テーマ レポート

This page discusses the usage of Portfolio for Jira live plans (any version from 2.0 to 2.27). If you're using the redesigned planning interface, see this page instead.

テーマは、優先度の設定や、チームが大半の時間を過ごす場所を定義するのに使用される、戦略的に焦点を当てるべき概要的な領域、価値ストリーム、または投資カテゴリです。 

  • テーマはバックログ要素をラベル付けおよびタグ付けするために使用されるコンセプトであり、時系列的な要素は持ちません。
  • テーマはリソースの相対的な割り当てに焦点を当てており、ユーザーは消費リソースをテーマ間で比較できます。
  • 1 つのストーリーは 1 つのテーマにのみ割り当てることができます。したがって、1 つのエピックの複数のストーリーが複数のテーマに割り当てられている場合、そのエピックは暗黙的に複数のテーマに割り当てられていることになります。

テーマを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Go to your plan via Portfolio (in header) > View Portfolio > click your plan.

  2. Click the Reports tab to display the reports section for your plan.
  3. [レポートの切り替え] メニューをクリックして [テーマ] を選択します。
  4. [+ テーマを追加] をクリックし、名前と色を追加します。



    テーマ同士をひと目で区別できます。
    ターゲット

    各テーマに定義するターゲット値であり、見積もりと実際の値を比較するために使用されます。

    ターゲット割り当てのパーセント値の合計は常に 100 % になります。パーセント値を合計して 100% にする最も簡単な方法は、1 (1) 以上のエントリを空白のままにすることです。その空白エントリのパーセント値は、100 とその他の定義されたターゲット値の差に基づいて、自動的に計算されます。

    見積もり

    時間ベースの見積もりでは、これはテーマ別にラベル付けされたバックログにある課題のすべての見積もりの合計です。この割合は、すべてのバックログ課題の見積もりに対して計算されます。

    ストーリー ポイントの見積もりでは、これはテーマ別にラベル付けされた未解決の課題のすべての見積もりの合計です。この割合は、すべての未解決の課題の見積もりに対して計算されます。

    Actual

    時間ベースの見積もりでは、バックログ内の課題が Jira の課題にリンクしている場合のみ、そして課題に記録された作業がある場合にのみ利用できます。次に、課題の作業ログに基づいて計算が行われます。

    ストーリー ポイントの見積もりでは、これはテーマ別にラベル付けされた解決済みの課題のすべての見積りの合計です。この割合は、すべての解決済みの課題の見積もりに対して計算されます。

    ターゲットを設定したら、スコープの課題にテーマを割り当てる必要があります。

(info) To delete a theme, hover over the right side of the theme row, and click  > Delete.

アイテムをテーマ別に分類する方法

  1. [範囲] ビューに移動し、[Themes] 列を選択して、それぞれの課題にテーマを割り当てます。
    • 子要素を持つエピックまたはイニシアチブにテーマを割り当てると、そのテーマはすべての子アイテムに暗黙的に割り当てられます。
    • エピックまたはイニシアチブの子アイテムに別のテーマが割り当てられている場合、親アイテムには、異なるすべての割り当て済みのテーマが色付きのインジケーターでのみ表示されます。
  2. [計算] をクリックしてレポートの変更を反映します。
  3. テーマを課題に割り当てたら、[レポート] > [レポート テーマの切り替え] に戻ります。

関連トピック

最終更新日 2019 年 6 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.