ターゲット日を追加する

ターゲット日を追加すると、チームの作業を計画するときに役立ちます。作業の計画を開始するときには、完了が必要なタスクと、それらをいつまでに完了すべきかは把握していることが多くあります。ほとんどの場合、それ以上の情報はありません。このようなときにターゲット日 (特にターゲット開始日とターゲット終了日) を使用して、計画している作業の概要レベルの目標を設定できます。

ターゲット日を使用すると、次のことを実現できます。

  • 長期的なプランを素早く視覚化
  • 作業に設定したターゲット日と計算済みのプランとの比較
  • your current plan against the originally planned schedule, as you track your plan over time
  • define high-level estimates on issues — as you break down issues, you can compare your original high-level estimates against broken down estimates that are more defined

  1. ターゲット日が設定されている、タイムライン内の課題: 課題の上の青いラインは、この課題にターゲット日が設定されていることを示します。
  2. Details of the issue when clicked: Clicking on the issue displays its details, as well as the target dates that are set for the issue
  3. 課題のターゲット日: ターゲット日は青色でハイライト表示され、スケジュールされた日付はハイライトされません。上記の例では、ターゲット開始日は 2017 年 8 月 11 日 (青色にハイライト)、ターゲット終了日は 2017 年 8 月 18 日 (青色にハイライト) です。

作業項目のターゲット日の定義

  1. Go to your plan via Portfolio (in header) > View Portfolio > click your plan.
  2. Click the Scope tab to display the scope table.
  3. [スケジュール設定] (タイムラインの [計算] の横) に移動し、[ターゲット スケジュール] を選択します。
  4. In the scope table, click the  > select Target start and Target end to make these columns display.
  5. 必要に応じて、まだ作成していない作業項目を作成します。
  6. [ターゲット開始日] 列で、各作業項目のにカーソルを合わせ、表示されたカレンダー アイコンをクリックし、その作業項目の作業を開始すべき日付を設定します。
  7. [ターゲット終了日] 列で、各作業項目のにカーソルを合わせ、表示されたカレンダー アイコンをクリックし、その作業項目の作業を完了する必要がある日付を設定します。
  8. [計算] をクリックします。タイムラインで、ターゲット開始日とターゲット終了日があるタスクの上部に青色の線が表示されます。

"見積りを持たない項目のスケジュール設定" オプションが有効化されており、次の条件を満たす場合、見積りを持たない作業項目がスケジュールに表示されます。

  • 対象の作業項目にターゲット開始日とターゲット終了日の両方が設定されている
  • if these have a version or sprint assigned manually to them.

ターゲット日に対するプランのベースライン設定

すでに作業プランがあり、すべての作業項目の見積りとスケジュールが適切に行われているとします。作業項目がプランでどのようにスケジュールされているかに基づいて、プランのターゲット日を設定できます。

The example above shows your currently scheduled plan, which is your baseline plan, against the target dates that are set.

In this example, you have the issue IOS-1 App Basics - iOS, and Portfolio for Jira has scheduled work for this issue from 15th December to 11th January. You can then set the target dates based on the calculated or scheduled dates for the work items.

元々のスケジュール日を持つプランがベースライン プランになります。ターゲット日に対してベースライン プランを追跡し、ターゲット日に対する作業の進捗を確認できます。

To baseline your plan against target dates:

開始する前に、次の事項を確認します。

  • プランがすでに計算され、タイムライン内でスケジュール設定されていること
  • your plan already contains all necessary work items, and
  • すべての作業項目がすでに見積もられていること


  1. Go to your plan via Portfolio (in header) > View Portfolio > click your plan.
  2. Click the Scope tab to display the scope table.
  3. [スケジュール設定] (タイムラインの [計算] の横) に移動し、[ターゲット スケジュール] を選択します。
  4. In the scope table, click the  > select Target start and Target end to make these columns display.
  5. Select all work items by clicking the checkbox in the left-most column of the scope table. This will display target options at the top of the scope table.
  6. [ターゲットを設定] > [計算日からターゲット日を設定] をクリックします。これにより、現在スケジュールされているプランがベースライン プランになり、スケジュールされた課題のターゲット日を示す青色のラインが各課題の上に追加されます。

関連トピック

最終更新日 2017 年 11 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.