Jira アプリケーションの概要

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira アプリケーションの概要

Jira ファミリーは Jira プラットフォーム上に構築されています。Jira Core は Jira プラットフォームの既定のアプリケーションであり、Jira インスタンスに必ず存在します。Jira Software、Jira Service Desk、および Jira Ops を追加して機能性を高め、Jira サイトに他のプロジェクト タイプを追加できます。ユーザーは、それらの製品の 1 つ、すべて、またはいずれかの組み合わせにアクセスできる必要があります。 

製品の特徴とプロジェクト タイプ

各製品はユーザーに 合わせたエクスペリエンスを提供するとともに、関連付けられたプロジェクト タイプを持ち、それに応じた製品固有の機能を提供します。以下は、プロジェクト タイプとそれに関連付けられた機能のリストです。

アプリケーション プロジェクトタイプ アプリケーション特有の機能セット

Jira Core

ビジネスプロジェクト
  • すべてのライセンスユーザーが利用できます

Jira Software

ソフトウェア開発プロジェクト
  • 開発ツールとの連携
  • アジャイルボード
  • ソフトウェアバージョンのリリースハブ

Jira Service Desk

サービスデスクプロジェクト
  • サービスレベル基準 (SLAs)
  • 顧客向けのカスタマイズ可能なウェブポータル
  • 顧客にアクセスさせるためのパーミッションスキーム

Jira Ops

Jira Ops
  • インシデントの登録
  • リアルタイムの更新によるインシデントの追跡
  • Statuspage、OpsGenie、および Slack との連携

All users who can log into a Jira site will be able to see all the projects in that instance (pending permissions), but they will only be able to see the product-specific features when they have access. For example, a Software project is able to display information from linked development tools, such as Bitbucket and Fisheye, as well as agile boards, but this information is only viewable by a Jira Software user. A Jira Core user would be able to see the Software project, but wouldn't be able to see the Software-specific features, like agile boards or the information from linked development tools. Likewise, a Jira Software user would not be able to see any Jira Service Desk-specific features in a Service Desk project (they'll see only a basic view of the project and its issues).

  • インストール済みアプリケーションのプロジェクトは、Jira 管理者のみが作成できます。Jira 管理者はプロジェクトを作成する場合はアプリケーション アクセスは不要ですが、プロジェクトの表示や使用にはアプリケーション アクセスが必要です。
  • 匿名ユーザーは Jira Core ユーザーと同じアクセス権を持ちます。つまり、匿名ユーザーは課題を表示したり、あらゆる種類のプロジェクトでの作業が可能ですが、製品固有の機能 (Jira Software 固有のアジャイル・ボードなど) を表示することはできません。プロジェクトへの匿名ユーザー アクセスを許可する方法については、匿名またはパブリック アクセスの管理をご覧ください。


製品の一覧、製品のユーザー ロール、それらのプロジェクト固有機能は以下の通りです。




Jira Core ユーザー Jira Software ユーザー Jira Service Desk エージェント 顧客
ビジネス

プロジェクト

プロジェクトレベル 作成
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
表示
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
課題レベル


作成
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
表示
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
コメント
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
トランジション
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
Jira ガジェット 表示
(tick)
(tick)
(tick)
(error)

Software
プロジェクト






プロジェクトレベル 作成
(error)
(tick)
(error)
(error)
表示
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
課題レベル



作成
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
表示
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
コメント
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
トランジション
(tick)
(tick)
(tick)
(error)
開発情報の参照
(error)
(tick)
(error)
(error)
リリース情報の参照
(error)
(tick)
(error)
(error)
ボードレベル 作成
(error)
(tick)
(error)
(error)
表示
(error)
(tick)
(error)
(error)

Jira Software ガジェット

表示
(error)
(tick)
(error)
(error)

Service Desk
プロジェクト








プロジェクトレベル 作成
(error)
(error)
(tick)
(error)

表示

(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
課題レベル


作成
(error)
(error)
(tick)
(tick)
表示
(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
コメント
(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
トランジション
(error)
(error)
(tick)
(error)
SLA レベル 作成
(error)
(error)
(tick)
(error)
表示
(error)
(error)
(tick)
(error)
キューレベル 作成
(error)
(error)
(tick)
(error)
表示
(error)
(error)
(tick)
(error)

Jira Service Desk ガジェット

表示
(error)
(error)
(tick)
(error)

最終更新日 2018 年 11 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.