Confluence 6.6 エンタープライズ リリースの変更履歴

Confluence 6.6 アップグレード ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

この変更履歴は、前回のエンタープライズ リリース以降の変更内容の概要を説明することを目的としています。6.6 は Confluence の最初のエンタープライズ リリースであるため、Confluence 5.10 以降に発生したすべての変更について説明します。 

エンタープライズ リリースについて
Confluence は定期的にアップグレードすることをおすすめしています。組織のプロセスによって年に 1 回しかアップグレードできない場合、バージョンのサポート終了までの間の重大なセキュリティ、安定性、データ整合性、およびパフォーマンスの問題に継続的にアクセスできる、エンタープライズ リリースへのアップグレードをおすすめします。 

主要な機能

各バージョンで利用できる新機能の概要です。  

6.0
  • 共同編集
    複数のユーザーが同じページを同時に編集できます。変更は自動的に保存されるため、未公開の変更を常に共有できます。
  • ページとそのすべての子ページをコピーし (925 件の投票)、コピー先を選択
  • ページとそのすべての子ページを一度に削除
リリース ノート
6.1
  • Atlassian Team Playbook のブループリント: ヘルス モニター、DACI、プロジェクト ポスターなどを作成。
  • 共同編集を簡単にセットアップおよび利用開始
  • 中国語用の新しい言語パック。
リリース ノート
6.2
  • エディタでユーザーを招待して未公開のページを同時に編集。
  • 制限つきページへのアクセス リクエストの改善。
  • フィンランド語、イタリア語、ノルウェー語、ルーマニア語用の新しい言語パック。
リリース ノート
6.3
  • 安定性と信頼性の改善。
  • 大容量の添付ファイルのインデックス作成時のメモリ エラーを減少。
  • ページに画像を挿入したときに適切な向きで表示。
  • エストニア語、アイスランド語、スロベニア語用の新しい言語パック
リリース ノート
6.4
  • 未公開の作業に簡単にアクセス。
  • 未公開の作業を簡単に確認できる、下書きおよび未公開の変更マークの追加。
  • ページ履歴に、バージョンを編集したユーザーのアバターと名前の両方を表示。
リリース ノート
6.5
  • 新しいサイトでのデータベースのセットアップおよび構成を大幅に簡素化。
  • 安定性と信頼性をさらに改善。
リリース ノート
6.6

  • チェコ語、ドイツ語、ハンガリー語、ポーランド語、スロバキア語、スウェーデン語用の新しい言語パック
  • Azure に Confluence Data Center をデプロイ可能
  • リカバリ モードを使用した管理者権限の復元

リリース ノート

致命的なバグの修正

各リリースには多数のバグ修正が含まれます。バージョン 6.0 以降で修正された、重要度が critical のバグは、次のとおりです。 



サポート対象プラットフォームの変更

新しいバージョンのリリースに伴い、プラットフォームのサポートの開始や終了を行っています。ここでは、6.0 以降の変更の概要について説明します。 

6.0

次の製品のサポートを終了

  • Internet Explorer 10
  • MySQL 5.5
  • Linux および Windows 用の 32 bit インストーラ (引き続き 32 bit 環境でアップグレードできますが。zip / アーカイブ ファイルを利用する必要があります)
サポート対象プラットフォーム
6.1

変更なし

サポート対象プラットフォーム
6.2

変更なし

サポート対象プラットフォーム
6.3

次の製品のサポートを終了

  • Oracle Solaris

次の製品のサポートを開始

  • PostgreSQL 9.6
  • MySQL 5.7
サポート対象プラットフォーム
6.4 変更なし サポート対象プラットフォーム
6.5 変更なし サポート対象プラットフォーム
6.6 変更なし

サポート対象プラットフォーム

テクニカル アップグレード ノート

次の表はアップグレード ノートの概要です。アップグレード前にアップグレード ノートを個別に確認する必要があります。 

6.0

重要な注意事項

  • ドキュメント用テーマは削除されます。
  • スペース ジャンプ マクロは削除されます。
  • 古い (Confluence 5.8 以前) スタイルのダッシュボードは利用できません。
  • 個人用の下書きを編集することはできません。

既知の問題:

  • Confluence をバージョン 2.4 以前から利用している場合、この問題を回避するため、Confluence 6.0 にアップグレードする前に <confluence-home>/confluence.cfg.xml ファイルの hibernate dialect を確認する必要があります。 

セキュリティ勧告:

アップグレード ノート
6.1

重要な注意事項

  • 共同編集を使用する予定の場合、メモリ、CPU、およびデータベースに追加の要件があります。
  • 最小でも 4 コアのハードウェアで Confluence を実行することをおすすめします。
  • メモリ不足によるエラーを減らすため、ページ インデックス マクロにページ制限が追加されました。

既知の問題:

  • Oracle ユーザーはこの問題を回避するために、Confluence 6.1 以降にアップグレードする前にドライバを 12.2.0.x にアップグレードする必要があります。
アップグレード ノート
6.2

重要な注意事項

  • "このページにリンク" が共有ボタンに変更されました。
アップグレード ノート
6.3

重要な注意事項

  • ページを同時に編集できる最大ユーザー数が 12 人になりました。
  • データベース ドライバの新しい推奨を追加しました。
アップグレード ノート
6.4

重要な注意事項

  • 未公開のコンテンツを多数含む大規模なサイトの場合、アップグレード後に実行される、下書きと未公開の変更のインデックス処理に、時間がかかる可能性があります。
  • Microsoft SQL Server のデータベース ドライバの変更。

既知の問題:

  • Linux の古いディストリビューションでは Confluence で使用する一部のフォントを利用できない場合があります。対応方法についてはこちらの記事を参照してください。 
アップグレード ノート
6.5

重要な注意事項

  • 添付ファイルのインデックス処理の改善により、attachments ディレクトリのサイズやファイル数が変更される可能性があります。
  • ancestor テーブルで問題が検出された場合の権限の処理方法を変更しました。この影響を受けていないことを確認するためには、ancestor テーブルをリビルドすることをおすすめします。
  • SQL Server をご利用の場合、新しいドライバに変更することをご検討ください。
アップグレード ノート
6.6

重要な注意事項
  • Microsoft SQL Server に接続するのに jTDS ドライバを使用している場合、新しいドライバに自動的に切り替わります。異なるデータソースを利用していたり、ほかの問題が発生したりしてこの処理に失敗する場合、対応方法についてこちらの記事をご参照ください。


アップグレード ノート


今すぐアップグレード


最終更新日 2019 年 8 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.