Confluence Data Center への移行

ここでは、既存の Confluence Server (非クラスタ) サイトから Confluence Data Center (クラスタ化) への移行プロセスを説明します。

初めて Confluence をインストールする場合 (移行する既存の Confluence データがない場合) は、「Confluence Data Center のインストール」を参照してください。

非クラスタ化ソリューションに戻したい場合は、「Data Center から Sever への移行」を参照してください。

Confluence ライセンスにより、Confluence のタイプ (Server または Data Center) が決定します。Confluence 管理の 'ライセンス詳細' ページでライセンスキーを入力すると、Confluence がライセンスタイプを自動検出します。

Confluence Server から Data Center へのアップグレードでお悩みですか? Confluence Data Center のメリットについて詳細を参照してください。

このページの内容:

はじめる前に

クラスタリングの要件

Confluence をクラスタで実行するには以下が必須条件になります:

  • Data Center ライセンスを所有している (Data Center ライセンスを購入するか、my.atlassian.com で評価版ライセンスを作成することが可能)
  • サポート対象となっているバージョンの外部データベース、OS、Javaを使用する。
  • Confluence クラスタの手前で、セッション アフィニティと WebSockets をサポートするロード バランサを使用すること。
  • 同じパスですべてのクラスタノードにアクセス可能な共有ディレクトリ(共有ホームディレクトリになります)が存在する
  • 他のアトラシアン製品 (Jira 等) へのアプリケーション リンクがある場合、OAuth 認証を使用していること。

サポート対象プラットフォーム

使用可能なデータベース、Java、およびオペレーティング システムの詳細については、「サポートされるプラットフォーム」を参照してください。Server と Datab Center デプロイメントの要件は同じです。重要なハードウェアおよびインフラストラクチャの考慮事項については、「Confluence Data Center の技術的概要」を参照してください。

また、AWSAzure で Confluence Data Center を実行するのに役立つ、具体的なガイドとテンプレート ガイドも用意しています。それらをチェックして何が必要かをご確認ください。

用語

このガイドでは以下の用語について説明します:

  • インストール ディレクトリ - 単体ノードに Confluence をインストールしたディレクトリ。
  • ローカルのホームディレクトリ - 各ノードのホームディレクトリまたはデータディレクトリ(クラスタ化されていないディレクトリ。 Confluence では、単にホームディレクトリと呼ばれます) 。
  • 共有ホームディレクトリ - 作成したディレクトリで、クラスタの同一パスを経由してすべてのノードにアクセス可能なディレクトリ。 
  • Synchrony ディレクトリ - Synchrony を設定および実行したディレクトリ (confluence ノードや独自のノード上にあります)

インストールが終了すると、各ノードにインストールディレクトリ、ローカルのホームディレクトリ、および Confluence に共有ホームディレクトリが 1 つと Synchrony のディレクトリが存在することになります (2 つのノードクラスタに合計で5 個のディレクトリ)。 

Data Center のセットアップ

1. Confluence サーバーのアップグレード 

Data Center への移行の一環として Confluence をアップグレードする予定がある場合は、最初の手順として Confluence Server サイトをアップグレードする必要があります。

2. Data Center ライセンスの適用 

  1.  > [一般設定] > [ライセンスの詳細] に移動します。
  2. 新しい Confluence Data Center のライセンス キーを入力します。
  3. 移行を開始するには Confluence を停止するよう求められます。

この段階では、ホーム ディレクトリ (confluence\WEB-INF\classes\confluence-init.properties で設定) は、既存のローカルのホーム ディレクトリを示した状態のままにしておきます。

3. 共有ホームディレクトリの作成 

  1. 同一パスを経由してすべてのクラスタ ノードにアクセス可能なディレクトリを作成します。ディレクトリは空にする必要があります。これが共有ホーム ディレクトリになります。 
  2. 既存の Confluence ホーム ディレクトリで、<confluence home>/shared-home のコンテンツを、作成した新しい共有ホーム ディレクトリに移動します。
    混同しないよう、コンテンツの移動後に空になった <confluence home>/shared-home ディレクトリを削除することをおすすめします。
  3. 添付ファイルディレクトリを新しい共有ホームディレクトリに移行します(現在添付ファイルをデータベースに保存している場合はこの手順をスキップしてください)。 

4. Confluence の起動

以下の項目を入力して移行を完了するようにセットアップウィザードからプロンプトが出されます。

  • クラスタ名
  • 作成済みの共有ホームディレクトリへのパス
  • 他のノードとの通信用に Confluence が使用するネットワーク インターフェイス
  • マルチキャストアドレス (自動生成または手動入力) または各クラスターノードの IP アドレス
  • Confluence によるクラスター ノードの検出方法:

    • マルチキャスト - マルチキャスト アドレスを入力または自動生成します。
    • TCP/IP - 各クラスタ ノードの IP アドレスを入力します。
    • AWS - 自分の IAM ロールまたは秘密キーと領域を入力します。
       

      AWS ノード検出...

      古いクイック スタートまたは Cloud Formation テンプレートを使用して Confluence Data Center を AWS にデプロイすることをお勧めします。これは自動的に必要なすべてをプロビジョニング、設定、および接続してくれます。

      独自のカスタム デプロイメントを行う場合は、以下の情報を提供して、Confluence にクラスタ ノードを自動検出させることができます。

      フィールド 説明
      IAM ロールまたはシークレット キー これは認証方式です。IAM ロールによる認証かシークレット キーによる認証かを選択することができます。
      リージョン これはクラスタ ノード(EC2 インスタンス)を実行するリージョンです。
      ホスト ヘッダー オプション。Confluence が使用する AWS エンドポイントです (「ec2.amazonaws.com」など、EC2 API が検出可能なアドレス)。デフォルトのエンドポイントを使用する場合は、空白のままにしておきます。
      セキュリティ グループ名 オプション。クラスタのメンバーを特定のセキュリティ グループ(EC2 コンソールで指定)のリソースのみに絞り込むために使用します。
      タグ キータグ値

      オプション。クラスタのメンバーを特定のタグ(EC2 コンソールで指定)のリソースのみに絞り込むために使用します。

  

Confluence ノードを追加する

5.ノード 2 に Confluence をコピー

2 つ目のノードに Confluence をコピーするには:

  1. ノード 1 で Confluence をシャットダウンする。
  2. ノード2 でアプリケーション サーバーをシャットダウン、または自動的にウェブアプリケーションのロードを停止する。
  3. ノード 1 からノード 2 へインストール ディレクトリをコピーする。
  4. ノード 1 からノード 2 にローカルのホーム ディレクトリをコピーします。
    ノード 1 と 2 でローカル ホーム ディレクトリのファイル パスが異なる場合、<installation directory>/confluence/WEB-INF/classes/confluence-init.properties ファイルをノード 2 で更新し、正しい場所を示すようにする必要があります。

ローカルのホームディレクトリをコピーすることで、確実に Confluence 検索インデックス、データベース、クラスタ設定、その他の設定をノード 2 にコピーします。

6. ロードバランサの設定

Confluence 用にロードバランサを設定します。ロードバランサはお好みで選択できますが、セッションアフィニティと WebSocketsのサポートが必要となります。

ご利用のロードバランサを以下の点で検証します:リクエストを送信する際、Confluence にアクセスしてロードバランサを通過し、既存の Confluence サーバーに正しく送信してページを作成し、このページがロードバランサを使用した他のマシンから閲覧・編集が可能である。

7.一度に Confluence の 1 つのノードを起動する

一度に1つの Confluence ノードのみ起動する必要があります。最初のノードを立ち上げ、利用可能になってから、次のノードを起動してください。

  1. ノード 1 で Confluence を開始する。
  2. Confluence がノード 1 で使用可能になるまで待つ。
  3. ノード 2 で Confluence を開始する。
  4. Confluence がノード 2 で使用可能になるまで待つ。

クラスタ監視コンソール ( > [一般設定] > [クラスタリング]) は、アクティブなクラスタに関する情報を示します。

クラスタが適切に実行されていると、このページにシステムの使用状況やアップタイムなどを含む各ノードの詳細情報が表示されます。クラスタの各ノードの詳細情報については、 メニューから参照してください。

8. Confluence クラスタのテスト

コンテンツをテストするには、ロードバランサ経由で Confluence にアクセスする必要があります。ノードに直接アクセスする場合、ページを作成または編集することはできません。

クラスタが正しく作動しているか確認する簡単な方法は:

  1. ロードバランサ経由でノードにアクセスし、このノードで新しいドキュメントを作成します。
  2. 異なるノードに直接アクセスして新しいドキュメントが見えているかを確認します。
  3. 元のノードで新しいドキュメントを検索し、表示されるか確認します。
  4. 別のノードで新しいドキュメントを検索し、表示されるか確認します。

作動していないクラスタの 2 つ以上のインスタンスがデータベースにアクセスしていることを Confluence が 検知すると、クラスタ パニックを起こし、Confluence はシャットダウンします。クラスタネットワーク接続性のトラブルシューティングから解決してください。


9. Synchrony クラスタのセットアップ (オプション)

Synchrony 1は共同編集に必要です。Data Center ライセンスでは 2 つの方法で Synchrony を実行できます。

  • Confluence で管理 (推奨)
    既定のセットアップです。Confluence は同じノードで Synchrony プロセスを自動的に起動して管理します。手動による操作は不要です。
  • スタンドアロンの Synchrony クラスタ (ユーザーによる管理)
    ユーザーはスタンドアロンな Synchrony を必要なノード数で、独自のクラスタでデプロイおよび管理します。大規模なセットアップが必要です。手順については、「Confluence Data Center 用に Synchrony クラスタをセットアップする」を参照してください。

共同編集の詳細については、「共同編集の管理」を参照してください。

セキュリティ

権限のあるクラスタ ノードのみが、ファイアウォールやネットワーク分離を利用して Confluence Data Center インスタンスの Hazelcast ポート (デフォルトは 5801) または Synchrony の Hazelcast ポート (デフォルトは 5701) への接続を許可されるようにします。

トラブルシューティング

上記の手順で問題が発生した場合は、クラスタ トラブルシューティング ガイドを参照してください。

クラスタを一つのマシンで作動させて Confluence データセンターのテストを行う場合は、 単体マシンで Confluence クラスタ を開始に記載された開発者向け説明書を参照してください。

最終更新日: 2018 年 9 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.