Git のインストールとセットアップ

Git とは、ローカル システムと Bitbucket Cloud 間でコードを転送する DVCS です。Git をインストールしてセットアップするには、ビデオをチェックするか、このページの手順をご利用ください。

macOS:

Windows:


ステップ 1. Git をインストールする

コマンド ラインで「git --version」と入力し、Git がすでにインストール済みかどうかを確認します。

以下は、ご使用のオペレーティング システムによって異なります。

  • Windows の場合: Git インストーラーをダウンロードしますコマンド ウィンドウを開くには、[プログラム] ディレクトリGit フォルダから Git Bash.vbs に進みます。
  • Mac の場合: Git インストーラーをダウンロードします。コマンド ウィンドウを開くには、「ターミナル」を検索します。
  • Linux の場合: コマンド ラインで「sudo apt-get install git」と入力します。インストールが正常に完了したことを確認するには、「which git」と入力します

ステップ 2. 構成ファイルの更新

インストールした Git には構成ファイルが含まれます。コマンド ウィンドウを使用して、このファイルの個人設定を更新します。

  1. 次のコマンドを入力してユーザー名を構成します。Emma の名前は自分自身の名前に変更します ($ の後の行をコピーして貼り付け、Enter を押します)。

    $ git config --global user.name "Emma Paris"
  2. 次のコマンドを入力してメール アドレスを構成します。Emma のメール アドレスは自分のアドレスに変更します。

    $ git config --global user.email "eparis@atlassian.com"
  3. Git が行末を正しく扱うように構成して、Bitbucket がファイルの更新を誤認識しないようにします。別のオペレーティング システムを使用している他のユーザーとリポジトリでコラボレーションしている場合は、この設定を行うことをお勧めします。

    Windows :

    $ git config --global core.autocrlf true

    Mac および Linux の場合

    $ git config --global core.autocrlf input


最終更新日 2018 年 5 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.