにマッピングする

This page discusses the usage of Portfolio for Jira live plans. If you're using the redesigned planning interface, see this page instead.

You can define the hierarchy level up to which Portfolio for Jira will try to match the assignee of an issue to the corresponding member of the team. Specify the level at which the issue assignees in Jira are indeed the people who will actually work on the issues.

For example, you may have the Product Manager assigned to an epic, and individual developers assigned to the stories within that epic. In reality, the Product Manager won't really be the person working on the stories, since it will be the developers themselves. You can then set the issue assignee import level to story , in this case. Portfolio for Jira will then take the story assignees into account, but not the epic assignees.


Jira の課題担当者をプランのチーム メンバー列に表示するには、次の条件を満たしている必要があります。

  • プランの課題にメンバーが設定されていないこと。
  • Jira で課題に担当者が設定されていること。
  • 担当者がプランのチームの一部であること。
  • チームの割り当てを手動で行った場合、担当者がそのチームに所属していることを確認します。
  • The issue assignee import level must be set to a hierarchy level. See Configuring initiatives and other hierarchy levels.
  • Jira から取得した担当者を確認するには、プランを計算する必要があります。

    担当者を表示するには、プランの計算前に、課題に見積もりまたはスプリントが手動で割り当てられている必要があります。

    見積もりされていない項目がプラン内でどのようにスケジュールされているかに応じて、計算が動作し、担当者を割り当てるために次の詳細情報が必要となります。
    • 既定の見積に基づく: すべての階層レベルに対し、既定の見積もりとして値が設定済みである必要があります。
    • ターゲット日に基づく: 課題には、見積もりか、手動で関連付けられたスプリントが必要です。
    • カスタム: 課題には、見積もりか、手動で関連付けられたスプリントが必要です。
    • オフ: 課題には見積もりが必要です。


課題の担当者のインポート レベルを定義する方法

  1. プランで、プラン名の横に表示される [その他] () > [設定] > [スケジュール] をクリックします。
  2. [スケジュール オプション] セクションで、[課題の担当者のインポート レベル] メニューへ移動し、[レベル] を選択します。


担当者をチーム メンバーとして設定する方法

プランで課題の担当者を手動で設定し、変更を確定したら、この担当者の変更を適用して Jira 課題を更新できます。

  1. プランで、プラン名の横に表示される [その他] () > [設定] > [変更のコミット] に移動します。
  2. プランの課題の担当者を Jira にコミットするには、[オン] をクリックします。

(info) [Off] を選択した場合、プランで課題の担当者を変更して変更をコミットしても、それが Jira の担当者に影響することはありません。

最終更新日 2020 年 4 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.