3. Creating plans

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. 1. Installing Portfolio for Jira
  2. 2. Preparing your planning environment
  3. 3. Creating plans
  4. 4. Managing your teams
  5. 5. Managing your releases
  6. 6. Working with your plans
  7. 7. Customizing your plans
  8. 8. Sharing your plans

はじめる前に

Depending on how your organization is structured, the content on this page is meant for Portfolio for Jira administrators or plan owners.

To help you set your teams up for success, we've prepared this getting started guide that discusses how to set up Portfolio for Jira with your existing Jira instance.

The guide discusses the typical end-to-end path that users and administrators may find themselves taking part in when using Portfolio for Jira. You'll also find high-level content on concepts, as well as some recommendations and optional steps you can consider, as you flesh out your plan.

プランの作成

このページのコンテンツは、次のタスクを既に実行済みであることを想定して作成されています。

  • プランで使用する課題ソースを特定していること。
  • プランをチームの作業にマッピングするため、課題タイプと階層レベルを作成していること。
  • チームの作業を計画する際に必要な依存関係を定義していること。
  • Ensured that important issue details are surfacing across your plans and Jira.

See 2. Preparing your planning environment if you haven't completed any of these tasks.

プランのタイプ

Portfolio for Jira has two types of plans that you can use:

  • Plans with the improved planning interface
  • Live plans (version 2.0 to 2.27)

改善されたプラン インターフェイスを使用したプラン

改善されたインターフェイスでは、課題をプランのタイムライン内でドラッグ アンド ドロップすることで、課題のスケジュールを手動で設定できます。これは、上位レベルのプランの初期段階では便利な方法です。

時間の経過とともに作業が明確になり、課題の見積もりが完了してそれらを関連するスプリントやリリースに割り当てたら、改善されたインターフェイスの自動スケジュール機能を使用することを選択できます。次に、これらの変更を受け入れるかどうかを選択できます。これは、スケジュールの変更が自動的にプランに実装されるライブ プランとは大きく異なります。

この計画方法が要件に合う場合は、改善されたインターフェイスを使用することをおおすすめします。改善されたインターフェイスを使用したプランの例

Live plans (version 2.0 to 2.27)

In live plans, work is scheduled using the automatic scheduling feature of the plan. In this type of plan, you cannot manually drag and drop issues in the timeline to schedule them. Portfolio for Jira will automatically create a schedule of all the work in a plan, based on several scheduling factors. Portfolio for Jira will also automatically assign teams to issues, as well as take dependencies and priorities into account.

この計画方法が要件に合う場合は、ライブ プランを使用することをおすすめします。

Note that live plans aren't the default type of plan being used in Portfolio for Jira. If you prefer the automatic scheduling feature of live plans, you'll need to disable the improved interface of each plan first.

ライブ プランの例

プランの作成

There are loading limits to take note of when using plans in Portfolio for Jira. Loading limits restrict the number of issues that can be loaded into a plan, thereby preventing the schedule of a plan from becoming too large for Portfolio for Jira to process.

If a plan becomes too large, this can cause your Jira instance to time out. To prevent this, you can consider creating multiple plans and spreading the work across these plans, or you can remove certain issues from the issue sources that you've connected to the plan.

プランでは、次の読み込み制限に注意してください。

  • 課題の絶対的な制限: プランに読み込むことができる課題の数 (5000)。
  • 階層での課題制限: プランの各階層に表示できる課題の数 (2000)。この制限は、プランを作成する際にのみ適用されます。任意の階層レベルで課題の合計数が 2000 を超えている場合、プランを作成できなくなります。
  • プロジェクト制限: プランに読み込むことができるプロジェクトの数 (100)。この制限は、プランを作成する際にのみ適用されます。プラン内のプロジェクトの合計数が 100 を超えている場合、プランを作成できなくなります。
  • チーム制限: 共有チーム設定経由でアクセスできるチームの数。プランが直接表示できるチーム数の上限は 50 です。50 より多くのチームがある場合、一部のチームは、共有チーム設定ページには直接表示されません。表示されていないチームを見つけるには、検索ボックスでチーム名を入力します。

The following sections outline the steps on how to create plans. If you prefer seeing the steps in action, check out this video instead.

改善されたインターフェイスでプランを作成する

  1. In Jira, go to Portfolio (in header) > Create. The 'Create' page will be displayed.
  2. Select Plan Create.
  3. プランに名前を付けます。
  4. プライバシー ドロップダウンからいずれかのプライバシー オプションを選択します。
    • 制限なし - すべてのユーザーがプランを表示し、プランにアクセスできます。
    • 非公開 – プランの作成者のみがプランを表示および編集し、プランにアクセスできます。
    "非公開" を選択すると、自分のみがプランを表示、アクセス、および編集できます。Jira 管理者やシステム管理者を含む他のユーザーはプランを表示または検索できません。必要に応じて、プライバシー オプションを変更できます。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. プランで使用したい課題ソース (ボード、プロジェクト、フィルター) を選択します。
    • 3 つの課題リソースのうち、スクラム ボードを使用することをおすすめします。これにより、プランから直接、ボードからのスプリントを管理し、将来のスプリントのキャパシティを計画し、課題をスプリントに割り当てることができます。
    • プランの課題ソースの 1 つとしてスクラム ボードを選択した場合、課題の見積もり選択方法を選択することを求められます。ストーリー ポイントを使用することをおすすめします。
    • 課題ソースの詳細については、「プランとは」を参照してください。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. 作業に関連するリリースを選択してから、[次へ] をクリックします。
    リリースは、選択した課題ソースに関連付けられた既存のリリースが Jira 内にある場合にのみ選択する必要があります。関連リリースを選択することで、これらのリリースに割り当てられた課題がプランに表示されるようになります。
  9. プランに含めたいチーム候補を承認するか、次のいずれかを実行できます。
    • Configure the settings of the teams: agile method (Scrum or Kanban) and weekly capacity
      Note that for plans that have boards as issue sources, Portfolio for Jira will suggest the velocity for the team. The suggested velocity will be based on past performance, i.e. if the team previously completed any sprints in the corresponding boards.
    • Delete a team that you don't need to include in your plan, by clicking more () > Delete.
  10. [次へ] をクリックします。

  11. 対応するチェックボックスを選択して、プランに含めたい課題を確認します。
    既定では、すべての課題が選択されます。必要に応じて、プロジェクト、課題ソース、課題キー、または課題の要約で課題を絞り込みます。
  12. 必要なすべての課題をマークしたら、[完了] をクリックします。

新しく作成されたプランや、改善されたインターフェイスが初めて有効化された既存のプランの場合、デフォルトで以下が行われます。

  • プランには、2 つ以上の課題を持つ最高の階層レベルから課題が表示されます。プランの最高のイニシアチブ レベルに 2 つ以上の課題がある場合、イニシアチブから課題が表示されます。
  • プランで、エピックよりも上の任意のレベルに課題が 1 つしかない場合、課題はエピック レベルから表示されます。
  • 課題は、すべての課題で最も早い開始日、元も早いリリース、最も遅い終了日、および最も遅いリリースに基づき、タイムラインの幅に合わせて表示されます。
  • The target start date, target end date, and status columns will be displayed in the fields section.

これらの詳細や変更はいつでも変更できます。詳細は、「課題の詳細の表示」を参照してください。

ライブ プランの作成

If you're using Portfolio for Jira 3.0 or later, the following steps apply to you. If you're using any version from 2.0 to 2.27, see Creating and deleting plans instead.

Starting with Portfolio for Jira  3.0, newly created plans come with the improved interface by default. If you prefer to use live plans, you'll need to:

  1. Follow the steps in the above procedure, Creating a plan with the improved interface.
  2. Once your plan is created, you'll need to disable the interface by following the steps below:
    1. In your plan, click settings ( ) > Configure > Planning interface.
    2. Click Disable improved interface.

(info) Note that you'll need to disable the interface for each plan that has it, so you can go back to the previous planning layout.

Creating a program

A program is a high-level view that helps you track status and progress across multiple plans. Programs let you see how deliverables and releases align across work streams, and aggregate scope data into high-level scope tables and schedule views.

Programs and plans are different in the sense that they display information at different levels of granularity. Read about the distinction between programs and plans to know if using programs would be beneficial for you.

To create a program:

  1. In Jira, go to Portfolio (in header) > Create. The 'Create' page will be displayed.
  2. Select Plan Create.
  3. Give your program a name, and choose one of the privacy options:
    • No restrictions (default option) – every user will be able to access the program
    • Private – only the creator of the program has view and edit permissions
    Note that if you select private, only you will be able to see or access the program. The program will not be viewable by any other users, including Jiraadministrators and system administrators. If necessary, you can change the privacy option at any time.
  4. Select the plans you want to include in your program.
    If there are no available plans just yet, you can add them to the program you're creating later on.
  5. [作成] をクリックします。
  • For a program to display information, it must have at least one plan added to it.
  • A plan can only exist in one program at a time, which means Plan A can only be added to Program 1. If you want to add Plan A to Program 2, you'll need to remove it from Program 1 first.
  • See the documentation on programs to learn more.


Last modified on Mar 25, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.