キャパシティ レポート

キャパシティ レポートでは、チームの作業キャパシティの潜在的な使用量を確認できます。このビューでは、空き状況、予定済みのキャパシティ、およびスプリントごとのキャパシティの使用状況を確認できます。

  1. Portfolio > [レポート] >  [レポートの切り替え] の順に移動し、[Capacity] を選択します。
  2. チームおよびメンバーで絞り込んで、それぞれのキャパシティを具体的に確認できます。

キャパシティ レポートの利用方法

キャパシティ

このセクションではキャパシティ ビューの主要な要素について説明します。キャパシティ ビューは、1 つのイテレーションでのチームおよびチーム メンバーのキャパシティ情報を、イテレーション単位で表示します。

  1. チーム名のラベル: キャパシティ ビューが参照しているチームの名前です (キャパシティ ビューの設定により、キャパシティ ビューで [チーム] を使用している場合のにみ表示されます)。
  2. 不足しているキャパシティのインジケーター: ‌イテレーションで不足しているキャパシティを示します。これはキャパシティ バーで赤色で表示されます。キャパシティ バーの任意の場所でクリックすると、計画されたキャパシティ、割り当て可能なキャパシティ、不足しているキャパシティ、およびキャパシティの使用状況の正確な情報を確認できます。
  3. イテレーション名のラベル:キャパシティ バーが関連するイテレーションの名前です。

  4. 計画されたキャパシティの数値インジケーターイテレーション期間で計画されているキャパシティの量を示します。この値は、キャパシティ バーに余裕がある場合にのみ表示されます。キャパシティ バーの任意の場所でクリックすると、計画されたキャパシティ、割り当て可能なキャパシティ、不足しているキャパシティ、およびキャパシティの使用状況の正確な情報を確認できます。

  5. 割り当て可能なキャパシティのインジケーターイテレーションで割り当て可能なキャパシティを示します。これはキャパシティ バーで薄い緑色で表示されます。キャパシティ バーの任意の場所でクリックすると、計画されたキャパシティ、割り当て可能なキャパシティ、不足しているキャパシティ、およびキャパシティの使用状況の正確な情報を確認できます。



最終更新日: 2018 年 9 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.