Right to erasure in Portfolio for Jira Server and Data Center

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

GRPR の第 17 条において、個人には個人データの削除権が保証されています。これは、"忘れられる権利" としても知られます。この権利は絶対的なものではなく、特定の状況でのみ適用されます。個人データの削除の削除について、個人の要求に対応するために必要となる妥当な対応の範囲は場合によって異なるため、弁護士に相談することをおすすめします。個人データの削除義務があると判断された場合は、特定のアトラシアン製品内でこれを実行するための方法について、以降の手順をご確認ください。  

製品に保存される個人データは、1) アカウントレベルの個人データと 2) フリーフォーム テキスト形式の個人データに区別されます。アカウントレベルの個人データとは、製品内に存在し、製品で各ユーザーを区別するためにのみ使用されるデータ フィールドです。アカウントレベルの個人データの例には、ユーザーの表示名、プロファイル画像またはアバター、メール アドレスが含まれます。これらのデータ要素は通常ユーザーのプロファイル内で確認でき、スペースやコンテンツ内でユーザーが @メンションやタグ付けされた場合にプロフィールを参照できるようにするため、製品全体で使用されます。構造化された個人データ要素を削除すると、製品内で関連する構造化データ要素が表示される箇所やデータベース (後述の制限事項を参照) からデータ要素が取り除かれます。 

フリーフォームのテキスト形式で個人データを追加していた場合 (コンテンツのスペースへの入力やカスタム フィールドのラベル名など)、製品のグローバル検索機能を使ってこのような個人データを検出し、個別に削除する必要があります。

説明

Personal data for a specific Jira user can be used and stored in Portfolio for Jira. These workarounds will help you anonymize or remove personal data for a specific user in Portfolio for Jira. They only apply to Portfolio for Jira, and will not anonymize or remove personal data of a user in Jira, Jira Software, or any other product. To anonymize or remove personal data in other products, see Server and Data Center GDPR support guides.

Version compatibility

All workarounds are compatible with Portfolio for Jira 2.13.0 and later.

回避策

Before getting started

As Portfolio for Jira is built on top of Jira, we recommend that you go through the workarounds for Jira before going through the workarounds specific to Portfolio for Jira.

Please follow these general steps:

  1. Go through the workarounds for Jira.
  2. Go through the workarounds for Portfolio for Jira.
  3. Re-index your Jira instance. Portfolio for Jira uses in-memory cache to speed things up, and even if personal data is removed from the database, it could still remain in cache until the next re-indexing.

データベース

Portfolio for Jira uses specific Portfolio for Jira usernames to offer a seamless experience, which means these usernames are stored in database tables specific to Portfolio for Jira. When a user is removed from Portfolio for Jira, the username may still remain in those database tables. This workaround will help you clear a specific username from the database tables specific to Portfolio for Jira.

What cannot be deleted

To prevent any confusion, and for Portfolio for Jira to keep functioning properly, we recommend that you replace all personal data elements in Portfolio for Jira with anonymous data elements whenever a user is deleted or anonymized from Jira. It's also worth noting that deleting usernames and emails can run the risk of breaking Jira and Portfolio for Jira. We recommend that you replace those data elements with anonymous elements that do not identify the user, instead of deleting users.

As you go through the workaround provided for anonymizing users, please choose an appropriate and consistent display name that will be used to replace values with, such as deactivated_user or ghost_user.

Anonymizing a username

  1. Go to this directory https://bitbucket.org/atlassian/gdpr/src/master/portfolio_db_queries/ and download the pre-populated SQL scripts for your respective database.

  2. Open those SQL scripts in your preferred text editor.
  3. Modify the provided SQL scripts with the following changes:

    • Replace <OLD_VALUE> with the personal data element that you're searching for.
    • Replace <NEW_VALUE> with "new personal data element value".
  4. Stop your Jira instance. See Start and Stop JIRA applications for instructions.
    (info) This step is required because Jira caches a lot of data, and because directly updating the database when Jira is still working could cause data loss or inconsistencies.

  5. Manually execute the corresponding SQL scripts, table by table. For each table, execute select script. If the change is acceptable, execute update script. If the change is not acceptable, you'll need to update the record by hand.

  6. Restart your Jira instance.

その他の注意事項

お使いの製品バージョンに応じた制約がある可能性があります

上記に関連する GDPR 回避策は、本製品の最新バージョン用に最適化されていることにご注意ください。製品のレガシー バージョンを実行している場合、回避策の効果は限定的である可能性があります。この記事で案内されている回避策を最適化するには、最新の製品バージョンにアップグレードすることを検討してください。

サードパーティ製アドオンは、独自のデータベース テーブルまたはファイルシステム内に個人データを保存する可能性があります。

GDPR コンプライアンスへの取り組みに関する上記の記事は、アトラシアンのサーバーおよびデータセンター製品内に保存されている個人データのみを対象としています。サーバーまたはデータセンター環境にサードパーティ製アドオンをインストールしている場合、お客様のサーバーまたはデータセンター環境でアクセス、転送、または処理する可能性がある個人データと GDPR コンプライアンスへの取り組みについて、サードパーティのアドオン プロバイダにお問い合わせください。

サーバーまたはデータ センターのお客様の場合、アトラシアンはお客様が製品内で保存するように選択した個人データへのアクセス、保管、または処理は行いません。アトラシアンが処理する個人データの詳細については、プライバシー ポリシーを参照してください。

最終更新日: 2018 年 12 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.