権限の概要

Jira アプリケーションの概要

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Jira アプリケーションで設定できる権限の種類について説明します。

権限とは

権限とは、Jira アプリケーション内でユーザーが何を参照したり実施することができるかの設定です。すべてのJiraのアプリケーションでは、ユーザーが新しいプロジェクトを作成できるかどうか、ユーザーが特定のタイプの課題コメントを参照できるかどうか、といった様々な権限を設定できます。これらの権限は、アプリケーション間で異なるものを設定することができます。

権限とアプリケーションアクセスは違います。後者はアプリケーションを利用できるアクセスを持っているグループによって管理されます。詳しくはJIRA アプリケーションへのユーザーのアクセスを管理するを参照してください。

権限の種類


Jira アプリケーションには3つのタイプの権限があり、その範囲は、ハイレベルから、細分レベルに及びます。 

  • グローバル権限 - 個々のプロジェクトではなくアプリケーション全体に適用されます(例えば、アプリケーション内でユーザーが他のユーザーを見ることができるかどうか)。
  • プロジェクト権限 - プロジェクトに適用されるもので、権限スキームによって管理されます。例えば、プロジェクトの課題を参照・作成・編集・担当者に割り当てることができるユーザーを設定します。プロジェクト管理者はユーザーをプロジェクトに割り当てることができますが、プロジェクトの権限スキームをカスタマイズすることはできません。プロジェクトでユーザーが何ができるのか設定するプロジェクトレベルの権限には様々なものがあります。
  • 課題セキュリティ権限 - セキュリティスキームによって管理され、(プロジェクト権限の範囲内で)個々の課題へ参照権限を付与することができます。例えば、課題セキュリティ権限により、プロジェクト管理者と特定のグループのユーザーしか参照できない課題のタイプを設定することができます。

権限はどのように設定されるか?

権限はグループ・プロジェクトロール・課題ロールに対して割り当てることができます。この図はどうやって権限がユーザーに設定されるか説明しています。

権限を設定できるのは誰か?

権限 設定できるユーザー 詳細
グローバル権限

Jira システム管理者権限を持つユーザー

Adminアクセスを持つグループに所属するユーザー

プロジェクト権限

Jira システム管理者権限を持つユーザー

Adminアクセスを持つグループに所属するユーザー
課題セキュリティ権限

Jira システム管理者権限を持つユーザー

Adminアクセスを持つグループに所属するユーザー

プロジェクト管理者

最終更新日 2019 年 7 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.