ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

Jira Core is an extremely flexible workflow management system. You can customize and configure Jira Core to suit the needs of you and your team. If you haven't done so already, you should take a quick look at the Jira Core overview page to gain an understanding of what Jira Core can do, and how it does it. I'm sure you have more questions on how to do certain things, how to configure elements of Jira Core and what exactly is possible. A lot of the configuration and how to information is in the Jira application administration documentation. The content on this page is some tips and tricks, including links to more information, that should get you up and running and more productive faster!

 どうすれば、ワークフローにステータスを追加して拡張できますか。

Add a status to your workflow, like adding a "Review" status for documentation updates, is essentially changing the workflow. To do this you should read the Working with workflows documentation, which will step you through adding a status, making sure you add transitions so that you can get to your new status, and give you more information on what you can do to that status to make it even more powerful. For instance, you may want to make sure that when you do move an issue to "Review", it's automatically assigned to a specific person. This can be achieved by adding a post function that allows you to update a specific field on an issue. Make the field the Assignee field, and select the specific person you want the issue assigned to. Bingo! The issue will now be assigned to the person when it's transitioned to that status. Take a look at Atlassian Answers, it's full of useful information.

 一度に複数の人が1つの課題で作業できる並行ワークフローが必要な場合、どうすればいいでしょうか。

Jira Core has one Assignee field, and this allows you to assign an issue to one person at a time. This is intentional, as it means one person is responsible for that piece of work. It stops the cases occurring where either two people are working on the same thing, or neither work on it as they think the other person is working on it! That being said, there's a few ways to achieve the concept above. You could split the issue into sub-tasks, and assign each sub-task to a different person. Another slightly more complex option is to add another field to the issue called a "user picker" field, which allows you to select other users. The Assignee of the issue is still responsible for the work, but it does mean other people can be added to the issue and will show as working on it. See the tip on assigning issues to a group below for more information!

 つまり、他のフィールドを課題に追加できるのですね。どのように行うのですか。

 You can add additional fields to Jira Core's default issues, in fact you can even add additional issue types if you like. All this is covered in the Jira application administration documentation, just search for Adding a custom field. That'll walk you through which fields you can add to an issue, and how.

 課題フィールドに非常に関心があるのですが、フィールドへのアクセスを制限する方法はありますか。

 Issue field security is something that a lot of organizations request, but it's not something we support in Jira Core. You can read more about that decision on this issue JRA-1330 - Getting issue details... STATUS .

You can set the security level on an issue however, visit the Jira application administration and search for Setting security on an issue for more information on that topic.

 どうすれば課題をコピーできますか。

課題をコピーする場合、複製機能を利用できます。複製された課題は複製元の課題へのリンクを作成し、その逆も同様です。課題とその複製に関する詳細は、こちらを参照してください。

 どうすれば自分に必要なすべての情報を1つの場所でレビューできますか。

Dashboards! Jira Core comes with a variety of gadgets that you can configure to show your information how you need to see it. You can add these gadgets to your dashboard,  and make that dashboard your homepage in Jira Core when you first log in. That way the first thing you'll see is the information that matters to you, and you'll know what you need to do.

 どのようにして自分の作業を見つけるのですか。また、どうすれば必要な課題を見つけられますか。

Jira Core offers a powerful search function, and you can even save these searches as filters for use at a later stage. You can even share these filters with your team, so you're all looking at the same information. Keep on top of things together!

 検索を使用していますが、確認したい課題を見つけるのに未だに苦労します。課題にタグを付ける簡単な方法はありますか。

 はい、あります。JIRA Core には課題にラベルを付ける機能があり、ラベルは検索で使用できます。実際、ラベルは「クリック可能」です。つまり、ラベルをクリックすると、そのラベルの付いたすべての課題を表示する検索に移行します。ここで、必要に応じてその検索を絞り込むことができます。

ただし、注意点として、ラベルの使用に関するお客様の組織のポリシーについて、プロジェクト管理者に確認を取ってください。一部の組織ではプロセスの一環として使用するため、このフィールドの使用方法に関してポリシーが設定されている場合があります。

 課題をグループに割り当て、そのグループ内の誰かが課題に取り組むようにすることはできますか。

 Jira Core は、タスクの見落としを防ぐために課題を 1 人の個人に割り当てなければならないように設計されています。チーム・リーダーまたはマネージャーは個人に課題を割り当てる必要があります。または、ユーザーが課題のリストから、引き受ける課題を選択できるオプションがあります。

しかし、複数のユーザーに課題を割り当てられるように Jira Core を設定したい場合、これを実行するオプションがいくつかあります。

グループで選択できるようにキューを同様に設定するか、グループ内の個人に課題を割り当てることに加えて、その課題をグループに関連付けると容易です。

キューを使用した課題の管理

既定で課題を「未割り当て」の "キュー" に割り当てるように Jira Core プロジェクトを設定できます。このキューから、ユーザーは課題を選択することができます。

これを実行するには、以下を設定します。

  1. 「既定の担当者」を「未割り当て」にできるように Jira Core プロジェクトを設定します。
  2. 一般設定の設定で「未割り当て課題を許可」がオンになっていることを確認します (管理 > グローバル設定 > 一般設定)。
  3. キューに入れたい課題を「未割り当て」にします。
  4. すべての「未割り当て」課題をリストするフィルタを備えたダッシュボード・ページを作成して、そのダッシュボード・ページを共有し、グループ内の関係のあるメンバーに各自のダッシュボードに共有ページを表示するようリクエストします。

グループ所有権による課題の管理

カスタムフィールドを追加して、特定の課題に関連付ける必要のあるユーザーとグループを保存できます。これは、チームが特定のタイプのすべての課題を所有しているプロジェクトでは、特に便利です。

これを実行するには、以下を設定します。

  1. グループ ピッカー カスタムフィールドを課題に追加します。
  2. プロジェクトの通知スキーム内のメール通知が「グループ カスタム フィールドの値」に送信されるように設定します。

これで、グループ ピッカー内の適切なグループを選択することでグループに課題を「割り当てる」ことができます。メール通知はグループに送信されます。

(info) Another option is to add a user picker custom field rather than a group picker, and assign multiple users to an issue. However, you will then have both the Jira Core default user field and custom user field for your assignees.

ユーザー アカウントによる課題の管理

Jira Core ユーザー アカウントは、ピープルのグループ (例: 「開発者」) を表すために作成して、このユーザーに課題を割り当てることができます。

これを実行するには、以下を設定します。

  1. グループを表す Jira Core ユーザーを作成します。
  2. (オプション) このグループのメール メーリング リスト を作成し (Jira Core 機能ではありません) 、メーリング リストのメールを Jira Core ユーザーのメールアドレスとして設定します。
  3. このユーザーに割り当てられた課題を表示するダッシュボード・ページを作成し、そのダッシュボード・ページを共有して、グループ内の関係するメンバーに共有ダッシュボード・ページを各自のダッシュボードに表示するようにリクエストします。

これで、グループを表す新しい「ユーザー」に課題を割り当てることができ、ユーザーは各自のダッシュボードで課題を追跡できます。メーリング リストを設定した場合、ユーザーにもメールで通知されます。

サブタスクによる課題の管理

様々なユーザーによって管理されている1つのタスクがある場合、その統合タスクを個別のサブタスクに分割してそれぞれに 1 人の担当者を割り当てることができます。

 複数の定義済みグループを設定して管理を容易にすることで、課題は恩恵を得られるように思います。これは可能ですか。

 Yes it is. Jira Core comes with two methods of grouping issues, Versions and Components. You can read more on these in the Administering a project section of the documentation. Essentially versions and components allow you to group issues, and the main distinction is that with a component you can assign a user as a default assignee when the component is added to the issue, and versions can have a start and end date.

  • ラベルなし