プロジェクトの課題をカスタマイズする

課題とは、プロジェクトで完了する必要がある作業ごとのパッケージです。課題は課題フィールドで作成され、課題フィールドには課題のデータが収められています。課題の定義に役立つデータは大変重要です。サマリ、詳細説明、締め切り日、いつどこで作業が必要か、など課題に関する重要な情報を収納することができます。JIRA Core ではこのフィールドの設定や様式を変更することでカスタマイズして、チームのニーズに合わせることができます。以下の選択が可能です:

  • フィールド様式を変更する(フィールドの記述変更、フィールドの表示/非表示設定、フィールドの必須/オプション設定等)
  • 既定値が設定されたフィールドに好みの値を設定する(解決策とステータス等)
  • 新しい「カスタム」フィールドを作成する
  • フィールドに異なるレンダラーを設定する
  • 画面にフィールドを配置する
  • それぞれの課題運用でどの画面を表示させるかを選択する。(例:「課題を作成する」、「課題を編集する」) または、ワークフローの遷移(例:「課題の解決」、「クローズ」)

課題のカスタマイズがチームに与える利点の簡単な例のひとつが、課題を作成した際にフィールドを「必須」と設定できる点です。これにより、課題を解決するための作業に必要な必須情報を、常に確実に取得することができます。これを画面トップの必須フィールドと繫げれば、課題作成者が使用しないフィールドを非表示にしていても、ユーザーが課題を見て可能な限り早く必須フィールドを完了できるように設定できます。

カスタマイズ前

カスタマズ後

課題をカスタマイズするには、Jira 管理者である必要があります。課題のカスタマイズの詳細な情報については、Jira 管理者向けドキュメントを参照してください。

最終更新日 2018 年 7 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.