スコープ レポート

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


This page discusses the usage of Portfolio for Jira live plans (any version from 2.0 to 2.27). If you're using the redesigned planning interface, see this page instead.

The scope report shows the global to-do list for the upcoming releases.  It is usually composed of three key hierarchical levels by default:

  • Epics - Once the higher level priorities are settled it's necessary to break them down into large pieces of work, which consist of multiple stories.
  • Stories - User stories capture functionality requirements.
  • Sub-task - Work components that make up stories.


The new hierarchy model allows you to create and customize unlimited hierarchical levels. 

次の簡単な手順で範囲ビューを構成できます。

  1. プラン > [レポート] > [レポートの切り替え] > [Scope] の順に移動します。
  2. 範囲ビューの列で表示したい要素を選択します。
    選択した要素をメインの範囲ビューで表示できるようになります。
  3. 範囲ビューの右側にあるドロップダウン メニューを使用すると、表示する階層レベルを変更できます。

    フィルター説明
    タイトルIssue title
    リリース課題が割り当てられているリリース。
    Estimates (h)Time estimate of the issue.
    チームチーム名
    membersチーム メンバー
    スプリント課題に割り当てられているチーム メンバー。
    エピックEpic title
    テーマそれぞれの課題に割り当てられたテーマを表示します。
    課題のステータス課題のステータス
    ProgressIssue progress bar
    ソースSource where the issues are being pulled in from.

関連トピック

最終更新日: 2019 年 9 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.