Bitbucket の DVCS ワークフロー

Bitbucket Cloud がサポートしている分散バージョン管理システム (DVCS) は、Git と Mercurial の 2 つです。いずれもオープン ソースのシステムで、コマンド ラインまたはインストール済みのクライアント (Sourcetree など) から使用できます。

Git と Mercurial には明確な違いがありますが、基本的なアイデアは同じです。どちらを使用するかは、チームが DVCS システムに期待することによって異なります。次の表は、両方のシステムの基本のワークフローを示しています。

Git の基本ワークフロー Mercurial の基本ワークフロー
  1. ファイルの更新/作成
  2. リポジトリ履歴への変更の追加
  3. ローカル リポジトリへの変更のコミット
  4. Bitbucket への変更のプッシュ
  1. ファイルの更新/作成
  2. リポジトリへの新規ファイルの追加
  3. ローカル リポジトリへの変更のコミット
  4. Bitbucket への変更のプッシュ


最終更新日 2018 年 5 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.