ユーザー同期を管理

ユーザー同期のセットアップ後、同期ステータスを監視して設定を編集できます。

同期の進行中は停止できません。同期の完了後には、同期をオフに、または Microsoft アカウントをアトラシアン組織から切断できます。

ユーザー同期のステータスを表示するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。

  2. [設定] > [Azure AD Sync] の順に移動します。

  1. ステータス: 現在の同期ステータス。[同期は有効化されています]、[同期中です]、または [同期は無効化されています] のいずれかです。

  2. 最後の同期と次回の同期: 後続の同期の日付。

  3. 同期済みデータ: 同期されたユーザー、グループ、ドメインの数。前回の同期以降のデータが表示されて、現在の同期が完了すると更新されます。

同期設定を編集する

ステータスの下に現在の同期設定が表示されます。同期が進行中であっても設定をいつでも編集できますが、変更は次回の同期にのみ適用されます。

同期設定を編集するには、次の手順に従います。

  1. 同期ステータスの下の [編集] を選択します。

  2. 変更する設定を編集します。設定の詳細については「ユーザー同期をセットアップする」をご参照ください。

同期を手動で開始する

同期が現在進行中でない場合は、[今すぐ同期] を選択して手動で開始できます。

自動同期を無効にする

ユーザーを定期的に更新不要な場合は、自動同期を無効にできます。詳細を更新する必要がある場合は、手動で同期を開始できます。

自動同期を無効にするには、次の手順に従います。

  1. 同期ステータスの下の [編集] を選択します。

  2. 同期ステータスを [自動同期を無効化] に設定します。

  3. [設定を保存] を選択します。

次のステップ

同期が完了すると、アトラシアン組織にユーザーとグループが表示されるかその情報が更新されます。ユーザーを管理して製品アクセスを許可する方法は「同期後にユーザーを管理する」をご参照ください。


ホーム ページに戻る

最終更新日 2022 年 7 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.