Azure AD 同期によりユーザーをプロビジョニングして同期する

Azure AD 同期とは、Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) に接続する目的でアトラシアンが実行するカスタム統合のことです。これによって、次のタスクを実行できるようになります。

  • Atlassian Cloud でユーザーとその詳細を自社組織に同期する

  • Azure AD に対してドメインを申請して検証する

  • ユーザーに対して Microsoft アカウントによるアトラシアン製品へのログインを許可する

  • 同期時に入れ子グループをフラット化して、すべての有効なグループ メンバーシップを維持できるようにする

Azure AD 同期は、ユーザー プロビジョニングとユーザー認証を単一の設定として組み合わせたものです。SCIM や SAML などの一般的な規格とは別のものです。

制限付きアクセス - EAP (アーリー アクセス プログラム)

この機能は EAP (アーリー アクセス プログラム) の一部です。プログラムに参加していない限り、アクセスして使用できません。

Azure AD 同期を開始する

開始する際には、次の各ページをご参考ください。

EAP (アーリー アクセス プログラム) の開始方法

この機能を有効にするには、Atlassian Cloud の組織に関する詳細を提供する必要があります。テスト環境のセットアップに関する詳細といくつかのベスト プラクティスは「Azure AD Sync EAP の開始方法」をご参照ください。 

Azure AD 同期の基本

Azure AD 同期の仕組み、入れ子グループの処理方法、制限事項の詳細についてご確認ください。

Azure AD 同期とは

入れ子グループとは

ユーザー同期を設定する

Azure Active Directory に接続してユーザー同期をセットアップし、同期ステータスを監視します。

SCIM から Azure AD 同期に切り替える

Azure Active Directory に接続する

ユーザー同期をセットアップする

ユーザー同期を管理

グループの同期時に競合を解決する

ユーザーに Microsoft でのログインを要求する

Azure Active Directory を切断する

同期後にユーザーを管理する

同期後にユーザーを管理して、製品へのアクセスを許可します。

同期されたユーザー、グループ、ドメインを表示する

同期されたユーザーに製品へのアクセスを許可する

最終更新日 2022 年 7 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.