課題とサブタスクを作成する

すべてのプロジェクトの構成要素は課題です。課題は、作業の完了に至るまでの間、プロジェクト内のそれぞれのワークフローにしたがって移動する作業パケットとして機能します。また、個別に作業を割り当て、トラッキングできるサブタスクを作成するだけでなく、課題レベルセキュリティを設定して、課題へのアクセスをチームの選択メンバーに制限できます。このページでは、課題とサブタスクの作成や変換、課題レベルセキュリティの設定について詳しく説明します。CSV ファイルを使用して、複数の課題(およびサブタスク)をインポートしようとしている場合、こちらでインポート処理の詳細な説明を参照できます。

はじめる前に

課題が関連するプロジェクトの 課題の作成 プロジェクト権限 が必要です。

このページの内容:

課題の作成

  1. 画面上部の 作成 をクリックして、 課題の作成ダイアログボックスを開きます。
  2. 課題の作成ダイアログボックスで、該当の プロジェクト と 課題タイプ を選択します。
  3. 課題のサマリを記述し、適切なフィールドにすべて入力します。少なくとも、アスタリスクのマークが付いている必須フィールドには入力します。
    このダイアログボックスに表示されていないフィールドにアクセスする場合、または既存のフィールドを非表示にする場合:
    1. 画面の上部右にあるフィールドの設定ボタンをクリックします。
    2. カスタム をクリックして、 該当のチェックボックスを個別に選択またはクリアし、表示または非表示にするフィールドを選択します。または、すべてをクリックして、すべてのフィールドを表示します。
      次に課題を作成するとき、これらの選択したフィールドが表示されます。
  4. オプション: 同じプロジェクト課題タイプを使用して、同様の課題をまとめて作成するには、ダイアログの下部にある もう 1 つ作成チェックボックスを選択します。
  5. 課題の内容に問題がなければ、作成ボタンをクリックします。 

課題を複製

課題を複製すると、同じプロジェクト内の課題を素早く複製できます。複製された課題には、元の課題に保存されている情報と同じ情報がほとんど含まれています。 たとえば、 サマリ、影響バージョン、コンポーネントなどです。その他の詳細 (例: 作業ログ、コメント、課題履歴、Confluence ページへのリンク) は複製されません。課題ステータスも対応するワークフローの最初のステップに戻り、解決状況はクリアされます。複製した課題を元の課題にリンクすることは可能ですが、必須ではありません。

  1. 複製を作成する JIRA 課題を開きます。
  2. その他 >> 複製を選択します。 課題の複製画面が表示されます。
  3. 複製課題のサマリは、必要に応じて編集できます。
  4. 複製している課題に適用可能な場合、次のオプションも選択できます。
    • サブタスクを複製し、既存のサブタスクをコピー
    • 添付ファイルを複製し、既存の添付ファイルに追加
    • リンクを複製し、既存のリンクされた課題を追加
    • スプリント値を複製し、課題の現在のスプリント値とクローズしたスプリント値全体をコピー
  5. 作成をクリックします。

サブタスクを作成する

課題のサブタスクを作成することによって、課題を小さなチャンクに分割するか、または課題のさまざまな側面を別々の人に割り当てることができます。サブタスクが課題の解決を遅らせているとわかった場合、サブタスクを課題に変換して、サブタスクの作業を独立して行うことができます。ある課題が実は大きな課題のサブタスクにすぎないとわかった場合は、課題をサブタスクに変換できます。

管理者がサブタスクを有効にし、サブタスクの課題タイプをプロジェクトの課題タイプ スキームに追加している場合にのみ、サブタスクを作成できます。

  1. 作成しようとしているサブタスクの親課題にする課題へ移動します。
  2. 詳細 >  サブタスクの作成を選択します。サブタスクの作成画面が表示されます。
  3. 必要な詳細を入力し、ページの下部にある作成をクリックします。

サブタスクを作成する場合、以下の値は親タスクから継承されます。

  • project
  • 課題セキュリティ レベル
  • (ある場合は)スプリント値(JIRA Software 課題の場合のみ)

ヒントサブタスクの作成画面をカスタマイズして、最もよく使用するフィールドを表示できます。これを行うには、ダイアログの右上隅にあるフィールドの設定をクリックし、すべておよびカスタムリンクを使用して、デフォルト画面とカスタム設定画面を切り替えます。変更内容は、今後の使用のために保存されます。

サブタスクを課題に変換

  1. 変換するサブタスク課題に移動します。
  2. その他 > 課題に変換をクリックします。
  3. ステップ1の、課題タイプの選択画面で、新しい課題タイプを選択し、次へを選択します。
  4. サブタスクの現在の状態が、新しい課題タイプで許可されていない場合、ステップ2で新しい課題の選択画面が表示されます。新しいステータスを選択し、次へをクリックします。
  5. ステップ 3で フィールドの更新画面が表示されます。ここでは必要に応じて、追加フィールドに入力するよう求められます。それ以外の場合は、「すべてのフィールドは自動的に更新されます」というメッセージが表示されます。次へ をクリックします。
  6. ステップ 4 で確認画面が表示されます 。課題の新しい詳細に問題がなければ、完了をクリックします。
  7. 課題が表示されます。親の課題番号が画面の上部に表示されなくなり、これがサブタスクではなくなったことがわかります。

課題をサブタスクに変換

  1. 変換する課題に移動します。
  2. 詳細詳細 > サブタスクに変換を選択します。
  3. ステップ 1で、親課題およびサブタスクタイプの選択 画面で、 適切な親課題タイプと新規の課題タイプ (サブタスク課題タイプ) を入力するか、選択します。次へをクリックします。
  4. 課題の現在のステータスが新規の課題タイプに許可されているステータスではない場合、ステップ 2. 新しいステータスの選択画面が表示されます。新しいステータスを選択して、次へをクリックします。
  5. ステップ 3で フィールドの更新画面が表示されます。ここでは必要に応じて、追加フィールドに入力するよう求められます。それ以外の場合は、「すべてのフィールドは自動的に更新されます」というメッセージが表示されます。次へ をクリックします。
  6. ステップ 4 で確認画面が表示されます 。課題の新しい詳細に問題がなければ、完了をクリックします。
  7. 課題が表示されます。親の課題番号が画面の上部に表示されており、これがサブタスクであることがわかります。

注意:課題にサブタスクがある場合は、課題をサブタスクに変換できません。まず、課題のサブタスクをスタンドアローン課題に変換する必要があります。その後、必要に応じて、その課題を別の課題のサブタスクに変換できます。サブタスクを1つの課題から別の課題へ直接移動することはできません。サブタスクを標準課題に変換してから、新しい親課題のサブタスクに変換する必要があります。

課題へのアクセスを制限する

課題の作成 (または編集) 時に、その課題へのアクセスを制限し、選択したセキュリティレベルのチームメンバーのみアクセス可能にすることができます。課題のセキュリティレベルを設定するには、管理者がユーザーを該当の課題セキュリティ レベルに追加し、該当のプロジェクトの「課題セキュリティの設定」権限も付与する必要があります。 

  1. 関連する課題を作成/編集します。
  2. セキュリティレベル ドロップダウン フィールドで、課題に必要なセキュリティレベルを選択します。表示されるのは、自分が所属しているセキュリティレベルのみです。
  3. 課題を保存します。これで指定のセキュリティレベルのメンバーのみがアクセスできるようになります。
    このセキュリティレベルのメンバーでないユーザーは、その課題にアクセスできず、どのフィルター、クエリ、統計にも課題は表示されません。 
最終更新日 2017 年 5 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.