Mercurial のインストールとセットアップ

Mercurial は、ローカル システムと Bitbucket Cloud 間でコードを転送する DVCS です。Mercurial をインストールしてセットアップするには、このページの手順をご利用ください。リモート マシンでコードを記述したり、デプロイしたりする場合は、そのマシンにも Mercurial が必要です。

ステップ 1. Mercurial をインストールする

If you already have Mercurial installed, make sure you have version 1.7 or later. To check, enter  hg --version  at the command line.

以下は、ご使用のオペレーティング システムによって異なります。

  • Windows の場合: Mercurial インストーラーをダウンロードします。コマンド ウィンドウを開くには、「コマンド プロンプト」を検索します。
  • Mac の場合: Mercurial インストーラーをダウンロードします。コマンド ウィンドウを開くには、「ターミナル」を検索します。
  • Linux の場合:

    1. Enter cat /etc/apt/sources.list at the command line to see the contents of the file.

    2. If any of the lines are commented (have a # prefix), then edit the file and remove all # from the comments.

    3. Make sure you have an updated package list by entering sudo apt-get update at the command line.

    4. To install Mercurial, enter sudo apt-get install mercurial. Verify the installation was successful by typing  which hg at the command line.

ステップ 2. 構成ファイルの更新

インストールした Git には構成ファイルが含まれます。コマンド ウィンドウを使用して、このファイルの個人設定を更新します。

  1. Determine if you already have a  .hgrc  file in your user directory with following command:
    • For Windows:  ls .hgrc
    • For Mac and Linux:  ls ~/.hgrc
  2. If you don't have the  .hgrc  file, create one using the touch command:

    $ touch ~/.hgrc


  3. Open the .hgrc  file, and add a username value to the configuration, making it look similar to the following:

    [ui]
    # Name data to appear in commits
    username = Emma Paris <eparis@atlassian.com>
ヒント Sketch で作成されました。

Mac OS X では、「.」(ピリオド) で始まるファイルは、非表示ファイルです。既定では、これらのファイルは Finder に表示されません。非表示ファイルを表示させるには、端末に次のコマンドを入力します。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles YES


再びファイルを非表示にするには、次のコマンドを入力します。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles NO 


最終更新日 2018 年 5 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.