Stash is now known as Bitbucket Server.
See the

Unknown macro: {spacejump}

of this page, or visit the Bitbucket Server documentation home page.

メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

You can connect Stash to an Atlassian JIRA instance to delegate Stash user and group management, and authentication. Stash provides a "read-only" connection to JIRA for user management. This means that users and groups, fetched from JIRA, can only be modified/updated in that JIRA server, rather than in Stash.

Choose this option as an alternative to Atlassian Crowd, for simple configurations with a limited number of users. Note that Stash can only connect to a JIRA server running JIRA 4.3 or later.

Connecting Stash and JIRA is a 3-step process:

  1. Set up JIRA to allow connections from Stash.
  2. Set up Stash to connect to JIRA.
  3. Set up Stash users and groups in JIRA.

You can connect to JIRA either when you first run Stash, using the Setup Wizard, or at any time after setup is complete.

If using the Stash Setup Wizard to configure JIRA integration, we recommend that you make use of the automatic back-linking from JIRA to Stash.

(warning) You need to be an administrator in both JIRA and Stash to do this.

See also this information about deleting users and groups  in Stash.

このページの内容

Connecting to JIRA

1. Set up JIRA to allow connections from Stash

  1. Log in as a user with the 'JIRA Administrators' global permission.
  2. For JIRA 4.3.x, select Other Application from the 'Users, Groups & Roles' section of the 'Administration' menu.
    For JIRA 4.4 or later, choose Administration > Users > JIRA User Server.
  3. [アプリケーションの追加] をクリックします。
  4. Enter the application name and password that Stash will use when accessing JIRA.
  5. Enter the IP address of your Stash server. Valid values are:
    • 完全な IP アドレス、例:192.168.10.12
    • A wildcard IP range, using CIDR notation, e.g. 192.168.10.1/16. For more information, see the introduction to CIDR notation on Wikipedia and RFC 4632.
  6. 保存 をクリックします。
  7. [ユーザー ディレクトリ] 画面で各ディレクトリの横にある青色の上下矢印をクリックして、ディレクトリの順序を定義します。ディレクトリ順は次のように影響します。
    • ディレクトリの順序は、ユーザーおよびグループの検索順序です。
    • ユーザーおよびグループへの変更は、アプリケーションが変更権限を持つ最初のディレクトリに対してのみ行われます。

2. Set up Stash to connect to JIRA

  1. Log in to Stash as a user with 'Admin' permission.
  2. In the Stash administration area click User Directories (under 'Accounts').
  3. Click Add Directory and select Atlassian JIRA.
  4. 以下のように、設定を入力します。
  5. ディレクトリ設定をテストおよび保存します。
  6. [ユーザー ディレクトリ] 画面で各ディレクトリの横にある矢印をクリックして、ディレクトリの順序を定義します。ディレクトリ順は次のように影響します。
    • ディレクトリの順序は、ユーザーおよびグループの検索順序です。
    • ユーザーおよびグループへの変更は、アプリケーションが変更権限を持つ最初のディレクトリに対してのみ行われます。

3. Set up Stash users and groups in JIRA

In order to use Stash, users must be a member of the Stash-users group or have Stash global permissions. Follow these steps to configure your Stash groups in JIRA:

  1. Add the stash-users and stash-administrators groups in JIRA.
  2. 上に記載した両方のグループのメンバーとして、自分のユーザー名を追加します。
  3. Choose one of the following methods to give your existing JIRA users access to Stash:
    • Option 1: In JIRA, find the groups that the relevant users belong to. Add those groups as members of one or both of the above Stash groups.
    • Option 2: Log in to Stash using your JIRA account and go to the administration area. Click Global permissions (under 'Accounts'). Assign the appropriate permissions to the relevant JIRA groups. See Global permissions.

Connecting Atlassian Stash to JIRA for user management is not sufficient, by itself, to allow your users to log in to Stash. You must also grant them access to Stash by using one of the above 2 options.

サーバー設定

設定

説明

名前

ディレクトリ サーバーの一覧でこの Jira サーバーを識別するのに役立つ、わかりやすい名前にします。例:

  • Jira Software
  • My Company Jira

サーバー URL

Jira サーバーの Web アドレス。例:

  • http://www.example.com:8080
  • http://jira.example.com

アプリケーション名

ユーザー マネージャーとして機能する Jira サーバーにアクセスするときに、アプリケーションが使用する名前。アプリケーションはこの Jira サーバーで定義されている必要があります。これは、[管理] メニューの [ユーザー、グループおよび役割] セクションにある [その他のアプリケーション] オプションから行います。

アプリケーション パスワード

ユーザーマネージャーとして機能する Jira サーバーにアクセスするときに、アプリケーションが使用するパスワード。

JIRA server permissions

設定

説明

読み取り専用

このディレクトリ内のユーザー、グループ、メンバーシップは、ユーザーマネージャーとして機能する Jira サーバーから取得されます。これらはその Jira サーバーからのみ変更できます。

高度な設定

設定

説明

Enable Nested Groups

入れ子グループのサポートを有効または無効にします。入れ子グループを有効にする前に、ユーザー マネージャーとして機能している Jira サーバーで入れ子グループが有効になっているかどうかを確認してください。入れ子グループが有効になっているときは、グループを別のグループのメンバーとして定義できます。グループを使用して権限を管理している場合、入れ子グループを作成して、1 つのグループからそのサブグループに権限を継承できます。

Enable Incremental Synchronizationインクリメンタル同期を有効または無効にします。ディレクトリの同期時には、前回の同期時以降の変更のみが取得されます。

Synchronization Interval (minutes)

同期とは、アプリケーションがユーザー データの内部ストアをディレクトリ サーバ上のデータで更新するプロセスです。アプリケーションは x 分ごとにディレクトリ サーバーにリクエストを送信します。x はここで指定する数値です。既定値は60分です。

  • ラベルなし