Jira Cloud の複数のインスタンスの統合

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

description2 つ以上の異なる Jira Cloud サイトを統合する方法や、Jira Cloud の1 つのプロジェクトをほかのサイトに移行する方法について説明します。

Jira Cloud では現在、複数のサイトの統合や、単体プロジェクトの他のクラウド サイトへのインポートはサポートされていません。しかしながら、ユーザーは回避策を利用できます。このページではこのような回避策と、それぞれのオプションでの考慮事項について説明します。 

最適な回避策をお探しの場合、移行のさまざまな方法についての情報をご確認ください。

Jira Cloud の複数のインスタンスを統合するための 3 つのアプローチは、次のとおりです。

  1. Jira Server にインポートし、Jira Cloud Migration Assistant を使用する

  2. Jira Server で複数のサイトを統合する

  3. CSV を使用して課題をインポートする

この機能リクエストの最新情報を受け取りたい場合、次の機能リクエストをウォッチしてください。JRACLOUD-72570 - Provide support for "Single Project" imports between Jira Cloud sites GATHERING INTEREST

移行期間中のサポートについて

週末や祝日に移行を行う場合、または 1,000 人以上のユーザーをクラウド製品に移行する場合、2 週間以上前にお知らせください。弊社で人員を用意し、移行を支援いたします。

アトラシアンでのクラウドへの移行のサポートについてご確認ください


1. Jira Server にインポートし、Jira Cloud Migration Assistant を使用する

最初のアプローチは、Jira Server サイトをセットアップし、クラウド データをインポートして、Jira Cloud Migration Assistant を使用してデータを別のクラウド サイトに移動することです。これは、セットアップや設定を保持するためのもっともシンプルなアプローチです。

2 つの Jira Cloud サイト、Jira Cloud AJira Cloud B があったとします。Jira Cloud B のすべてまたは一部の課題を Jira Cloud A に移動し、1 つの統合されたクラウド サイトが必要だとします。このプロセスを完了するには、次の手順を実行します。

  1. Jira Server の最新バージョンをインストールします無料の評価用ライセンスを使用できます。 

  2. Jira Cloud Bバックアップを作成します。ここには、Jira Cloud A にインポートしたいユーザーとプロジェクトが含まれます。

  3. Jira Server に、Jira Cloud B のデータをインポートします。

  4. Jira Cloud Migration Assistant を使用して、Jira Server から Jira Cloud A にプロジェクトを移動および統合します。


このアプローチはすべてのクラウド セットアップでは利用できない可能性があります。データの完全な移行を行う前に、この手法をテストすることをおすすめします。

このアプローチの制限事項

  • アプリのデータは移行されません。 

  • Jira Service Desk はサポートされていません。

  • 一部のフィールドや構成はサポートされない可能性があります。この方法を選択する前に Jira Cloud Migration Assistant で移行されるデータの一覧をご確認ください。

  • サーバー アプリケーションのインストールおよびセットアップ方法についての知識が必要です。

  • 本番環境のクラウド サイトへのインポートを行う前に、テスト用のクラウド サイト (無料トライアルで作成可能) でインポートのドライランを行い、ユーザー テストを行うことを強くおすすめします。これにより、移行中に発生する可能性がある問題を確認し、事前に解決できます。


2. Jira Server で複数のサイトを統合する

このアプローチでは、個々のインポートのインポートが可能である Jira Server アプリケーションを一時的に使用します。この方法ではサイト全体を統合することも、特定の Jira Cloud サイトの特定のプロジェクトのみをほかのサイトにインポートすることもできます。


この方法を使用する場合、すべての Jira Cloud サイトの Jira バックアップを取得し、それらを一時的な Jira Server アプリケーションで統合して、それを最終的なクラウド サイトにインポートして戻す必要があります。


2 つの Jira Cloud サイト、Jira Cloud AJira Cloud B があったとします。Jira Cloud B のすべてまたは一部のプロジェクトを Jira Cloud A に移動し、1 つの統合されたクラウド サイトが必要だとします。このプロセスの概要は次のとおりです。

  1. Jira Server の最新バージョンをインストールします無料の評価用ライセンスを使用できます。 
  2. Jira Cloud B のバックアップを作成します。ここには、Jira Cloud A にインポートしたいプロジェクトが含まれます。
  3. Jira Server に、Jira Cloud B のデータをインポートします。
  4. Jira Server の XML バックアップを作成します。これは以降でプロジェクト インポートに使用します。
  5. Jira Cloud A のバックアップを作成します。
  6. Jira Server に、Jira Cloud A のバックアップをインポートします。
  7. ステップ 4 で作成した Jira Server バックアップを使用し、Jira Cloud B で必要なプロジェクトを Jira Server にインポートします。これで、Jira Cloud A と Jira Cloud B の両方から取得した必要なプロジェクトが Jira Server 内に揃います。

    添付ファイルが含まれない場合、プロジェクト復元の際、インポートされたプロジェクトには添付ファイルが関連付けられません。添付ファイルのデータベース エントリーが不足しているため、添付ファイルを個別に復元することはできません。

  8. すべての必要なプロジェクトを正常にインポートしたら、Jira Server のバックアップを作成します。 

  9. 最終的な Jira Cloud サイトにバックアップ ファイルをインポートします。

このアプローチの制限事項

  • アプリのデータとユーザーは移行されません。 
  • サーバー アプリケーションのインストールおよびセットアップ方法についての知識が必要です。
  • 特に大規模なサイトの場合、サイトの統合には時間がかかります。
  • 本番環境のクラウド サイトへのインポートを行う前に、テスト用のクラウド サイト (無料トライアルで作成可能) でインポートのドライランを行い、ユーザー テストを行うことを強くおすすめします。これにより、移行中に発生する可能性がある問題を確認し、事前に解決できます。

3. CSV を使用して課題をインポートする

別のアプローチとして、課題を CSV 経由でエクスポートおよびインポートできます。このアプローチは一般に、サーバー アプリケーションのインストール経験が少ない場合や、少数のプロジェクトや課題を移行したい場合に推奨されます。

2 つの Jira Cloud サイト、Jira Cloud AJira Cloud B があったとします。Jira Cloud B のすべてまたは一部の課題を Jira Cloud A に移動し、1 つの統合されたクラウド サイトが必要だとします。このプロセスの概要は次のとおりです。

  1. Jira Cloud B で対象のプロジェクトのすべての課題を検索し、それらを CSV としてエクスポートします。

  2. Jira Cloud A サイトに空のプロジェクトを作成します。

  3. Jira Cloud A サイトのプロジェクトに CSV ファイルをインポートします。

添付ファイルも移行したい場合、追加のステップをご利用ください。 

このアプローチの制限事項

  • アプリのデータとユーザーは移行されません。 
  • CSV ファイルをインポートする前に、宛先サイトでプロジェクトを再作成し、ワークフロー、権限スキームなどを含むプロジェクト構成をセットアップする必要があります。この手動構成には時間がかかる可能性があります。
  • このアプローチは課題の統合のみを行い、プロジェクト全体を統合することはできません。
  • 課題の履歴 (課題のトランジションや更新のタイムスタンプ) は保持されません。
  • 添付ファイルをインポートするには追加のステップに従う必要があります。
  • Jira 課題の [mentioned on] セクションにある Confluence ページへのリンクはインポートされません。詳細情報を確認したり、課題の解決に投票したりできるオープンな機能リクエストがあります。

詳細情報とサポート

クラウドへの移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

最終更新日 2020 年 3 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.