Understanding sprints

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

本ページの内容はスクラム チーム にのみ適用されます。

Scrum teams work in sprints (or iterations), and these teams release incremental features of their product at the end of each sprint. If you're planning work for Scrum teams, we recommend that you use the corresponding boards as the issue sources in your plan, and not projects.

Using Scrum boards as issue sources lets you manage the sprints that come from those boards, plan the capacity of future sprints, and assign issues to sprints—all directly from your Portfolio plan. More importantly, if you use the project as an issue source, Portfolio cannot readily associate the sprints of that board with the project. The sprints will then appear as external sprints in your plan.

このページの内容

What is a sprint?

スプリントとは、スクラム チームが課題に取り組む固定された期間のことで、チームはこの期間で課題を完了することにコミットします。チームの仕組みに応じて課題をストーリーやバグ修正に特化させることができます。スクラム チームでは通常、スプリントの終了時に、完了したすべての課題をまとめてバンドル化し、ソフトウェア製品のバージョンとしてリリースします。

In both Jira and Portfolio for Jira, a sprint is a 2-week period by default, which is essentially 10 working days. You can adjust the number of days in a sprint as needed.

スプリントを表示する

プランで各チームのスプリントを表示できるように、すでに課題をチーム別にグループ分けしていることを確認してください。課題がチーム別にスイムレーンにグループ分けされ、各スプリントのキャパシティの詳細が表示されます。

  1. 課題はチーム スイムレーンにグループ分けされます。チームを展開すると、そのチームに割り当てられた課題が表示されます。
  2. Clicking the capacity bar of a sprint will display the capacity details for each sprint.
  3. まとめられた値を表示するようにプランを設定している場合は、子課題から対応する親課題までのスプリント値がまとめられます

    課題が複数のスプリントに割り当てられ、これらのスプリントの 1 つがすでに完了している場合、完了したスプリントは灰色の文字で表示されます。複数のスプリントがすでに完了している場合は、いちばん最近に完了したスプリントの名前が表示されます。

スプリントの種類

Portfolio for Jira takes into account several types of sprints when you're planning work for teams.

過去のスプリント

If a team has not defined any sprints in the past, but it already has a currently active sprint and some sprints following that, Portfolio will display these past sprints in the timeline. Portfolio for Jira can infer the dates of these past sprints, based on the sprint duration and velocity set for the team, and can thereby display these past sprints.

プランのタイムラインでの過去のスプリントの例

過去のスプリントは存在しないので、キャパシティの詳細は表示されません。

完了したスプリント

Any sprints that have been completed in Jira will be displayed as completed sprints in the timeline of a Portfolio for Jira plan. You can choose to view the sprint report in Jira, as well as filter the issues by the sprint in your plan.


プランのタイムラインでの完了したスプリントの例

スプリントの詳細には、次の内容が含まれます。

  • sprint name

  • sprint start and end dates

  • 完了したスプリントのバッジ 

  • sprint goal (if added in Jira)

既定では、完了した課題は完了の 30 日後にプランに表示されなくなります。この設定は変更できますが、変更すると、完了したスプリントのキャパシティの詳細では、プランからなくなった完了済みスプリントに割り当てられた完了済みの課題が考慮されなくなります。

アクティブ スプリント

Any sprint that is currently in progress in Jira will be displayed as an sprint in the timeline of a Portfolio for Jira plan.

When auto-scheduling work in a plan, Portfolio for Jira is able to auto-schedule issues into these active sprints based on the sprint duration and velocity set for the team. Any issues that go beyond the velocity of active sprints will be allocated into future sprints or projected sprints.

You can choose to view the sprint in Jira, as well as filter the issues by the sprint in your plan.


プランのタイムラインでのアクティブ スプリントの例

スプリントの詳細には、次の内容が含まれます。

  • sprint name

  • sprint start and end dates

  • アクティブ スプリントのバッジ

  • sprint goal (if added in Jira)

  • 完了した課題のパーセンテージ

  • 見積もられたストーリー ポイントでのスプリントの進捗のパーセンテージ (30 ストーリー ポイントに設定された既定のベロシティの場合)

  • number of unestimated issues in the sprint

  • number of unassigned issues in the sprint

将来のスプリント

Any sprint that already exists in Jira and is scheduled after a currently active sprint, will be displayed as a future sprint in the timeline.

Even though a sprint can only be given its dates when it becomes active, Portfolio for Jira is able to infer the dates of future sprints based on the sprint duration and velocity set for the team. This is why future sprints can be displayed in the timeline.

Based on the sprint duration and velocity set for the team, Portfolio for Jira is able to auto-schedule work into these future sprints as needed. Any issues that go beyond the velocity of active sprints will be allocated into these future sprints.

You can choose to view the sprint in Jira, as well as filter the issues by the sprint in your plan.


プランのタイムラインでの将来のスプリントの例

スプリントの詳細には、次の内容が含まれます。

  • sprint name

  • sprint start and end dates

  • 将来のスプリントのバッジ 

  • sprint goal (if added in Jira)

  • 見積もられたストーリー ポイントでのスプリントの進捗のパーセンテージ (30 ストーリー ポイントに設定された既定のベロシティの場合)

  • number of unestimated issues in the sprint

  • number of unassigned issues in the sprint

提案されるスプリント

Since Portfolio for Jira is able to infer the dates of sprints that can happen in the future, any sprints that are projected to happen after future existing sprints will also be displayed in the timeline.

Because these sprints do not exist in Jira, they will be displayed as projected sprints. Note, the name of the sprint will be "Projected sprint" because the sprint does not exist in the first place.

Based on the sprint duration and velocity set for the team, Portfolio for Jira is able to auto-schedule work into these projected sprints as needed. Any issues that go beyond the velocity of existing future sprints will be allocated into these projected sprints.

プランで課題をスプリントでフィルタリングすることを選択できます。


プランのタイムラインでの提案されるスプリントの例

スプリントの詳細には、次の内容が含まれます。

  • sprint name

  • sprint start and end dates

  • 提案されるスプリントのバッジ

  • 見積りの単位でのスプリントの進捗のパーセンテージ

  • 見積りを持たない課題の数

  • 未割り当ての課題の数

外部スプリント

プランでプロジェクトやフィルターを課題ソースとして使用している場合、スプリント データは対応する課題に対して引き続き表示されます。ただし、スプリントの横には外部スプリントであることを示す  バッジが表示されます。

スプリントはボードの課題ソースにのみ直接関連付けることができるため、このバッジは、スプリントがプロジェクトとフィルターの課題ソースに直接関連付けられていることを示します。

外部スプリントに割り当てられた課題

外部スプリントの取り扱いの詳細については、「スプリントに従った課題のスケジュール」をご覧ください。

スプリントにおける見積りとベロシティ

There are several ways to estimate the issues you're working on. Depending on how your team works, you can estimate issues using story points or time-based estimates (days or hours).

主な目標は、各スプリントでチームが完了できる作業の量をより正確に予測することです。これはチームのベロシティを把握することに相当します。

ベロシティは、チームがスプリントごとに平均して完了する "見積単位" の数を測定します。作業量の見積もりに基づいて生産率を効果的に予測する、"時間" 以外で最良の尺度です。

時間ベースの見積りではなくストーリー ポイントを使用することをおすすめします。ストーリー完了の見積りが 16 時間だった場合に、見積りが 100% 正確である保証はありません。一方、ストーリー ポイントは、課題の規模の見積りに焦点を当てています。些細なバグ修正であれば、1 または 2 ストーリー ポイントの見積りとなる可能性があります。事前の調査が必要となる、より大規模な機能では、8 または 10 ストーリー ポイントの見積りとなる可能性があります。詳細については、「ストーリー ポイントの見積り」をご覧ください。

Scheduling issues according to sprints

これはスクラム ボードがソースである課題で、課題がスクラム チームに割り当てられている場合にのみ適用されることに注意してください。

Scrum teams work in sprints (or iterations), and they release incremental features of their product at the end of each sprint. When a team and a sprint are set for an issue, you can configure a plan to use sprint dates for issues that don't have any dates set yet.

Sample plan with target dates of issues aligning with sprint dates

  • 課題にスプリントの日付が表示されている場合でも、必要に応じて日付を変更できます。日付がスプリントの日付と一致しない場合、この操作を実行しても課題のスプリント割り当ては変更されません。
  • Sprint dates will also be used when monitoring the status of releases and keeping track of issue dependencies.

詳細については、「課題のスケジューリング」をご覧ください。

Last modified on Mar 25, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.