Creating and configuring themes

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This page refers to Portfolio classic plans. If you are currently running Portfolio 2.0, please check this link to access the latest page version.

Themes are high level strategic focus areas, value streams or investment categories used to set priorities and define where teams will devote most of their time. 

  • テーマはバックログ要素をラベル付けおよびタグ付けするために使用されるコンセプトであり、時系列的な要素は持ちません。
  • テーマはリソースの相対的な割り当てに焦点を当てており、ユーザーは消費リソースをテーマ間で比較できます。
  • 1 つのストーリーは 1 つのテーマにのみ割り当てることができます。したがって、1 つのエピックの複数のストーリーが複数のテーマに割り当てられている場合、そのエピックは暗黙的に複数のテーマに割り当てられていることになります。

You can create and configure themes by following these steps:

  1. Select your preferred plan and go to Reports, which is located in the view menu.
  2. If you want to create a new theme select + Create Theme.
  3. Configure your themes by selecting the columns and changing the values.

Theme field説明
テーマ同士をひと目で区別できるようにするために使用されます。
ターゲット

Is the target value that you define in each theme and is used to compare estimates and actuals. Target allocation percentages will always add up to 100%. The easiest way to ensure this is to leave at least one entry blank, the value is then automatically calculated based on 100% minus the other defined target values.

見積もりテーマでラベル付けされたすべてのバックログ アイテムを合計し、すべてのバックログ アイテムの見積りに相対的なパーセント値を計算します。
ActualActual time spent on the theme.This time calculation is based on the Jira issues work logs. it's only available if the backlog items have links to Jira issues, and only if these issues have work that has been logged.

ヒント

Both estimate and actual values are determined from the filtered results.

Example: If you set a filter for a certain release, you'll see the estimated allocation based on all backlog items assigned to this release. The target allocation is global and doesn't change while using the filters.

最終更新日 2018 年 11 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.