Portfolio for Jira の用語

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Control+F を使用してページ内で用語を検索できます
バックログ製品、サービス、プロジェクトなどを表す、未解決の機能の Jira での一覧。バックログは一般にスクラム チームが使用しますが、カンバン チームのカンバン ボードで Jira のカンプラン機能を使用し、未解決の作業項目のバックログを使用することもできます。
ボード

1 つまたは複数のプロジェクトの課題を表示し、作業中の課題を柔軟に表示、管理、およびレポートできます。Jira Software には 3 種類のボードがあります。

  • スクラム ボード: スプリントで作業を計画するチームのためのものです。このプロジェクト テンプレートはボードとバックログを提供します。カンバン ボード。
  • カンバン ボード: 進行中の作業を管理したり制御したりすることに重点をおいて取り組むチームのためのものです。このテンプレートはボードとバックログを提供します。
  • アジリティ (現在はベータ版。このボードは段階的にリリースしています): これはアジャイルに馴染みの薄いチームのためのものです。このシンプルなボード ビューのプロジェクト テンプレートを使用して、チームを稼動させることができます。セットアップは簡単で最適化されており、必要に応じて段階的に拡張できます。
計算新しい課題の作成や日付の変更などの任意の変更が Portfolio プランで行われたら、[計算] をクリックする必要があります。これによって視覚的なスケジュールを更新し、最新のデータを反映させることができます。
キャパシティチームまたはチーム メンバーがスプリント期間中に完了できる作業の合計量を示します。これは、これらのユーザーがスプリントの作業項目を完了するために利用可能な時間数に基づきます。
キャパシティ レポート利用可能な合計キャパシティと、それらの中で今後の作業に使用されるキャパシティの、視覚的な概要を提供します。キャパシティ レポートを絞り込み、チームまたはチーム メンバーごとにキャパシティを表示できます。
依存関係の循環2 つの課題が互いに依存している場合、循環された依存関係が作成されます。
完了日Portfolio で範囲テーブルやレポートに未完了の課題を含める際に遡る期間を指定するために使用できるフィルターです。完了日フィルターは、ステータス フィルターが既定のオープンまたは未解決の課題に設定されている場合にのみ動作します。
プロジェクト横断型リリース複数のプロジェクトを横断したジョイント リリース、日付、およびマイルストーンを管理するために使用されます。プロジェクト横断型リリースを作成してそれを Jira Software にコミットすると、プロジェクト横断型リリースに含まれるそれぞれの Jira プロジェクトで、リリースが標準のリリースに変換されます。
カスタム フィールドJira アプリケーションではカスタム フィールドを組み込みのフィールドに追加できます。このようなフィールドを定義し、課題タイプに追加できます。
Default velocityチームにベロシティが設定されていない場合、既定のベロシティは、Portfolio がプランでチームに自動的に割り当てるベロシティ値です。プラン設定のスケジューリング設定セクションに移動して、使用される既定のベロシティ値を変更できます。
依存関係1 つの課題がほかの課題をブロックしていたり、ほかの課題にブロックされていたりする場合に、Jira 課題間に存在する関係性です。依存関係は、Portfolio プランの範囲テーブルで個々の課題に追加できます。
依存関係レポートプラン内にある、互いに依存関係を持つすべての課題の一覧を表示します。課題間のすべての依存関係がシンプルな形式で表示され、影響を受けている 2 つの課題、依存関係のタイプ、および依存の流れを確認できます。例: "TIS-17" is needed by "TIS-39"。このレポートの目的は、すべての依存関係の明確なビューを通じて、リスク管理の改善を支援することです。
Dependency schedulingスケジューリング設定にはプラン構成からアクセスします。スケジューリング設定はスケジューリング時の依存関係のランク方法を定義します。項目 A が、前提条件である B よりも低いランクを持つとします。[Rank dependent work item below required item] に設定すると、A は B の下にランクされます。[Rank required item above dependent item] を設定すると、B が A の上にランクされます。[Off] に設定すると、依存関係はハイライトされますが、スケジュールに影響を与えることはなくなります。
Dependent story constraint

プラン構成からアクセスできる設定です。依存関係を持つ課題が Portfolio でどのようにスケジュールされるかを定義します。[On] に設定した場合、依存関係を持つ作業項目に同時に取り組むことはできません。

  • スクラム チームの場合、これらは別のスプリントにスケジュールされます。
  • カンバン チームの場合、これらは別の日付に (またはそれよりも期間を空けて) スケジュールされます。このオプションが無効化されている場合、依存関係をもつ作業項目に同時に取り組むことができます。いずれの場合も、依存関係を持つ作業項目を、その前提となる作業よりも前に開始することはできません。
動的リリース日動的なリリース日は、リリースに含まれる作業の量とチームのキャパシティに応じて、リリース日が動的に変更されることを示します。リリースの終了日を編集するときにこのオプションを選択します。動的なリリース日を持つリリースが Portfolio でリソース不足と表示されることはありません。
一番早い開始日一番早い開始日は、Portfolio の範囲テーブルの列で課題に追加できる、ユーザーが指定する日付です。この日付は、課題の開始日としてスケジュールできるもっとも早い日付を Portfolio に示します。この課題は Portfolio の課題にのみ表示されます。
空のリリース空のリリースは、Portfolio プランにある、課題が割り当てられていないリリースです。
Enforce concurrent work同時作業の強制は、プラン構成からアクセスできるスケジューリング設定です。[On] に設定されている場合 (既定の動作)、1 つのアイテムに複数のチーム メンバーが割り当てられている場合に、スケジューリング アルゴリズムでそのアイテムのすべての作業が 1 つのスプリントにスケジューリングするようにします。[Off] に設定されている場合、個々のチーム メンバーの作業はキャパシティに余裕があるタイミングに割り当てられ、1 つの作業アイテムが複数のスプリントにまたがる可能性があります。
エピック非常に大きいユーザー ストーリーで、完了に複数のスプリントを必要とすることが予測されます。エピックは複数のストーリーに分割され、Jira では 1 つの課題タイプとして表示されます。
見積もりJira 課題の完了に必要な労力を示し、ストーリー ポイント、時間、または日で測定されます。
見積りの変換それぞれの Portfolio プランで課題ソースごとに設定し、異なる見積りタイプを使用する複数の Jira 課題ソースを 1 つのプランに含められるようにします。この変換によってすべての課題ソースを共通の計画単位に統一し、これを Portfolio で使用して正確なプランを生成できます。
フィルター (課題ソース)クエリに一致するすべての課題を返す JQL クエリ。これを使用して、プランに追加する一連の Jira 課題を定義できます。
フィルター (プラン ビュー0Portfolio のプラン ビュー フィルターは、プランの上部に表示されるシンプルなドロップダウン フィルターです。これにより、スケジュール、範囲テーブル、およびレポートに表示する課題を、階層レベル、Jira プロジェクト、チーム、リリース、および日付を含む条件に基づいて、絞り込むことができます。
修正対象バージョン修正バージョンは、バージョンを追加できる Jira のフィールドです。一般に、これは課題が解決またはリリースされるバージョンです。Portfolio で課題のリリースへの割り当てを変更すると、このフィールドが更新されます。
固定リリース日固定リリース日は、特定の終了日が追加されていて、リリースに明確な締め切りがあることを示します。Portfolio ではこの日付に基づき、固定リリースに必要以上の作業が割り当てられる (リリースのリソースが不足する) かどうかを予測し、タイムラインを赤色で表示します。スケジュールでは、固定日が塗りつぶされた丸アイコンで、Portfolio で予測された現実的なリリース日がタイムラインの先で、枠線のみの丸アイコンで表示されます。リリースのリソースが不足していない場合、スケジュールは緑色で表示されます。作業が少なすぎる場合、割り当てられた作業の完了タイミングを示す、枠線のみの丸アイコンが表示されます。
グローバルの空き状況グローバルの空き状況は、Portfolio のすべてのチームにわたり、チーム メンバーのカレンダーの空き状況を定義します。
イニシアチブイニシアチブは非常に大きな作業であり、複数のエピックや、場合によっては複数のチームを横断します。イニシアチブの名前を変更して、組織の特定のアジャイル フレームワークに一致させることができます。イニシアチブも Jira の課題タイプです。
課題課題は Jira または Portfolio の両方で作成できる、ストーリー、エピック、イニシアチブ、バグ、タスク、またはカスタマイズされた課題タイプです。
課題の担当者課題の担当者は、Jira での課題の割り当て先です。
Issue assignee import level課題の担当者のインポート レベルは、プラン構成からアクセスできるスケジューリング設定です。Portfolio で課題の担当者を範囲テーブルで対応するチーム メンバーに一致させる試行を行う、上限の階層レベルを定義します。例: エピックに製品マネージャーが割り当てられていて、そのエピック内のストーリーには個々の開発者が割り当てられているとします。この場合、担当者のインポート レベルをストーリーに設定すると、Portfolio はストーリーの担当者を考慮しますが、エピックの担当者は考慮しません。
課題キー課題キーは一意の識別子です。課題が所属するプロジェクトのキーと課題の番号を含みます。例: "TIS-304"
課題ソースユーザーの Portfolio プランのすべての課題の取得元は、Jira のボード、プロジェクト、またはフィルターです。接続された課題ソースに含まれる課題に行われた任意の変更 (課題の作成、削除、または編集) は、ページの更新時にプランに反映されます。Portfolio のサンドボックス環境の課題に行われた任意の変更 (範囲テーブルを使用した課題の作成、削除、または編集) は、変更が Jira にコミットして戻された場合にのみ、Jira の課題ソースに反映されます。
ラベルラベルを課題に追加して、課題をカテゴリーに分類したり、関連する課題をグループ化したりすることができます。
Maximum assignees per storyストーリーごとの最大の担当者は、プラン構成からアクセスできるスケジューリング設定です。個々のストーリーで作業するためにスケジュールできるユーザーの最大数を定義します。
Minimum work package size最小の作業パッケージ サイズは、プラン構成からアクセスできるスケジューリング設定です。この構成は、階層のストーリー レベルよりも上のすべての課題の最小の作業パッケージを定義します。この設定により、空いているキャパシティが、概要レベルの作業項目をストーリーにブレイクダウンすると存在しなくなるような、現実的ではない "小さな" 課題で使用されることを防ぐことができます。概要レベルの作業項目を可能な限り現実的に予測するには、一般的な小規模なストーリーの見積りに設定します。すべての空きキャパシティを意図的に最大化するには 0 に設定します。
元のストーリー ポイント/元の見積り元の見積りまたは元のストーリー ポイント (見積り単位に応じる) は、プランの範囲テーブルに追加できる列です。これによって、課題をリリースするために必要な作業の大まかな見積りを追加し、その見積りを参考にブレイクダウンを行って、より詳細なストーリー見積りを提供できます。このフィールドはスケジューリング時には使用されませんが、元の見積りの精度を実際のものと比較し、将来の長期的な計画のためのデータをチームに提供して、確認結果をチームの見積りのプラクティスに反映することができます。
権限権限は、プラン構成からアクセスできる一連の設定です。これらは、Portfolio にアクセスできるユーザーと、それらのユーザーがプランを編集可能か、読み取りのみ可能かを定義します。
PlanPortfolio のプランとは、Jira の 1 つ以上のプロジェクトの課題、チーム、およびリリースの集約ビューで、データ駆動型のロードマップとして表示されます。Jira 課題への変更を Portfolio で行うことができますが、これは Portfolio からコミットを行ったあとにのみ反映されます。
Planning unit計画単位は、課題の見積りに使用される見積りのタイプを定義します。Portfolio では計画単位にストーリー ポイント、時間、または日を利用でき、これはプランのすべての課題に適用されます。計画単位がストーリー ポイントに設定されている場合、スケジューリング用のすべての見積りが Jira のストーリー ポイント フィールドから読み込まれ、見積りの合計と予定/利用可能なキャパシティは、ストーリー ポイントで表示およびレポートされます。課題ソースがその計画単位で見積りされていない場合、これらの値を簡単に計算できるよう、Portfolio 専用の変換係数を適用します。
優先度

課題の優先度は課題のランクで表されます。これはスケジューリング アルゴリズムが最初にスケジュールする課題を決定するために考慮する主要な情報です。

注: Jira の標準の "優先度" フィールドは、Portfolio プランでの課題のスケジュール方法に影響しません。

プロジェクトJira Software プロジェクトは、課題 (ストーリー、エピック、イニシアチブ、バグ、タスクなど) の集合体です。プロジェクトは通常、Jira Software で行う開発作業を意味します。製品やチームなど、さまざまなものに関わる作業を設定できます。
リリースリリースは、製品への 1 つの更新としてまとめてリリースされる、一連の機能や修正です。Portfolio ではリリースをマイルストーンとみなすこともできます。
リリース レポートリリース レポートでは、プロジェクト横断リリースを含む、それぞれのプロジェクトに含まれるすべてのリリースを表示できます。レポート ビューでは、リリース日、進捗、および関連するすべての課題を確認できます。
レポートレポート セクションでは、プランのさまざまな側面を視覚的に確認できます。
シナリオ

現在取り組んでいる Portfolio プランのライブ コピーを使用し、プランでさまざまな変数を試して結果を比較できます。複数のシナリオを作成、保存、および比較できます。

: 1 つのシナリオで [計算] をクリックして変更を更新しても、他のシナリオへの影響はありません。ただし、1 つのシナリオで変更をコミットすると、それらの変更は他のすべてのシナリオに影響します。

スケジュールスケジュールは、プランのすべての作業アイテムのビジュアル ロードマップを表示します。Portfolio プランの範囲、チーム、およびリリース セクションの上の部分に表示されます。
スケジュール レポートスケジュール レポートはプランのスケジュールの視覚的なコピーです。プランのすべての作業項目のビジュアル ロードマップを表示します。
スケジュールされた終了日Portfolio が課題の完了日として予測する日付です。Portfolio のスケジューリング アルゴリズムによって計算されます。
スケジュール範囲スケジュール範囲は、特定の期間にスケジュールされた課題のみをロードマップに表示するために使用できるフィルターです。
Scheduled startPortfolio が課題の開始日として予測する日付です。Portfolio のスケジューリング アルゴリズムによって計算されます。
スコープ レポート範囲レポートは、プランの範囲テーブルの共有およびエクスポート可能なコピーです。プランのすべての作業のグローバルな一覧を表示します。
範囲テーブル範囲テーブルは範囲ビューの下半分で、プランの主要な to-do リストを表示します。このセクションでは、新しい課題を作成し、見積りを追加して、割り当て済みのリリースなどの他の関連情報を表示できます。
範囲/範囲ビュー範囲はドキュメントでは "範囲ビュー" とも呼ばれており、プランに含まれるすべての作業の概要を表示します。プランに接続するために使用した、プロジェクト、ボード、またはフィルターから取得された課題が含まれます。範囲には、スケジュールと範囲テーブルの 2 つの部分があります。
スキルチーム メンバーが特定の作業項目を完了するために必要とされる能力です。
Sprintイテレーションとしても知られます。開発チームが個々のプロダクト インクリメントを実装および提供するための短い (2 週間から 4 週間を理想とする) 期間のことです。
Sprint lengthスプリントの長さは、1 つのスプリント (イテレーション) を完了するために割り当てられた時間の量です。
スプリント レポートプランでのそれぞれのチームの現在と将来のすべてのスプリントの視覚的な概要です。それぞれのスプリントの開始日と終了日に加え、スプリントに割り当てられたすべての課題の一覧を表示します。
Stage sprint constraintプラン構成からアクセスするスケジューリング設定で、ステージが割り当てられた課題を Portfolio でどのようにスケジュールするかを制御します。"On" に設定すると、1 つの課題の異なるステージが異なるスプリントに時系列でスケジュールされます。"Off" に設定すると、複数のステージの作業が同じスプリント内で並行してスケジュールされる可能性があります。
ステージ作業項目単位で時系列で完了されるアクティビティです。
Statusワークフロー内での課題の位置を示すために使用されます。
ストーリー製品の要件を示す小規模な作業です。複数のストーリーを使用して 1 つのエピックを構成できます。
ストーリー ポイント作業項目の実装に必要な労力の見積りを示すための測定単位。
サブタスクストーリーに含まれる作業の単位。課題のサブタスクを作成することによって、課題を小さなチャンクに分割するか、課題のさまざまな側面を別々の人に割り当てることができます。
チームPortfolio でのチームとは、実際のユーザーとバーチャル ユーザーを含むグループです。Portfolio のチームは、特定の期間に完了できる作業の量によって定義されます。チームはプランのリソース要素です。
チーム メンバーPortfolio チームの一部である、Jira の実際のユーザーまたはバーチャル ユーザー。チーム メンバーには、個々のキャパシティ、カレンダー空き状況、およびスキルが割り当てられている可能性があります。
チーム固有の空き状況チーム固有の空き状況は、プラン内の 1 つのチームのそれぞれのチーム メンバーについて、作業時間と作業日を定義します。
テーマテーマは、優先度の設定や、チームが大半の時間を過ごす場所を定義するのに使用される、戦略的に焦点を当てるべき概要的な領域、価値ストリーム、または投資カテゴリです。プランでテーマを課題に割り当てると、ステークホルダーは、組織が時間を費やしている領域と予定されていた内容とを比較することができます。
コミットされていない変更コミットされていない変更は、Portfolio プランで課題に対して行われた変更のうち、まだ Jira にコミットされていないものです。Portfolio はサンドボックス環境であり、プランに行った変更はコミットを行うまで Jira に反映されません。
Unestimated item scheduling見積りを持たない項目のスケジューリングは、プラン構成からアクセスするスケジュール設定です。Portfolio のスケジューラーでの見積りを持たない項目の処理方法を定義します。[Base on default estimates] に設定すると、以降で定義される既定の見積りは、すべての階層レベルで、子課題と見積りを持たないすべての項目に適用されます。[Base on target dates] に設定すると、見積りを持たない項目は、割り当てられたスプリント、リリース、またはターゲット日の期間にスケジューリングされます。[Off] に設定すると、見積りを持たない項目は無視され、スケジュールに影響しません。
ベロシティ

ベロシティは、1 つのイテレーションの間にチームが完了できる作業の量を示します。Portfolio では、チームのベロシティは、チームが過去の 5 回のイテレーションで完了することができた作業量の平均として計算されます。

注: ベロシティは、ボードまたはプロジェクトがチームに割り当てられている場合にのみ、Portfolio で計算できます。この状況に該当しない場合、ベロシティは既定のベロシティか、ユーザーが手動で入力した値になります。

バーチャル ユーザーバーチャル ユーザーは、Portfolio で作成してチームに追加できる、実在しないユーザーです。what-if シナリオでプランに実際のチーム メンバーを追加した場合の影響をテストするときに使用できます。たとえば、40 時間のキャパシティを持つバーチャル ユーザーをチームに追加することで、新しい開発者を採用した場合に今後のリリースの提供速度をどの程度改善できるかを確認できます。
警告レベル警告レベルは、プラン構成からアクセスするスケジュール設定です。エラーや警告をプランに表示するかどうかを定義します。これらは、データの競合やプランの設定ミスなど、さまざまな課題を参照する場合があります。
最終更新日 2018 年 11 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.