Closed or resolved issues appear in a scrum board backlog in Jira server

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プラットフォームについて: Cloud、Server、および Data Center - この記事はすべてのプラットフォームに適用されます。

Note: This KB article applies to older versions of Jira 6 and early 7 versions. In Jira 8, this KB no longer applies. In the recent versions, even if you have the Closed issues mapped to the last column of the board and the resolution field is set, they are still gets listed in the backlog with a strike-through, this is the default behavior. A workaround would be to create a new board quick filter name it such as "Unresolved issues" to only list/filter out the issues which are yet to be resolved.

Steps to create the quick filter: click on Board > Scrum Board > Configure Board> quick filter. 

問題

プロジェクトのクローズ済みの課題がスクラム ボードのバックログに突然表示されるようになった。

原因

Jira Software は、スクラム ボード設定の最後の列にある課題はバックログ セクションに表示しません。クローズした課題がボードの最後の列にマッピングされていない場合、それらはバックログに表示されます。

たとえば次のような構成を検討します。 

      

ソリューション

  • この問題を修正するには、ボードの列設定で最後の列を "Done" 列として設定する必要があります。これを行うことにより、クローズ済みの課題がスクラム ボードのバックログに表示されなくなります。

説明プロジェクトのクローズ済みの課題がスクラム ボードのバックログに突然表示されるようになった。
製品Jira
プラットフォームServer, Cloud
最終更新日 2021 年 8 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.