カスタム権限スキームを使用する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

サービスプロジェクト権限スキームをカスタマイズする場合は、ユーザーに権限を付与して権限を付与してください。

  • 管理者: Administrators ロール
  • エージェント: Service Desk Team ロール
  • to the Service Management Collaborators role for collaborators 
  • to the Service Management Customer - Portal Access security type for customers. For more information about this security type, see Jira Service Management permissions overview.

グループまたは個々のユーザーにロールやセキュリティ タイプではなく権限を付与する場合、サービス プロジェクトの一部の機能が使用不可にされる場合があります。

プロジェクト ロール別の必須権限

If you choose to use custom permission schemes, the permissions in the following table are mandatory for the project roles in the typical service project context. If you configure the permissions for the roles differently than shown in the table and run into problems, you can find the explanation of the problems and how you can fix them on the Resolve permission scheme errors in Jira Service Management page.

プロジェクト ロール必須権限
Administrators

This project role must have the Administer Projects project permission in order to set up and administer a service project. This permission allows users to manage service project functionality like creating new request types, setting up new queues, creating SLAs, and generating reports.

This project role also must have all the permissions granted to the other users of the service project in order to see all the functionality they'll be using.

Service Desk Team
  • 課題の作成 (この権限により、ユーザーはカスタマー ポータルで課題を作成することができます)
  • Browse Projects (This permission gives users read-only access to the Reports, People, and SLA tabs in a service project, as well as access to the project's Customer Portal. Users can also see the Queues tab and work on issues from within the queues.)
  • 課題の編集
  • 課題のスケジュール
  • コメントの追加
  • 添付ファイルの作成
Service Management Customers

The permissions for customers must be granted to the Service Management Customer - Portal Access security type instead of the Service Management Customers role. This configuration gives customers access to the Customer Portal only (not Jira). The security type reads the role to determine who are customers.

  • 課題の作成 (この権限により、ユーザーはカスタマーポータルでリクエストを作成できます。)
  • プロジェクトの参照 (この権限により、ユーザーはカスタマーポータルでプロジェクトにアクセスできます。)
  • コメントの追加 (この権限により、ユーザーは自分自身のリクエストにコメントを追加することができます。)
  • 添付ファイルの作成 (この権限により、ユーザーはリクエストの作成時に添付ファイルを追加するか、リクエストの送信後にそのリクエストに添付ファイルを追加することができます。)
  • Assign Issue (This permission is mandatory for the Assignee field to work. The Assignee field is an optional hidden field and it automatically channel issues to certain team members.)

In addition, if the service project uses an issue security scheme, make sure that it is configured so that service project users can view issues. Otherwise, customers might be able to create issues but not view them after they've been created. See Configuring issue-level security.

Service Management Collaborators
  • Browse Projects (This permission gives users access to the issues in Jira. They cannot see the service project interface, e.g. Queues.)
  • コメントの追加 (この権限により、ユーザーは内部コメントを追加することができます。)
  • 添付ファイルの作成
最終更新日 2020 年 11 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.