リリースの遅延を使用する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This page discusses the usage of Portfolio for Jira live plans (any version from 2.0 to 2.27). If you're using the redesigned planning interface, see this page instead.

All projects have what is called a later release. When calculating a plan, Portfolio for Jira does the following:

  1. Portfolio searches for issues that do not have any release assigned to them.
  2. If such issues are found, Portfolio checks if these issues can be scheduled, i.e. the issues have already been estimated.

For issues that can be scheduled, Portfolio then calculates the issues into an available release. If there are no available releases (e.g. all releases are already filled up), then Portfolio will schedule the issues to a later release.

この Later リリースには、そのリリースにスケジュールされた項目に応じて、動的な終了日が設定されます。Later リリースは必ず、最後に定義されたリリースの終了後に開始されます。

例:

  • 固定終了日のリリースのスケジュールが完全に埋められてしまい、一部のエピックまたはストーリーをスケジュールできなかった。これは Later リリースに割り当てられます。
  • 動的な終了日を持つリリース (リリース "2.0") が定義されているが、このリリースに割り当てられているバックログ項目はない。この場合、これらの項目は固定の割り当てがある場合を除き、"2.0" の範囲には含まれないと見なされます。結果として、リリースが "Calculate" に設定されていたバックログ項目は Later リリースに割り当てられます。
  • リリースがまったく定義されていない。この場合、すべてが Later リリースにスケジュールされ、プロジェクトの完了日は Later リリースの終了日と同じになります。
最終更新日 2020 年 1 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.