課題の作業を記録する

Jira Core は、チームのニーズに応じて、見積とトラッキング統計をさまざまに設定する柔軟性を備えています。タイムトラッキングは、プロジェクトのスケジュール立案とレポートによる時間予想の管理を特色としています。このレポートは、すべての課題について初期の推定所要時間と現在の推定所要時間を表示し、初期のスケジュールに対して進んでいるか、遅れているかを示します。チームは製品の提供までに要する時間を見積もり、作業をすべて完了できると確信を持っていなければならない場合がよくあります。課題のタイムトラッキング カラーバーを監視しているだけで、トラッキング中の時間情報を簡単に追跡できます。

このページの内容:

時間管理が課題にどのように表示されるかは以下の通りです。 

  • 見積フィールドは、課題を解決するために予想された総時間を表示します。
  • 残りフィールドは、現在予想される課題を解決するために必要な総時間です。 
  • 記録済は 課題に対するこれまでの記録済み作業時間です。
  • 課題と全てのサブタスクの総合計を表示するかどうかを選択します。

初めて作業時間のログをとる際は、初期見積 から 消費時間 が差し引かれ、結果の値が自動的に 残余見積 として表示されます。その後の作業のログでは、残余見積 から 消費時間 がその都度差し引かれます 。

はじめる前に

  • Jira 管理者がタイムトラッキングを有効にしていることを確認します。
  • 課題に対する作業、作業ログの削除、作業ログの編集の各プロジェクト権限 を持っていることを確認します。

    注意: プロジェクトの閲覧権限を持つユーザーは誰でも、課題の時間管理情報を表示できます。

課題に見積時間を設定する

チームは、課題を解決するために必要な時間を計算するために、課題の時間見積を設定できます。

  1. 課題を開き、編集を選択します。
  2. 課題編集ウィンドウをスクロールダウンし、次の時間管理フィールドを入力します: 

    フィールド 説明
    初期見積 (Original Estimate) 時間の見積は課題の解決に必要です。作業時間を記録した後で初期見積値を変更する場合、Jira 管理者にタイムトラッキングのレガシー モードを無効にするよう依頼します。
    残余見積 (Remaining Estimate) 残余見積 — 現在の状態の課題を解決するために必要な推定時間。

    JIRA の時間管理機能がレガシーモードであり、作業ログを開始していない場合、初期見積フィールドだけが表示されます。作業時間のログを開始した後は、残余見積フィールドだけが表示されます。

    ヒント/休憩 Sketch で作成されました。

    ヒント:

    • 時間の値「X」のあとに、Xw、Xd、 Xh、Xm など、追加の時間単位を指定して、それぞれ週 (w)、日 (d)、時間 (h)、分 (m) を表すことができます。時間単位を指定せずに数値を入力 (例:「2h」ではなく、「2」と入力) すると、Jira 管理者が指定した 既定の時間単位 が適用されます。
    • デフォルトの変換率は、W 1 = 5 dおよび1 D = 8 H。
  3. 更新を選択します。
初めて課題の作業ログをとる際は、初期見積 から 消費時間 が差し引かれ、結果の値が自動的に 残余見積 として表示されます。その後の作業のログでは、残余見積 から 消費時間 がその都度差し引かれます。
さらに、課題に関して作業が記録されると、時間管理情報に基づいた 様々なレポート が利用可能になります。

課題の作業ログの作成

特定の課題の作業を開始すると、以下のステップで作業をロギングすることができます:

  1. 作業を記録したい課題を選択します。
  2. その他 > 作業の記録 に移動します。
  3. 作業ログ フィールドに入力し、ログを選択します: 

    作業記録フィールド 説明
    消費時間 課題に要した消費時間。この課題に対してログをとった時間の集計です。
    開始日 あなたがこの作業単位を開始した日付と時刻。
    残余見積

    ある作業単位を完了したあとに課題を解決するのに必要とされる予想総時間以下のオプションでこの値を調節できます。

    • 自動的に調整- 現在の残余見積から、消費時間フィールに記録された総時間を引くことによって残余時間を調整します。
    • 見積未設定 - このオプションは、課題に見積時間を何も指定していない場合にのみ表示されます。作業のトラッキングは続けるが、課題に見積時間を設定する必要がない場合に、このオプションを使用します。
    • 既存の見積を使用する- 課題の 残余見積 値を変更しない場合はこれを選択します。
    • 次に設定 - このフィールに指定した総時間を残余時間として調整します。
    • 次の分だけ減らす - 課題の 見積時間 値を指定された量だけ手動で減らす場合は、これを選択します。
    作業の説明

    仕事を進めたことに関する説明を入力します。

    コメント は既定で ワークフローの説明 にコピーされますが、JIRA 管理者は「コメントをワークフローの説明にコピーする」設定により、このオプションを変更できます。この設定が無効になっている場合:

    • 作業ログ エントリは、誰でも表示可能になっている可能性があります。その懸念がある場合は、作業ログ エントリを作成した後で、これを編集して表示設定を変更する必要があります。
    • あなたが仕事を記録した後、手動でワークフローの記述にコメントをコピーする必要があります。

課題の解決やクローズをする時にクローズ時に作業記録フィールドを編集して作業を記録することもできます。南京錠アイコンをクリックして、この作業ログを特定のプロジェクトロールまたはグループのメンバーのみ表示できるように設定するか、すべてのユーザーが表示できるように設定します。

作業ログ エントリの編集

自分の作業ログの編集権限が付与されている場合、自分の作業ログエントリを編集できます。また、すべての作業ログの編集権限が付与されている場合、他のユーザーの作業ログエントリも編集できます。

作業ログ エントリの削除

自分の作業ログの削除権限を付与されている場合、自分の作業ログエントリを削除できます。また、すべての作業ログの削除権限を付与されている場合、他のユーザーの作業ログエントリを削除できます。

  1. 目的の課題に移動し、作業の記録タブを開きます。
  2. 作業の記録 エントリの上にマウスを移動し、エントリに対するアクションを右側に表示します。 
  3. 削除するエントリを選択し、ごみ箱アイコンをクリックします。作業ログの削除が残余見積に与える影響をどう設定するか選択を求められます:

    任意のフィールド 説明
    自動調整 作業ログ エントリの 消費時間値を課題の現在の 残余見積値に自動的に 追加 する場合はこれを選択します。
    現在の見積を残す 課題の 残余見積 値を変更しない場合は、このオプションを選択します。
    残余見積時間を設定する 課題の 残余見積値を指定された量に手動で設定する場合はこれを選択します。
    残余見積時間を増やす 残余見積時間を増やすためにはこのオプションを選択します。
  4. 削除をクリックします。

カスタマイズされたJIRA インストール

JIRA 管理者が作業ログフィールドや時間管理フィールドを画面に追加することにより、JIRA アプリケーションをカスタマイズできます。これにより、ユーザーは課題の編集や作成、または課題を別のステータスへトランジションするなど、JIRA の操作を行いながら、同じ JIRA の画面上で作業ログをとったり、時間見積を指定したりできます。

同じ JIRA 画面上で作業の記録および/あるいは推定時間を指定するには:

  1. 課題に移動し、その詳細を表示します。
  2. 同じ JIRA 画面上で作業の記録および推定時間の指定を許可するカスタムの JIRA 操作を実行します。たとえば、JIRA 管理者が時間の記録フィールドを課題の解決画面に追加したとします (およびこの画面には既定のログ作業フィールドも保持されていると想定します) 課題上部にあるワークフロー > 課題の解決を選択します。

  • JIRA 管理者が 作業ログフィールドをオプションに設定している場合、ユーザーは作業ログ チェックボックスにチェックマークを付けて、ログをとるかどうか選択できます。
  • JIRA 管理者が作業ログを必須にしている場合、作業ログ チェックボックスは表示されず、課題をトランジションする際には、選択ではなく必ず作業ログをとる必要があります。
最終更新日 2017 年 5 月 25 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.