タスク管理

タスク管理プロジェクトテンプレートは、最も基本的なワークフローを設定するとともに、課題を作成し、できるだけ手間をかけずに完了できるように設計されています。JIRA Core の機能を使用することにより、必要なメンバーをチームに含め、組み込みのレポートダッシュボード検索を基にしたカスタムフィルターを使用して、作業をトラッキングできます。

無料トライアルのお申し込み 試用

追加設定不要で、タスク管理プロジェクトには以下の機能が備わっています。

ワークフロー

作業前 > 完了

課題タイプ

タスクおよびサブタスク。サブタスクは親タスクに属している必要があります。

課題フィールド サマリ、課題タイプ、報告者、添付ファイル、期限、説明、担当者、優先度、解決策、ラベル
解決状況 完了、作業しない、重複、再現不可
優先度 最高、高、中、低、最低

タスク管理プロジェクトではさまざまなことができます。少しカスタマイズすれば、さらに多くのことができます。使用方法について例をいくつか見て、ニーズに合うようにカスタマイズしてください。

ユースケース オンボーディング - 初日、最初の週の新入社員の受け入れを行います。
何のビジネスプロジェクト
で開始するべきですか? 

タスク管理 - タスクとサブタスクの課題タイプを伴う、作業前 (To do)、完了 (Done) といった簡易なワークフローを提供します。

どのように行うのですか。
  1. 社員に対し、新しいタスクを作成します。
  2. 個別作業が必要となるサブタスクをすべて作成します。あなたは、机と椅子が利用可能であることを確認したり、ラップトップ PC を配布し、または建物のアクセスカードが付与されていることを確認する必要があるかもしれません。 
  3. 関連するタスクの遂行をする責任者に各サブタスクを割り当てます。彼らがタスクを完了した際、サブタスクを完了させることができます。
  4. サブタスクが完了したら、親タスクを完了できます。新しい社員に対する準備は完了しました。
どのように表示されますか?
もっと簡単にすることはできますか? 「ちょっとまって、新人の受け入れの度にサブタスクの作成はしたくない!」と思うかもしれませんが、その必要はありません。すべての関連するサブタスクをまとめたタスクを 1 つ設定し、オンボーディングという名前を付けます。新しい社員を受け入れるとき、そのタスクを検索し、JIRA Core の複製 (クローン) 機能を利用して、すべての関連するサブタスクを含む新しいタスクを作成することができます。タスクをリネームすることによって、タスクがどの新入社員のものなのかを判別することができるでしょう。タスクの複製をしたときに JIRA Core によって関連するメンバーがタスクに自動的にアサインされるように、サブタスクを担当者にアサインできまです。
他のカスタマイゼーション オンボーディング(新人受け入れ)は広範囲なものであり、新人に物を細々と配備するだけではなく、受け入れの最初の週にチームとランチをしたり、就業規則のトレーニングをしたり、オフィスツアーをしたりといったことを確実に行いたいかもしれません。ニーズに合わせてプロジェクトのワークフローをカスタマイズすることができ、親タスクを各ステップのそれぞれの責任者に割り当てます。タスクで利用可能なフィールドをカスタマイズするかを決めることができ、途中で必要な情報(トレーニングのスコア、提供された機器の資産管理番号等)を確実に記録を行います。オンボーディングを実現するように JIRA Core を設定します。複雑にも簡易にも設定可能です。

 

最終更新日 2017 年 8 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.