ターゲット スケジュール レポート

ターゲット スケジュール レポートは、課題にターゲット開始日およびターゲット期日を追加することで設定されるベースラインを可視化する、プランのスケジュールのビューです。ターゲット スケジュールに表示されるベースラインにより、プランを経時的に追跡し、プランの状態を当初計画されたスケジュールと比較することができます。

ターゲット スケジュール レポートを表示する

ターゲット日のマーカーは、レポートを表示している階層レベルの課題にターゲット開始日および終了日を設定した場合にのみ表示されます。たとえば、レポートをイニシアチブ レベルで表示しているが、いずれのイニシアチブにもターゲット日を設定していない場合、ターゲット日のマーカーは表示されません。詳細については「ターゲット開始日およびターゲット期日の追加」をご確認ください。

  1. Portfolio に移動し、プランを選択することで、プランに移動します。
  2. [レポート] タブをクリックして、プランのレポート セクションを表示します。
  3. [レポートの切り替え] メニューをクリックして [Target schedule] を選択します。

階層レベル フィルターまたはグローバル フィルターを使用して、レポートに表示される情報を、階層レベル、プロジェクト、リリース、チームなどで絞り込むことができます。

ターゲット スケジュール レポートを構成する

ターゲット スケジュール レポートでは次の表示設定を構成できます。

  1. Portfolio に移動し、プランを選択することで、プランに移動します。

  2. [レポート] タブをクリックして、プランのレポート セクションを表示します。

  3. を選択してレポート設定を開き、適用したいフィルターを選択します。 


レポートの設定説明設定オプション
line

作業項目の可視化方法を定義します。

  • グローバル - すべての作業項目がタイムラインにまとめて表示されます。
  • プロジェクト - 作業項目は割り当てられたプロジェクトに基づいて個別のスイムレーンに表示されます。
色付け

プランのすべての作業項目を 1 色で表示するか (これは構成可能です)、それぞれの作業項目が割り当てられたテーマに基づいて複数の色で表示します。

  • シングル - 作業項目を 1 色で表示します。
  • テーマ - 作業項目をテーマの色で表示します。
拡大ズーム インとズーム アウトを行えます。
  • 1x
  • 2x
  • 3x
show

スケジュールに特定の情報を表示するかどうかを指定できます。

  • 空のリリース - スケジュールで空のリリースを表示するか非表示にします。
  • 依存関係 - 依存関係を持つ課題に依存関係のインジケーターを表示します。
  • 課題キー - スケジュールで作業項目を可視化するバーに課題キーを表示するかどうかを選択します。
最終更新日: 2018 年 9 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.