Git および Mercurial のコマンド

Git または Mercurial を使用し始めたばかりの場合、コマンド ラインから Git または Mercurial を実行するヒントについて、このページの内容を確認することをおすすめします。

タスク Git コマンド Mercurial (Hg) コマンド
新しいローカル ディレクトリを作成する git init hg init
ローカル リポジトリをリモート サーバーに接続する git remote add origin <サーバー URL> hg push <サーバー URL>
リモート リポジトリをローカル システムにコピーする
git clone <リポジトリの URL>
hg clone <リポジトリの URL>
特定のファイルをステージングに追加する (Git) または新しいファイルが作成された後に追加する (Hg):
git add <filename>
hg add <filename>
すべての変更をステージングに追加する (Git) またはすべての新規ファイルに追加する(Hg):
git add --all
hg add
変更をローカル側でコミットする:
git commit -m '<message>'
hg commit -m "<message>"
変更をリモート リポジトリへプッシュする:

git push <remote_name> <branch_name>

通常: git push origin master

hg push
変更したファイルや、追加またはコミットの必要があるファイルのステータスを一覧表示する:
git status
hg status
新しいブランチを作成 (Git) またはブックマークを作成 (Hg) してそれに切り替える:
git checkout -b <branch_name>
hg bookmark <bookmark_name>
1 つのブランチまたはブックマークから別のブランチまたはブックマークに切り替える:
git checkout <branch_name>
hg bookmark <bookmark_name>
自分のリポジトリ内のブランチ/ブックマークをすべて一覧表示し、現在自分がいるブランチ/ブックマークを示す:
git branch
hg bookmarks
機能ランチ/ブックマークを削除する
git branch -d <ブランチ名>
hg bookmark -d <ブックマーク名>
ブランチ/ブックマークをリモート リポジトリへプッシュする
git push origin <ブランチ名>
hg push -B <ブックマーク名>
リモート サーバーで変更を取得し、作業ディレクトリにマージする
git pull
hg pull -u
2 つの異なるバージョンを 1 つにマージする
git merge
hg merge
最後のコミット以降に行われたすべての変更を表示する git diff hg diff

Git と Mercurial の詳細な比較やその他のコマンドを確認するには、Bitbucket Server の 基本の Git コマンドまたは Mercurial Wiki を参照してください。

 

最終更新日: 2017 年 2 月 22 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

Powered by Confluence and Scroll Viewport.