最初のプランの作成と成功のヒント

プランを作成する前に

イニシアチブなどの新しい階層レベルを作成する場合、それらをまず Jira で作成する必要があることにご注意ください。

最初のプランを作成する

プランは変更されるものです。知識を得たり見積りを見直したりするにしたがって、要件が明確になり、タスクの所要時間が予定されていた内容から変更される可能性があります。Portfolio for Jira は Jira Software とのシームレスな連携機能により、プランを最新状態に保つのを支援します。

  1. Jira アプリケーションで [Portfolio] に移動し、[プランを作成] をクリックします。
  2. プラン名を入力し、公開オプションのいずれかを選択します。



    1. No restrictions - すべての Portfolio ユーザーがプランにアクセスできます。
    2. Private - プランの作成者のみが表示および編集権限を持ちます。
  3. 準備ができたら [Next] をクリックします。

チームの作業に接続する

Portfolio for Jira プランを作成するときには、使用するためにプランに取り込む課題ソースを選択する必要があります。課題ソースは、プランでロードマップの予測を行うために使用する課題を含む、プロジェクト、ボード、またはフィルターです。 

スクラム ボードに接続した場合、Portfolio は完了済みの複数のスプリントを参考に、チームのベロシティのボックスに値を事前に入力します。

  1. 課題ソースを選択します。
  2. [次へ] をクリックします。

ソース説明

ボード

ボードには 1 つ以上のプロジェクトの課題が表示され、作業中の課題を柔軟に表示、管理およびレポートできます。Jira には 2 つのタイプのボードがあります。

  スクラム ボード — 作業をスプリントで計画するチームのためのものです。スクラムの詳細
  カンバン ボード: 進行中の作業を管理および制御することに重点をおくチームのためのものです。カンバンの詳細

特にスクラム チームで作業している場合はボードを使用することをおすすめします。ボードを使用すると、プランをスプリントごとに表示できるほか、いくつかの追加機能を使用できます。Portfolio 専用のカスタム ボード フィルターを用意し、バグなどの課題をプランから除外できるようにすることをおすすめします。

プロジェクトJira プロジェクトは課題の集合体であり、組織の要件に従って定義されます。たとえば、ソフトウェア開発プロジェクト、マーケティング キャンペーン、Web サイトの改善リクエストのシステムなどが挙げられます。プロジェクトを選択すると、Portfolio は選択されたプロジェクトに含まれるすべての課題を取り込みます。何千件もの課題を取り込む可能性がある点にご注意ください。
フィルターボードのフィルターは、ボードに含める課題を指定する Jira 課題フィルターです。ボードには、複数のプロジェクトの課題を含めることも、1 つのプロジェクトの課題のみを含めることも、プロジェクトの特定のコンポーネントの課題のみを含めることもできます。ボードの管理者または "Jira 管理者"グローバル権限を持つユーザーのみがボードのフィルターを構成できます。
JQL filterJira クエリ言語 (JQL) を使用して、カスタムの課題フィールドを持つ課題を Portfolio で検索できます。JQL フィルターの詳細を読む

注意

すべての課題ソースがストーリー ポイントを使用しているボードである場合、見積り方法は自動的にストーリー ポイントに設定されます。

関連するリリースの選択

Portfolio のリリースは、Jira のバージョンと同じです。リリースは、作業をグループ化する、日付が設定されたコンテナとしてイメージすることができます。

  1. 取り組むリリースを選択し、[Next] を選択します。

注意

特定のリリースを含めないように選択した場合、そのリリースに関連付けられたすべての課題もプランから自動的に除外されます。

リリース設定の詳細についてはこちらをご確認ください。

チームの定義

Portfolio でのチームとは、実際のユーザーとバーチャル ユーザーを含むグループです。Portfolio のチームは、特定の期間に完了できる作業の量によって定義されます。Portfolio は既定で、ストーリー ポイントを使用するチームには 30 ベロシティ ポイントを、時間ベースのチームには 200 時間を割り当てます。フィールドを選択して数字を変更することで、既定のベロシティを変更できます。

シンプルな状態から開始することをおすすめします。Portfolio for Jira は既定で、課題ソースごとにチームを作成します。これはプランの作成後にいつでも変更できます。

少数のチームから開始してプランに慣れることをおすすめします。これは、さまざまな設定オプションの確認を進めるときにいつでも変更できます。


推奨されたチームを許可するか、次の手順でそれらをカスタマイズできます。 

  1. スケジューリング モードを選択します。
  2. チームのキャパシティを選択します。
  3. チームを削除するには、3 点アイコンをクリックして [削除] を選択します。
  4. [次へ] をクリックします。

チームの設定の詳細をこちらでご確認ください。

範囲の確認

範囲には、プランに接続するように選択した、プロジェクト、ボード、またはフィルターから取得された課題が含まれます。

最後のステージで、課題の一覧を確認してプランに含めるものを選択できます。Portfolio の優れたメリットの 1 つとして、プランが "ライブ" であることが挙げられます。つまり、Jira 内部で作成された課題が、プランの作成時に指定された課題ソースに一致する場合、その課題がプランに反映されます。

  1. プランに含めたくない課題の選択を解除して、[Next] をクリックします。

課題の追加、編集、および削除はプランの作成後も行えます。

範囲の構成の詳細をこちらでご確認ください。

Portfolio でのスケジュールの作成方法

自動スケジューリングのメカニズムは、Portfolio for Jira の中核となる機能の 1 つです。

スケジューリング アルゴリズムは次の側面を、他の追加のプラン構成を含めずに考慮します。

  • 課題の優先度。課題の優先付けの詳細をこちらでご確認ください。
  • リリースとスプリントの割り当て
  • 見積もり
  • バックログ アイテム間の依存関係
  • チームのキャパシティ

また、次の要素を考慮するようにスケジュールを構成できます。

  • チームと個々のアカウントの空き状況
  • ユーザーのスキル
  • 空き状況と不在予定
  • 作業のステージ
  • 構成可能な制約

スケジューリング アルゴリズムは現在、優先度がもっとも高いアイテムのスケジューリングを最適化します。

ヒント: もっともリスクが大きいアイテムの優先順位を上げ、プロセスの最初に不確実性をなくすように取り組むことができます。

スケジュールの動作の詳細をこちらでご確認ください。

セットアップの完了

プランの準備が整いました! スケジュール ビュー (画面の上半分) は、プランの作成時に提供された範囲、リリース、およびチーム情報に基づいて計算されています。 

この段階では、基本となるプランを利用して、データを仮変更し、ロードマップを確認できます。しかしながら、ほかにも、さまざまなユースケースに対応できる多数の高度な機能があります。 

Message Plane 次のステップ - 色と記号のリファレンス ガイドをご確認ください。

最終更新日 2018 年 6 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.