Removing Orphaned SLAs from the database

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


プラットフォームについて: Server および Data Center のみ。この記事は、Server および Data Center プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

Support for Server* products ended on February 15th 2024. If you are running a Server product, you can visit the Atlassian Server end of support announcement to review your migration options.

*Fisheye および Crucible は除く

データベースの変更を行う場合は必ず事前にバックアップを取得してください。可能な場合は、まずステージング サーバーで SQL コマンドの変更、挿入、更新、または削除を行うようにします。

本記事で説明している手順は、現時点でのものとなります。そのため、一部のお客様で特定の状況下で動作したという報告がありますが、正式にサポートされているわけではなく、お客様の特定のシナリオで動作することを保証するものではありません。

本番環境での実施の前に一通り非本番環境で検証し、成功しなかった場合にはサポートされている代替案にフォール バックしてください。

また、アトラシアン サポートのサポート対象外のご質問の場合には、Community もご活用ください。


要約

On occasion deleting a project does not delete the SLA's associated to that project.  Due to database associations of SLAs with the deleted project, these SLAs cannot be removed from the UI, and instead must be deleted from the database directly.

環境

4.20.2

ソリューション

First, you'll need to get the ID of the SLA from the AO_54307E_TIMEMETRIC table. In the below query you'll need to replace <sla-name> with the name of the SLA to be removed:

SELECT ID FROM AO_54307E_TIMEMETRIC WHERE NAME='<sla-name>';

Based on the return from the above query, the ID will be used in the subsequent queries for the TIME_METRIC_ID  value. 

Next We then need to delete entries from the following 3 AO tables. We'll want you to replace <sla_id>  in the below queries with the value returned from the select query:

DELETE FROM AO_54307E_METRICCONDITION WHERE TIME_METRIC_ID=<sla_id>;

DELETE FROM AO_54307E_THRESHOLD WHERE TIME_METRIC_ID=<sla_id>;

DELETE FROM AO_54307E_GOAL WHERE TIME_METRIC_ID=<sla_id>;

Now that the key constraints have been removed, you can delete the SLA from the AO_54307E_TIMEMETRIC table:

DELETE FROM AO_54307E_TIMEMETRIC WHERE ID=<sla_id>;

This should fully remove the SLA from your environment and from the UI within JSM.


最終更新日: 2023 年 1 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.