Reset a user's login count from the database in Jira server

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プラットフォームについて: Server および Data Center のみ。この記事は、Server および Data Center プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

Support for Server* products ended on February 15th 2024. If you are running a Server product, you can visit the Atlassian Server end of support announcement to review your migration options.

*Fisheye および Crucible は除く

症状

When trying to gain access to a system, it is possible that you are getting hit with a CAPTCHA, but do not have access to the admin UI to reset this.

ソリューション

データベースの変更を行う場合は 必ず事前にバックアップを取得してください。可能な場合はテスト サーバーで変更を試すことをおすすめします。

オプション 1:

Run this SQL query and see the login attempt count for USERNAME:

select * from cwd_user_attributes where user_id = (select id from cwd_user where user_name = 'USERNAME');

And Run the following UPDATE queries to effectively alter the count to '0':

update cwd_user_attributes set attribute_value = '0' where user_id = (select id from cwd_user where user_name = 'USERNAME') and attribute_name = 'login.totalFailedCount';
update cwd_user_attributes set attribute_value = '0' where user_id = (select id from cwd_user where user_name = 'USERNAME') and attribute_name = 'login.currentFailedCount';

(info) This syntax was only tested on PostgreSQL


オプション 2:

最終更新日: 2024 年 2 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.