プロセス管理

プロセス管理プロジェクトは、JIRA Core で設定できるやや複雑なワークフローを備えたプロジェクトの例です。ワークフローでは、どのように作業を作成、進行し、それをレビュー、承認させ、最終的に完了させるか、例を示しています。ワークフローをもっと知りたい場合は、ワークフローで作業するを参照し、JIRA Core を最大限に活用するためにワークフローでできることを確認してください。

無料トライアルのお申し込み 試用

既定では、プロセス管理プロジェクトは以下のように設定されています。

ワークフロー

理想を言えば、作業が「開始 > 進行中 > レビュー中 > 承認済み > 完了」となるはずですが、実際には「却下」や「中止」により作業が前のステータスに戻される「オプション」が生じます。

課題タイプ

タスクおよびサブタスク。サブタスクは親タスクに属している必要があります。

課題フィールド サマリ、課題タイプ、報告者、添付ファイル、期限、初期見積もり、残余見積もり、説明、担当者、解決策、ラベル
解決状況 完了、作業しない、重複、再現不可
優先度 最高、高、中、低、最低

プロセスは必要に応じて簡単にも複雑にもできます。JIRA Core を利用すればその実現が可能です。何ができるのか、さらにいくつかのポイントについて例を見てみましょう。

ユースケース 購入 - 承認を得るために投資対効果検討書を作成し、提出します
何のビジネスプロジェクト
で開始するべきですか? 

プロセス管理 - これは、オープン (Open) > 進行中 (In Progress) > レビュー中(Under Review) > 承認済(Approved) > 完了(Done) のワークフローを提供し、タスクとサブタスクの課題タイプを伴います。

どのように行うのですか。
  1. 投資対効果検討書で承認を得るためにそれぞれに新しいタスクを作成します。
  2. タスクには関連する詳細な情報、ドキュメントやスプレッドシード、投資対効果検討書を補足する情報を追加します。 
  3. タスクを「レビュー中」に移動させ承認者(マネージャーまたは購買部のメンバーなど)に割り当てる
  4. 承認後、最終的な段階は、購入要リクエストをあげるか、または購入を完了させるために他のシステムにデータを移すということになります。いずれにしても、課題は完了し、終了します!
どのように表示されますか?
もっと簡単にすることはできますか? はい!JIRA Core の多くの機能、とりわけコメントや他メンバーのメンション(協業を活用する)を利用することができ、投資対効果検討書を完了させるのに必要な情報を確実に集めることができます。ワークフローを通じて、適切な時に関連する人々にタスクをアサインすることで、必ず彼らのやるべきリストにそれが追加され、通知が送られ、さらに準備が完了していることをメールで受け取ることになります。
他のカスタマイゼーション ワークフローを変更したいと思うかもしれません。2人目の承認者を追加する必要があるかもしれません。タスクをワークフローを通じて、適切な人に自動的にアサインすることを検討したいかもしれません。対応する投資対効果検討書によって違う課題タイプを追加し、それぞれの課題タイプで別ワークフローを追加したいと思うかもしれません(もちろんステータスによって適切な担当者で!)JIRA Core でこれを実現することができます。

最終更新日: 2016 年 12 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.