プロジェクトの管理

JIRA Core の作業は全て、プロジェクトにある課題について作業をすることです。JIRA Core プロジェクトは課題のコレクションであり、課題は完了するべき作業の基本的な単位です。プロジェクトでは、それぞれの課題に適用するプロセス(関連するワークフローを通して)を適用することが可能です。休暇をトラッキングするプロジェクト、マーケティングのキャンペーンを確認するためのプロジェクトを作成したりと JIRA Core で必要に応じたプロジェクトの調整を行うことができます。 

プロジェクトの詳細

プロジェクトは、名前、プロジェクトキー、プロジェクトリーダーを持つ必要があります。これらの詳細は、プロジェクトとその中の課題を識別するのに役に立ちます。

さらに詳しく : プロジェクトの詳細を編集する 

プロジェクトアクセス

プロジェクトへのアクセスは、プロジェクトロールのメンバーを編集することによってコントロールされます。個別のユーザーやグループをプロジェクトロールに追加することが可能です。

さらに詳しく :  プロジェクトロールのメンバーシップを管理する

バージョン

バージョンは、プロジェクト内で、課題をグループ化する方法です。バージョンは、開始日と終了日を持ち、課題を日付による成果としてグループ化するのに有効です。

さらに詳しく: バージョンで作業を整理する

コンポーネント

コンポーネントはプロジェクト内の課題をグループ化する別の方法です。コンポーネントは、日付を持ちませんが、その分野の専門家(サブジェクトマターエキスパート)となるリードやその分野のチームリードとなる人を持つことが可能です。

さらに詳しく: コンポーネントで作業を整理する

ワークフロー

それぞれのプロジェクトは、課題に適用する少なくとも1つのワークフローを持ちます。ワークフローは、課題の作成から完了まで、課題がどのように進行するかを制御します。 

もっと詳しく知る: ワークフロー

課題

課題とはプロジェクト内で完了する必要のある作業の単位です。それぞれの課題はフィールドという情報を保持しています。フィールドを変更して課題をカスタマイズし、課題を完了させるのに必要な情報を持つようにします。

さらに詳しく:プロジェクトの課題の設定

最終更新日 2017 年 5 月 18 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.