Rolling values up to parent issues

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

For parent issues, you can choose to display a preview of the rolled-up values of the child issues in several fields in a plan. The rolled-up values will appear with a roll-up arrow icon beside them. Note that the rolled-up values are just a preview, and you can still change these values if needed.

You can roll up the following values: estimatesteamssprints, and releases.

Sample plan with team values being rolled up, from child issues to parent issues

プランでの集計値を有効化する方法

  1. プランで、[設定を表示] ドロップダウンをクリックします。

  2. [ロールアップされた値をフィールドに表示する] チェックボックスを選択します。

プランでの見積りの集計

課題の見積りが、子課題から親課題に集計される場合は、以下の点に注意してください。

  • Rolled-up estimate values are rounded up to only one decimal place for story points, and two decimal places for hours and days.
  • The rolled-up value of a parent issue will display 0 if work has been logged for its estimated child issues, and there's 0 time remaining for the child issues.
  • 子課題が見積もられていない場合、見積もりフィールドは空白のままとなります。見積値がないため、親課題の集計見積もりには影響しません。
Last modified on Mar 25, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.