ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

  1. サービスデスクを設定する
  2. サービスデスクのリクエストタイプを作成する
  3. サービスデスクチームのキューを作成する
  4. サービスデスクのエジェントを追加する
  5. サービスデスク チャネルのカスタマイズ
  6. 次のレベルのサービスデスクの実現
  7. サービスデスクをカスタマーに紹介する
  8. サンプル プロジェクトの確認

チームは、あなたが設定したキューへの取り組みに多くの時間を費やします。エージェントは新しいキューを追加したり、既存のキューを設定する権限を持ちません。ただし、Jira Service Desk キューでは、自動的にトリアージし、課題の優先順位を付けることができます。たとえば、来週までに完了が必要なリクエストにチームが集中したい場合は、その週内が期限のものを含む一連のキューだけをセットアップできます


サイトには事前にキューが設定されていますが (例: 「未割当の課題」)、チーム用に新しいキューを 3 つ作成してみましょう。 

  1. From your service desk project sidebar, select Queues (). 
  2. [新規キュー] を選択し、最初のキューに「Service requests」と名前をつけます。
  3. Define the issues you want to appear in this queue by selecting the following drop-down menus: Type (select "Service Request"); Status (select "Waiting for support"), and Resolutions (select "Unresolved"): 
  4. このキューに表示する次の列名を [詳細] メニューから選択します: 「キー」、「概要」、「作成日」、「更新日」、および「期限」。列間で名前 (「キー」など) をドラッグして列の順序を並び替えることができます。
  5. 作成」をクリックして、このキューをチームのワークスペースに追加します。
  6. Create two new queues with the following two search queries:
    "Completed requests" for Service requests that have been successfully resolved.


    "Due this week" for requests that must be completed in the next week
  7. 保存したキューを新しい場所にクリック アンド ドラッグして並べ替えます。

これで、プロジェクト内に新しいキューが 3 つできました。次は、サイトにエージェントを追加し、チームが Jira Service Desk を運用する方法を学びます。 

次へ

  • ラベルなし