CSV インポートを利用して課題を作成する

課題とサブタスクを作成する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

CSV インポーターを使用して課題を一括作成または一括更新できます。次の内容を行う必要がある場合、システム管理者が課題のインポートを実行する必要があります。

  • サブタスクの作成
  • 添付ファイルをインポートする
  • 新規フィールドの追加
  • 複数のプロジェクトへのインポート

CSV インポーターを使用する前に、課題を作成または更新するプロジェクトに関して、課題の作成プロジェクト権限一括変更グローバル権限を持っていることを確認します。新しい課題はインポート先のプロジェクトのワークフローに従います。

管理者は、Github、Fogbugz、および Bugzilla などの他のシステム向けに特に設計された、その他のインポートオプションにアクセスできます。外部システムから大量の課題をインポートすることを計画している場合、管理者は、CSV からのデータのインポートを含め、他の課題トラッカーからの移行を行うことで、高度なインポート機能を利用できます。

CSV インポートを利用するには2つの手順を実行します。3 番目の手順はオプションです。

  1. CSV ファイルを準備する
  2. CSV インポート ウィザードを実行します。
  3. 将来の利用のために設定を保存します。

このページの内容:

CSV ファイルの準備

CSV ファイルの構造は、Microsoft Excel の既定の CSV 形式に基づいて作成できます。フィールドはコンマで区切り、文字どおりに扱う必要のあるコンテンツ (コンマ、改行、キャリッジ リターンなど) は、引用符で囲む必要があります。Microsoft Excel と OpenOffice では、セル内の値は自動的に引用符で囲まれます。このため、これらの値を手動で引用符で囲む必要はありません。 

CSV ファイルの要件

要件
詳細
各 CSV ファイルには、句読点なしの [要約] 列を持つ見出し行が存在しなければならない

CSV ファイルのインポート ウィザードは、CSV ファイルの見出し行を使用して、ファイルの 2 行目以降のデータを Jira のフィールドにどのようにマッピングするかを決定します。

ヘッダーが以下のようになっていることを確認します。

  • 句読点が含まれていない (各列を区切るコンマは除く)
  • 要約データの列が含まれている
列とフィールドをカンマで区切る

たとえば、以下は有効です。

 

Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority
"Test issue" , admin, admin,  1 , ,

 

これは最後の列が区切られていないため、無効になります。

 

Summary, Assignee, Reporter, Issue Type, Description, Priority
"Test issue" , admin, admin,  1

 

CSV ファイルのデータを構造化する方法

データ タイプ
CSV ファイル構造
要約 これは唯一の必須フィールドです。
影響バージョン 各バージョンを単独の列に入力することで、複数の「影響バージョン」を持つ課題をインポートできます。
カスケード選択カスタム フィールド

カスケード選択形式のカスタム フィールドに値をインポートするには、次の構文を使用します。

 

Summary, My Cascading Custom Field
Example Summary, Parent Value -> Child Value

「->」セパレーターを使用すると、 階層をインポートできます。

CSV 経由でマルチレベル カスケード選択フィールドをインポートすることはできません。この制限に関する進捗状況はこちらで追跡できます。JRASERVER-34202 - CSV インポートでマルチレベル カスケード選択プラグイン フィールドをサポートできるようにする オープン

コメント本文 単独の列に各コメントを入力することで、複数のコメントを持つ課題をインポートできます。
コンポーネント 単独の列に各コンポーネントを入力することで、複数のコンポーネントを持つ課題をインポートできます。
複数行にまたがるデータ

Use double-quote marks (") in your CSV file to capture data that spans multiple lines. For example, Jira treats the following as a valid CSV file with a single record:

 

Summary, Description, Status
"Login fails" , "This is on
new  line", Open
期限 CSV インポート ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。
修正バージョン

単一の列に各バージョンを入力することで、複数の「修正バージョン」を持つ課題をインポートできます。

課題タイプ CSV ファイルで指定されていない場合、インポートされた課題は Jira のインスタンスで指定された既定の (最初の) 課題タイプに設定されます。詳細は、「課題タイプのフィールド値の定義」を参照してください。 
ラベル

以下の方法で複数のラベルが付いた課題をインポートできます。

  • 各ラベルを別の列に入力する
  • すべてのラベルを 1 列内に配置し、スペースで区切る
1 つの課題フィールドに集約する必要がある複数の値 

複数の値を受け入れる単一の Jira フィールド(修正対象バージョン、影響バージョン、コンポーネント、ラベルなど)には、複数の値をインポートできます。これを行うには、同じフィールドにインポートされる各値について、CSV ファイルで同じ列名を指定する必要があります。指定される列名の数は、マッピングされるフィールドに集約される値の最大数と一致している必要があります。

例:

 

IssueType, Summary, FixVersion, FixVersion, FixVersion, Component, Component
bug,  "First issue" , v1, , , Component1,
bug,  "Second issue" , v2, , , Component1, Component2
bug,  "Third issue" , v1, v2, v3, Component1,

上記の例では、2 番目の課題のコンポーネントフィールドと 3 番目の課題の 修正対象バージョンフィールドは、インポート後に、関連するフィールドに複数の値を生成します。

複数選択のカスタム フィールド

CSV ファイルに複数のエントリーを含めて、複数の値を持つ複数選択カスタム フィールドにデータを追加することができます。例:

 

Summary,Multi Select,Multi Select,Multi Select
Sample issue,Value  1 ,Value  2 ,Value  3
初期見積 (Original Estimate) このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。
その他のフィールド その他のフィールドをインポートする場合は、Jira カスタム フィールドにマッピングすることができます。カスタム フィールドが日付フィールドの場合、CSV インポーター ウィザードの 2 番目の手順で指定した日付形式を使用してください。
優先度 CSV ファイルで指定されていない場合、インポートされた課題は Jira インスタンスで指定された既定の (最初の) 優先度に設定されます。詳細は、「優先度フィールド値の定義」を参照してください。 
Project CSV データはプロジェクト単位でインポートされます。対象として既存の JIRA プロジェクトを指定できますが、指定しなくても、インポート時にインポーターが自動的に新規プロジェクトを作成します。
残余見積 (Remaining Estimate) このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。
特殊文字

Use double-quote marks (") around a section of text to treat special characters in that section literally. When the data is imported, these special characters are stored as part of Jira's field data. Examples of special characters include carriage returns/enter characters, commas, etc.

二重引用符を文字どおり扱うようにするため、もう1つ二重引用符を追加することができます。

 

"Clicking the " "Add" " button results in a page not found error"

 

Jira では、次のように表示されます。

 

Clicking the  "Add"  button results in a page not found error
所要時間 (Time Spent) このフィールドの値は、秒数で指定する必要があります。
作業ログ エントリー

CSV ファイルには作業ログ エントリを含めることができます。例:

 

Summary,Worklog
Only time spent (one hour), 3600
With a date and an author, 2012 - 02 - 10  12 : 30 : 10 ;wseliga; 120
With an additional comment,Testing took me  3  days; 2012 - 02 - 10  12 : 30 : 10 ;wseliga; 259200

経過時間の追跡には秒を使用する必要があることに注意してください。

CSV ファイルインポート ウィザードを実行する

はじめる前に: Jira インストールに既存のデータがある場合 — 既存の JIRA データのバックアップを取得します。 

  1. アプリケーション ヘッダーで、[課題] > [CSV から課題をインポート] をクリックします。
  2. インポートする CSV ファイルを選択します。 
  3. 以前のインポートでの構成ファイルがある場合、[既存の構成ファイルを使用する] を選択します。チェックボックスを選択しなかった場合、Jira はインポートの終了時に新しいファイルを作成します。
  4. [次へ] をクリックして必要な情報を入力します。CSV ファイルでコンマ以外の区切り文字を使用する場合、その CSV 区切り文字を指定します。区切りが Tab の場合、「/t」と入力します。
  5. [次へ] をクリックし、CSV ファイルの列見出しを選択したプロジェクトのフィールドにマッピングします。フィールドの値もマッピングするには、[フィールド値のマッピング] を選択します。作成されるすべての課題に概要が必要なため、1 つの CSV フィールドを必ず課題の概要フィールドにマッピングする必要があります。 

  6. もう一度 [次へ] をクリックして、前のステップで選択した CSV フィールド値のどれを課題フィールド値にマッピングするかを選択します。たとえば、"Feature Request" という CSV フィールド値を JIRA 課題タイプ フィールド値 "New Feature" にマッピングすることもできます。

  7. [検証] をクリックしてエラーや警告を確認します。
  8. [インポート開始] をクリックします。類似するフイールド値マッピングを持つ別の CSV ファイルを後からインポートする場合、構成ファイルを保存します。 
     
    • 値を現状のままインポートしたい場合は、フィールド値のマッピング時にフィールドを空欄のままにしておくか、フィールド内のコンテンツを消去します。
    • ユーザー名ベースの CSV フィールド (報告者または担当者など) のインポートで、このフィールドの [フィールド値のマッピング] オプションにチェック マークを付けない場合、CSV ファイルからインポートされるユーザー名は、インポート プロセスで自動的に Jira ユーザー名 (小文字) にマッピングされます。

    • インポートに問題が発生したときや、プロセスについて詳細が必要な場合は、詳細ログをダウンロードできます。

     

    お疲れ様でした。CSV データが JIRA に正常にインポートされました!ご不明な点や、問題が生じた場合は、Atlassian サポートにご連絡ください。
最終更新日 2018 年 7 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.