プラン環境をセットアップする

はじめる前に

Depending on how your organization is structured, the content on this page is meant for Portfolio for Jiraadministrators or plan owners, and the project administrators of the Jira projects you want to include in your plans.

To help you set your teams up for success, we've prepared this getting started guide that discusses how to set up Portfolio for Jira with your existing Jira instance.

The guide discusses the typical end-to-end path that users and administrators may find themselves taking part in when using Portfolio for Jira. You'll also find high-level content on concepts, as well as some recommendations and optional steps you can consider, as you flesh out your plan.

プラン環境を準備する

Now that Portfolio for Jira is running on your Jira instance, you can start thinking about how best to set up your plans. You need to do this to ensure that you're efficiently planning work for your teams.

Here are some concepts that will come in handy, when preparing your planning environment:

課題ソースを使用する

A plan provides an aggregated view of all the issues that your teams are handling in Jira. With your plan consuming Jira issues, you can then proceed to create a schedule for your teams to work with.

For plans to capture the latest data from Jira, you'll need to organize your work in Jira, into what we call issue sources:

  • Boards: A board displays issues from one or more projects, giving you a flexible way of viewing, managing, and reporting on work in progress. There are two types of boards in Jira:
    • スクラム ボード — スプリントで作業を計画するチームのためのものです。
    • カンバン ボード — 進行中の作業を管理したり強制したりすることに重点をおいて取り組むチームのためのものです。
  • Projects: A project in Jira is a collection of issues that is defined according to your organization's requirements. For example, it can be a software development project, a marketing campaign, or a website enhancement request system.
  • フィルター: ボードのフィルターは、ボード上に含める課題を指定する Jira 課題フィルター(JQL クエリ) です。たとえば、ボードには複数のプロジェクトの課題、または 1 件のプロジェクトの課題、またはプロジェクトの特定のコンポーネントの課題を含めることができます。

    Note that only the administrator of a board or a user with the Portfolio for Jira administrator global permission can configure a board's filter.

3 つの課題リソースのうち、スクラム ボードを使用することをおすすめします。これにより、プランから直接、ボードからのスプリントを管理し、将来のスプリントのキャパシティを計画し、課題をスプリントに割り当てることができます。

課題タイプと階層レベルの作成

By default, the issue types that are available in a newly created plan will be the issue types that have been defined for the Jira projects included in the plan. Over time, you can create more issue types in those Jira projects, and these new issue types will also be available for use in your plan.

プランには、次のデフォルトの階層レベルがセットアップされています。

  • エピック: エピック課題タイプにマッピングします。
  • Story, which maps to all other standard issue types. With the default Jira issue types, this means that stories, bugs, and tasks map to the story hierarchy level.
  • Sub-task, which maps to all sub-task issue types — essentially sub-tasks of the default Jira issue types.

複数のプロジェクトやチームを横断して作業を計画する場合、エピック階層レベルよりも上位のレベルの作成が必要となる場合があります。業界で主に使用される一般的な例はイニシアチブ階層レベルです。

プランでイニシアチブ階層レベルを取得する方法

  1. In Jira, create the initiative issue type, if it's not created yet.
    To complete this step, you must be logged in as a user with the Jira administrators global permission. 


    Creating the initiative issue type in Jira

  2. When the initiative issue type is already created, add the issue type to one of the projects that you're including in your plan. 
    To complete this step, you must be logged in as a user with the Jira administrators global permission.


    Adding the initiative issue type to a Jira  project
    (info) Alternatively, you can consider creating a dedicated Jira project, and then create all the initiatives you need in that project. You can then link the epics across all your projects to the initiatives in that dedicated project for initiatives.

  3. In Portfolio for Jira administration, add the initiative hierarchy level in Portfolio. Make sure to map the initiative issue type to the hierarchy level.
     Adding the initiative hierarchy level, and mapping the initiative issue type to the hierarchy level


See Creating an issue type (Administering Jira Server applications) and Configuring hierarchy levels to learn more.

依存関係を定義する

You can configure your plans to use the issue links that are set up in Jira, so that you can define scheduling dependencies. When adding issue links, you need to define the relationship between the issues to suit how your team works.

課題の依存関係に加えた変更は、既存のすべてのプランに適用されます。

プランでの依存関係の定義方法については、「課題の依存関係を構成する」を確認してください。

日付フィールドをプランに移行する

改善されたインターフェイスをプランで有効化したあとに、スケジュールされている課題がタイムライン セクションにすぐに表示されない場合があります。これは、いくつかの要因が原因の可能性があります。

#1 The issues may have been calculated using the scheduler in Portfolio for Jira

この場合、課題には引き続きスケジュールされた日付がありますが、ターゲット日はありません。ターゲット日は改善されたインターフェイスで既定で使用されているため、タイムライン セクションでは課題が日付を含まないように見えます。

ただし、スケジュールされた日付を改善されたインターフェイスにコピーすることもできます。これを行うには、次の手順を実行する必要があります。

  1. プランのインターフェイスを無効化します。プランの設定ページから、[プランニング インターフェイス] > [改善されたインターフェイスを無効にする。] をクリックします。
  2. 以前のプラン レイアウトの [範囲] セクションで、左上にある上端のチェックボックスを選択し、プラン内のすべての課題を選択します。
  3. "ターゲットの設定" から、[計算したターゲット日を設定する] を選択します。
  4. プランで改善されたインターフェイスを無効化します。プランの設定ページから、[プランニング インターフェイス] > [改善されたインターフェイスを有効にする。] をクリックします。

#2 課題が計算されていないか、改善されたインターフェイスが有効化される前にスケジュール設定された可能性があります

この場合、プランでの課題のスケジュール設定を開始するには、「作業のスケジュール」を参照してください。

#3 課題はスケジュールされている可能性があるが、"親のない課題" セクションで非表示になっています

この場合、このセクションを展開してスケジュールされた課題を表示する必要があります。

Surfacing important details across Portfolio for Jira and Jira

Some Jira issue details are not displayed in plans by default. Likewise, there are also issue details from plans that are not readily displayed in Jira. Make sure to do the following, so that all the important issue details are readily available across both.

Making the teams field appear in Jira issues

The teams field is actually a custom field in Jira. To make this field appear in Jira issues, you'll first need to add this custom field to the screen that's being used in the corresponding Jira project.
  1. In Jira, click  or  > Issues.
  2. [カスタム フィールド] を選択します。
  3. フィールドの一覧で [チーム] フィールドを探します
  4. [チーム] フィールドの > [画面] をクリックします。
  5. チーム フィールドを追加したい画面を選択します。
  6. [更新] をクリックします。
Each time a team is assigned to an issue in your plan, and you save this change toJira, the team field will appear in the corresponding Jira issue.

Making fix versions appear in Jira issues

What are known as releases in Portfolio for Jira are known and treated as fix versions in Jira.

If the fix version field is hidden in your Jira issues, then the releases you set in your plan will not display in the corresponding Jira issues.

To display the fix version field in Jira:

  1. In Jira, click  or  > Issues.
  2. Click Field Configurations to view the field configurations in Jira.
  3. 対象のフィールド設定を見つけ、[設定] リンクをクリックします。
  4. [修正対象バージョン] フィールドを見つけます。
  5. [操作] 列で、[表示] をクリックします。
Each time a release is set for an issue in your plan, and you save this change to Jira, the release will appear as the fix version for the corresponding Jira issue.

Enabling the planning interface

As long as you're running Portfolio for Jira (version 3.0 and later), any newly created plans will have the interface enabled by default. However, for plans that have already existed before upgrading to version 3.0 or later, you'll need to enable the interface in your individual plans. Your plan will not get the interface until this is enabled in the plan itself.

Other things to note:

  • We recommend that you use the latest version of Portfolio for Jira so you get the latest and greatest features.
  • We highly recommend you use Chrome or Firefox as your browser.
  • By default, target start and target end dates are used when scheduling and auto-scheduling issues in a plan. You can choose to use due dates and other custom dates (date picker type) to schedule issues.
To enable the improved interface:

  1. In your plan, click more () > Try the improved interface. The planning interface page will be displayed.
  2. Click Enable improved interface to switch on the new interface for your plan.
  • 新しく作成されたプランや、改善されたインターフェイスが初めて有効化された既存のプランの場合、デフォルトで以下が行われます。
    • プランには、2 つ以上の課題を持つ最高の階層レベルから課題が表示されます。プランの最高のイニシアチブ レベルに 2 つ以上の課題がある場合、イニシアチブから課題が表示されます。
    • プランで、エピックよりも上の任意のレベルに課題が 1 つしかない場合、課題はエピック レベルから表示されます。
    • 課題は、すべての課題で最も早い開始日、元も早いリリース、最も遅い終了日、および最も遅いリリースに基づき、タイムラインの幅に合わせて表示されます。
    • The target start date, target end date, and status columns will be displayed in the fields section.

    これらの詳細や変更はいつでも変更できます。詳細は、「課題の詳細の表示」を参照してください。

  • To stop using the new interface in a plan, from the plan configuration page, click Planning interface > Disable improved interface.

Last modified on Mar 25, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.