スケジューリングとタイムライン

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This page discusses the usage of Portfolio for Jira live plans (any version from 2.0 to 2.27). If you're using the redesigned planning interface, see this page instead.

The schedule is one of core capabilities of Portfolio for Jira. The scheduling algorithm will automatically assign teams to issues, take dependencies and priorities into account, and generate a realistic forecast.

タイムライン ビューには予測されたリリース日が表示され、プロジェクト、チーム、およびチーム メンバーごとに詳細を確認できます。

  1. 課題の階層で作業をフィルタリングします
  2. See the forecasted schedule of work items: Use the visual timeframes at the top of the timeline to see when work items start and end
  3. Filter work by project, release, team, issue key, and issue summary
  4. Filter work by status category (To do, In progress, Done)specific status (Draft, In review, Validated), completion date, scheduled range, and theme
  5. Navigate to the scope view, teams view, and releases view: The view will display below the timeline of your plan
  6. Calculate the schedule of your plan: The calculation will be based on any changes made to work items in Portfolio for Jira or Jira
  7. 作業の予測スケジュール、プランでのチームの潜在的な作業キャパシティ、またはプランの作業項目のターゲット スケジュールに基づいて、プランのタイムラインを表示します
  8. プランの読み取り専用レポートを生成します
  9. スケジュール ビューを設定します
最終更新日: 2020 年 2 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.