Jira Agile のカスタム フィールドの翻訳

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

 

プラットフォームについて: Server と Data Center のみ - この記事は、サーバーおよびデータセンター プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

上述の変更を行う前に、バックアップが作成されていることを確認してください。上述の変更はアトラシアンのサポート対象ではなく、変更はご自身の責任で行う必要があります。

問題

https://translations.atlassian.com/ の言語パックを使用しているときに、カスタム フィールドが翻訳されていない場合があります。カスタム フィールドは「カスタム フィールドの翻訳」ドキュメントで説明されているように、さまざまな言語に翻訳されます。しかしながら、Jira Agile のカスタム フィールドはロックされているため、このような変更を行うことはできません。

ソリューション

  1. 以降で説明している方法を利用し、翻訳したいすべての Jira Agile カスタム フィールドのロックを解除します。

    1. データベースに対して次のクエリを実行し、Jira Software のカスタム フィールド ID を確認します。

      SELECT id,customfieldtypekey,cfname from customfield where customfieldtypekey like 'com.pyxis.greenhopper.jira%';

      次のような結果が返されます。

        id   |                         customfieldtypekey                         |         cfname
      -------+--------------------------------------------------------------------+-------------------------
       10204 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-global-rank                          | Rank
       10205 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-sprint                               | Sprint
       10206 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-epic-link                            | Epic Link
       10207 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-epic-label                           | Epic Name
       10208 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-epic-status                          | Epic Status
       10209 | com.pyxis.greenhopper.jira:gh-epic-color                           | Epic Colour
       10211 | com.pyxis.greenhopper.jira:greenhopper-releasedmultiversionhistory | Release Version History
    2. managedconfigurationitem テーブルの item_id コラムの該当するエントリを参照し、ロックを解除したいフィールドの id を一致させる必要があります。

      SELECT * from managedconfigurationitem;
        id   |      item_id      |  item_type   | managed | access_level |                       source                       |      description_key
      -------+-------------------+--------------+---------+--------------+----------------------------------------------------+----------------------------
       10000 | customfield_10204 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
       10001 | customfield_10205 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
       10002 | customfield_10206 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
       10003 | customfield_10207 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
       10004 | customfield_10208 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
       10005 | customfield_10209 | CUSTOM_FIELD | true    | LOCKED       | com.pyxis.greenhopper.jira:reference-select-locked | gh.customfield.locked.desc
    3. ロックを解除したいすべてのフィールドの managed 列を false に設定する必要があります。たとえば、次の例は Epic Status と Epic Colour をアンロックします。

      UPDATE managedconfigurationitem set managed='false' where item_id in ('customfield_11208','customfield_11209');

      注: 上述の変更のあと、"access_level" 列は "LOCKED" 値のままになりますが、カスタム フィールドは UI でロック解除されます。

  2. UI に戻ります。ドキュメント「カスタム フィールドの翻訳」に従って Agile のカスタム フィールドを翻訳できるようになっているはずです。
  3. 次に、翻訳した Agile カスタム フィールドを持つ任意の課題を開き、翻訳した値が使用されていることを確認します。

  4. アンロックした Agile カスタム フィールドのロックを戻します。フィールドをロックするには、managed 列を true に設定します。次の例は Epic Status と Epic Colour をロックします。

     UPDATE managedconfigurationitem set managed='true' where item_id in ('customfield_11208','customfield_11209');

    これらのフィールドは起動時に、プラグイン内の自動タスクによって再びロックされます。

 

 

最終更新日: 2016 年 2 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.