ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

このページでは、詳細検索で使用する関数の情報について説明します。

A function in JQL appears as a word followed by parentheses, which may contain one or more explicit values or Jira fields. In a clause, a function is preceded by an operator, which in turn is preceded by a field. A function performs a calculation on either specific Jira data or the function's content in parentheses, such that only true results are retrieved by the function, and then again by the clause in which the function is used.

検索クエリで指定されていないかぎり、JQL 検索の結果で空のフィールドが返されることはありません。現在のユーザーに割り当てられていない課題を検索するときに空のフィールド (未割り当ての課題) を含めるには、(assignee != currentUser() OR assignee is EMPTY) と入力して、未割り当ての課題を検索結果に含めます。

approved()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

承認を必要としていた課題で、承認の最終決定が完了しているものを検索します。

構文
approved()
サポートされるフィールドApproval タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子 =
サポートされない演算子 , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • 承認済みのすべての課題を検索:
    approval = approved()

^ ページのトップへ

このページの内容:

approver()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

一覧に記載されたユーザーによる承認が必要または必要だった課題を検索します。OR 演算子を使用し、ユーザー名を指定する必要があります。

構文
approver(user,user)
サポートされるフィールドApproval タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子 =
サポートされない演算子, != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • John Smith による承認が必要または必要だった課題を検索:
    approval = approver(jsmith)
  • John Smith または Sarah Khan による承認が必要または必要だった課題を検索:
    approval = approver(jsmith,skhan)

^ ページのトップへ

breached()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

直近の SLA で目標を達成できなかった課題を返します。

構文
breached()
サポートされるフィールドSLA
サポートされる演算子 = , !=
サポートされない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= , IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 初回応答時間に違反した課題を検索:
    "Time to First Response" = breached()

^ ページのトップへ

cascadeOption()

"cascading select" カスタム フィールドの値が選択したものと一致する課題を検索します。

parentOption パラメーターは、cascading select フィールドの第 1 階層のオプションに対応します。childOption() パラメーターは、cascading select フィールドの第 2 階層のオプションに対応します。 

"none" キーワードは、片方もしくは両方に値を持たない課題を検索するときに使用します。

構文
cascadeOption(parentOption)
cascadeOption(parentOption,childOption)
サポートされるフィールド"Cascading Select" タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子 IN , NOT IN
サポートされない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • "Location" カスタム フィールドの 1 階層の値が "USA"、2 階層の値が "New York" となっている課題を検索:
    location in cascadeOption("USA","New York")
  • "Location" カスタム フィールドの 1 階層の値が "USA" となっているすべての課題 (2 階層目の値の内容や有無は問わない) を検索:
    location in cascadeOption("USA")
  • "Location" カスタム フィールドの 1 階層の値が "USA" で 2 階層に値を持たない課題を検索:
    location in cascadeOption("USA",none)
  • "Location" カスタム フィールドの 1 階層と 2 階層の両方に値を持たない課題を検索:
    location in cascadeOption(none)
  • "Referrer" カスタム フィールドの 1 階層の値が "none" で 2 階層の値が "none" となっている課題を検索:
    referrer in cascadeOption("\"none\"","\"none\"")
  • "Referrer" カスタム フィールドの 1 階層の値が "none" で 2 階層に値を持たない課題を検索:
    referrer in cascadeOption("\"none\"",none)

^ ページのトップへ

closedSprints()

完了したスプリントに割り当てられている課題を検索します。ある課題が完了したスプリントと未完了のスプリントの両方に割り当てられている場合、この課題は検索対象です。同様に openSprints() という関数もあります。

構文
closedSprints()
サポートされるフィールドSprint
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 完了済みのスプリントに割り当てられているすべての課題を検索:
    sprint in closedSprints()

^ ページのトップへ

completed()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

1 つ以上のサイクルを完了した SLA を持つ課題を返します。  

構文
completed()
サポートされるフィールドSLA
サポートされる演算子 = , !=
サポートされない演算子 = , ~ , !~ , > , >= , < , <= , IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 初回応答時間を 1 回以上達成した課題を検索:
    "Time to First Response" = completed()

^ ページのトップへ

componentsLeadByUser()

特定のユーザーがリードになっているコンポーネント内の課題を検索します。必要に応じてユーザーを指定できます。ユーザーを指定しない場合、現在のユーザー (操作者) が設定されます。Jira にログインしていない場合はユーザーを指定する必要があることにご注意ください。

構文
componentsLeadByUser()
componentsLeadByUser(username)
サポートされるフィールドComponent
サポートされる演算子 IN , NOT IN
サポートされない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身がリードであるコンポーネントのオープンな課題を検索:
    component in componentsLeadByUser() AND status = Open

  • Bill がリードであるコンポーネントのオープンな課題を検索:
    component in componentsLeadByUser(bill) AND status = Open

^ ページのトップへ

currentLogin()

現在のユーザーのセッションが開始された時間で検索します。同様に lastLogin もあります。

構文
currentLogin()
サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 
サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 現在のセッション中に作成された課題を検索:
    created > currentLogin()

^ ページのトップへ

currentUser()

現在のログインユーザーに基づいて検索を実行します。ログインしたユーザーに対してのみ実行できることにご注意ください。したがって、匿名ユーザーが利用することを想定したフィルターを作成する場合、この関数を使うことはできません。

構文
currentUser()
サポートされるフィールド担当者、報告者、投票者、ウォッチャー、User タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , !=
サポートされない演算子~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身に割り当てられた課題を検索:
    assignee = currentUser()

  • Find issues that were reported to me but are not assigned to me:

    reporter = currentUser() AND (assignee != currentUser() OR assignee is EMPTY)

^ ページのトップへ

earliestUnreleasedVersion()

特定のプロジェクトの未リリースのバージョンの中で一番古いバージョンに基いて検索します。似たものに unreleasedVersion という関数もあります。一番「古い」かどうかはバージョンが利用している序数に基いています。バージョンの Due Dates に基いているわけではないので注意してください。

構文
earliestUnreleasedVersion(project)
サポートされるフィールド影響バージョン、修正バージョン、Version タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • FixVersion が ABC プロジェクトの一番古い未リリースのバージョンである課題を検索:
    fixVersion = earliestUnreleasedVersion(ABC)

  • ABC プロジェクトの一番古い未リリースのバージョンに関連する課題を検索:
    affectedVersion = earliestUnreleasedVersion(ABC) or fixVersion = earliestUnreleasedVersion(ABC)

^ ページのトップへ

elapsed()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

SLA サイクルの開始イベントに対し、SLA クロックが特定の相対的なタイミングにある課題を返します。  

構文
elapsed()
サポートされるフィールドSLA
サポートされる演算子 = , != , > , >= , < , <=
サポートされない演算子~ , IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 初回応答を 1 時間より長く待機している課題を検索:
    "Time to First Response" > elapsed("1h")

^ ページのトップへ

endOfDay()

当日の終了時に検索を実行します。endOfWeekendOfMonthendOfYear、および startOfDaystartOfWeekstartOfMonthstartOfYearも参照してください。

構文
endOfDay()
endOfDay("inc")

inc  は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m). のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、その関数の既定周期が設定されます。たとえば、endOfDay("+1") は endOfDay("+1d") と同じと解釈されます。プラス / マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスと見なされます。

サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 
サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 期限が今日中である課題を検索:
    due < endOfDay()

  • 期限が明日中である課題を検索:
    due < endOfDay("+1")

^ ページのトップへ

endOfMonth()

当月の終了時に検索を実行します。endOfDayendOfWeekおよびendOfYear、およびstartOfDaystartOfWeekstartOfMonthおよびstartOfYear も参照してください。

構文
endOfMonth()
endOfMonth("inc")

inc  は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m). のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、その関数の既定周期が設定されます。たとえば、endOfMonth("+1") は endOfMonth("+1M") と同じと解釈されます。プラス / マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスと見なされます。

サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 
サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 期限が今月中である課題を検索:
    due < endOfMonth()

  • 期限が来月中である課題を検索:
    due < endOfMonth("+1")

  • 期限が来月の 15 日である課題を検索:
    due < endOfMonth("+15d")

^ ページのトップへ

endOfWeek()

今週の終了時に検索を実行します。endOfDayendOfMonthendOfYear、および startOfDaystartOfWeekstartOfMonthstartOfYear も参照してください。

endOfWeek() 関数では、結果はご利用の地域に応じて異なります。たとえば週の初日は、ヨーロッパでは一般に月曜日と見なされますが、米国では日曜日と見なされます。

構文
endOfWeek()
endOfWeek("inc")

inc  は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m). のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、その関数の既定周期が設定されます。たとえば、endOfWeek("+1") は endOfWeek("+1w") と同じと解釈されます。プラス / マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスと見なされます。

サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 
サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 期限が今週中である課題を検索:
    due < endOfWeek()

  • 期限が来週中である課題を検索:
    due < endOfWeek("+1")

^ ページのトップへ

endOfYear()

今年の終了時に検索を実行します。startOfDaystartOfWeekstartOfMonth、および endOfDayendOfWeekendOfMonthendOfYear も参照してください。

構文
endOfYear()
endOfYear("inc")

inc  は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m). のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、その関数の既定周期が設定されます。たとえば、endOfYear("+1") は endOfYear("+1y") と同じと解釈されます。プラス / マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスと見なされます。

サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 
サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 期限が今年中である課題を検索:
    due < endOfYear()

  • 期限が来年の 3 月中である課題を検索:
    due < endOfYear("+3M")

^ ページのトップへ

everBreached()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

SLA 目標の 1 つを達成できなかった課題を返します。  

構文
elapsed()
サポートされるフィールドSLA
サポートされる演算子 = , !=
サポートされない演算子~ , > , >= , < , <= , IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 初回応答時間の目標を達成できなかった課題を検索:
    "Time to First Response" = everbreached()

^ ページのトップへ

issueHistory()

最近閲覧した課題、つまり [課題] ドロップダウン メニューの [最近表示した課題] セクションにある課題を検索します。

注意:

  • issueHistory() は最大 50 件の課題を返します。[最近表示した課題] ドロップダウンは 5 件のみを返します。
  • Jira にログインしていない場合、現在のブラウザ セッションから取得した課題のみが含まれます。
構文
issueHistory()
サポートされるフィールドIssue
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 最近閲覧した課題の中で自身が担当している課題を検索:
    issue in issueHistory() AND assignee = currentUser()

^ ページのトップへ

issuesWithRemoteLinksByGlobalId()

指定されたグローバル ID のいずれかを持つリモート リンクに関連付けられている課題に基づいて検索を実行します。

注意:

  • この関数では 1 から 100 の globalId を指定できます。0、または 100 よりも大きい globalId を指定するとエラーになります。
構文
issuesWithRemoteLinksByGlobalId()
サポートされるフィールドIssue
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • "abc" の globalId を持つリモート リンクにリンクしている課題を検索:
    issue in issuesWithRemoteLinksByGlobalId(abc)

  • "abc" または "def" の globalId を持つリモート リンクにリンクしている課題を検索:
    issue in issuesWithRemoteLinksByGlobalId(abc, def)

^ ページのトップへ

lastLogin()

現在のユーザーの前回のセッションの開始時間をもとに検索します。同様に currentLogin という関数があります。

構文
lastLogin()
サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 

サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 前回のセッション中に作成された課題を検索:
    created > lastLogin()

^ ページのトップへ

latestReleasedVersion()

特定のプロジェクトのリリース済みバージョンの中で一番最後にリリースされたバージョンに基いて検索します。同様に releasedVersions() という関数があります。"latest" はそのバージョンが利用する序数によって決定されます。バージョンの Due Dates によるものではないので注意してください。

構文
latestReleasedVersion(project)
サポートされるフィールド影響バージョン、修正バージョン、Version タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , !=
サポートされない演算子

~ , !~ , > , >= , < , <=

IS , IS NOT , IN , NOT IN, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED

  • FixVersion が ABC プロジェクトの最新のリリース済みバージョンである課題を検索:
    fixVersion = latestReleasedVersion(ABC)

  • ABC プロジェクトの最新のリリース済みバージョンに関連する課題を検索:
    affectedVersion = latestReleasedVersion(ABC) or fixVersion = latestReleasedVersion(ABC)

^ ページのトップへ

linkedIssues()

特定の課題にリンクされている課題に基づいて検索を実行します。検索を特定のタイプのリンクに制限することもできます。LinkType では大文字と小文字が区別されることに注意してください。

構文
linkedIssues(issueKey)
linkedIssues(issueKey,linkType)
サポートされるフィールドIssue
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 特定の課題にリンクしている課題を検索:
    issue in linkedIssues(ABC-123)

  • 特定の課題から特定のリンク タイプでリンクしている課題を検索:
    issue in linkedIssues(ABC-123,"is duplicated by")

^ ページのトップへ

membersOf()

特定のグループのメンバーに基づく検索を実施します。

構文
membersOf(グループ)
サポートされるフィールド担当者、報告者、投票者、ウォッチャー、User タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 担当者が "jira-administrators" グループのメンバーである課題を検索:
    assignee in membersOf("Jira-administrators")

  • 複数のグループおよび特定のユーザーで検索:
    reporter in membersOf("Jira-administators") or reporter in membersOf("Jira-core-users") or reporter=jsmith

  • 特定のグループで検索 (特定のメンバーを除く):
    assignee in membersOf(QA) and assignee not in ("John Smith","Jill Jones")

  • 特定のグループのメンバーを除外:
    assignee not in membersOf(QA)

^ ページのトップへ

myApproval()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

現在のユーザーによる承認が必要または必要だった課題を検索します。

構文
myApproval()
サポートされるフィールドApproval タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子 =
サポートされない演算子 , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身による承認が必要または必要だったすべての課題を検索:
    approval = myApproval()

^ ページのトップへ

myPending()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

現在のユーザーによる承認が必要な課題を検索します。

構文
myPending()
サポートされるフィールドApproval タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子 =
サポートされない演算子 , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身による承認が必要なすべての課題を検索:
    approval = myPending()

^ ページのトップへ

now()

現在の時刻に基づいた検索を行います。

構文
now()
サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 

サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 期限切れの課題を検索:
    duedate < now() and status not in (closed, resolved)

^ ページのトップへ

openSprints()

未完了のスプリントに割り当てられている課題を検索します。完了済みスプリントと未完了のスプリントの両方に属している課題を検索できます。closedSprintsも参照してください。

構文
openSprints()
サポートされるフィールドSprint
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 未完了のスプリントに割り当てられた課題を検索:
    sprint in openSprints()

^ ページのトップへ

paused()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

特定の条件によって一時停止されている SLA を持つ課題を返します。

To find issues that are paused because they are outside calendar hours, use withincalendarhours().

構文
paused()
サポートされるフィールドSLA
サポートされる演算子 = , !=
サポートされない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= , IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 初回応答時間が一時停止している課題を検索:
    "Time to First Response" = paused()

^ ページのトップへ

pending()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

承認が必要な課題を検索します。

構文
pending()
サポートされるフィールドApproval タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子 =
サポートされない演算子 , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • 承認が必要なすべての課題を検索:
    approval = pending()

^ ページのトップへ

pendingBy()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

一覧に記載されたユーザーによる承認が必要な課題を検索します。OR 演算子を使用し、ユーザー名を指定する必要があります。

構文
pendingBy(user1,user2)
サポートされるフィールドApproval タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子 =
サポートされない演算子 , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • John Smith による承認が必要な課題を検索:
    approval = pendingBy(jsmith)
  • John Smith または Sarah Khan による承認が必要な課題を検索:
    approval = pendingBy(jsmith,skhan)

^ ページのトップへ

projectsLeadByUser()

特定のユーザーがリードであるプロジェクトの課題を検索します。必要に応じてユーザーを指定できます。ユーザーを指定すない場合、現在のユーザー (操作者) が使用されます。Jira にログインしていない場合はユーザーを指定する必要があることにご注意ください。

構文
projectsLeadByUser()
projectsLeadByUser(username)
サポートされるフィールドProject
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身がリードであるプロジェクトのオープンな課題を検索:
    project in projectsLeadByUser() AND status = Open

  • Bill がリードであるプロジェクトのオープンな課題を検索:
    project in projectsLeadByUser(bill) AND status = Open

^ ページのトップへ

projectsWhereUserHasPermission()

自身が特定の権限を持つプロジェクト内で課題を検索します。この関数は、プロジェクト レベルで実行されます。たとえば、プロジェクトで課題の報告者に特定の権限 ("課題の編集" など) が付与されている場合、自身が報告者ではない (したがって権限を持たない) 課題が返される可能性があります。この関数は、Jira にログインしている場合にのみ利用できます。

構文
projectsWhereUserHasPermission(permission)

permission パラメータには、記載されている任意の権限を指定できます。

サポートされるフィールドProject
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身が "Resolve Issues" 権限を持つプロジェクトのオープンな課題を検索:
    project in projectsWhereUserHasPermission("Resolve Issues") AND status = Open

^ ページのトップへ

projectsWhereUserHasRole()

自身が特定のロールを持っているプロジェクトの課題を検索します。この関数は、Jira にログインしている場合にのみ利用できます。

構文
projectsWhereUserHasRole(rolename)
サポートされるフィールドProject
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身が "Developer" ロールを持つプロジェクトのオープンな課題を検索:
    project in projectsWhereUserHasRole("Developers") AND status = Open

^ ページのトップへ

releasedVersions()

Perform searches based on the released versions (i.e. versions that your Jira administrator has released) of a specified project. You can also search on the released versions of all projects, by omitting the project parameter. See also latestReleasedVersion().

構文
releasedVersions()
releasedVersions(project)
サポートされるフィールド影響バージョン、修正バージョン、Version タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • FixVersion が ABC プロジェクトのリリース済みバージョンである課題を検索:
    fixVersion in releasedVersions(ABC)

  • ABC プロジェクトのリリース済みバージョンに関連する課題を検索:
    (affectedVersion in releasedVersions(ABC)) or (fixVersion in releasedVersions(ABC))

^ ページのトップへ

remaining()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

SLA サイクルの終了に対し、SLA クロックが特定の相対的なタイミングにある課題を返します。  

構文
remaining()
サポートされるフィールドSLA
サポートされる演算子 = , !=, > , >= , < , <=
サポートされない演算子 ~ , IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 解決までの所要時間が 2 時間以内に違反する課題を検索:
    "Time to Resolution" < remaining("2h")

^ ページのトップへ

running()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

カレンダーにかかわらず、実行中の SLA を持つ課題を返します。

To find issues that are running based on calendar hours, use withincalendarhours().

構文
running()
サポートされるフィールドSLA
サポートされる演算子 = , !=
サポートされない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= , IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 初回応答時間の計測が実行中の課題を検索:
    "Time to First Response" = running()

^ ページのトップへ

standardIssueTypes()

"標準" 課題タイプに基づいて検索を実行します。つまり、サブタスクでない課題を検索します。subtaskIssueTypes() も参照してください。

構文
standardIssueTypes()
サポートされるフィールドタイプ
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • サブタスクではない課題 (サブタスク意外の通常の課題タイプを持つ課題) を検索:
    issuetype in standardIssueTypes()

^ ページのトップへ

startOfDay()

当日の開始時に検索を実行します。startOfWeekstartOfMonthstartOfYear、および endOfDayendOfWeekendOfMonthendOfYear も参照してください。

構文
startOfDay()
startOfDay("inc")

inc  は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m). のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、その関数の既定周期が設定されます。たとえば、startOfDay("+1") は startOfDay("+1d") と同じと解釈されます。プラス / マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスと見なされます。

サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 
サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 今日作成された課題を検索:
    created > startOfDay()

  • 昨日以降に作成された課題を検索:
    created > startOfDay("-1")

  • 過去 3 日間で作成された課題を検索:
    created > startOfDay("-3d")

^ ページのトップへ

startOfMonth()

当月の開始時に検索を実行します。startOfDaystartOfWeekstartOfYear、および endOfDayendOfWeekendOfMonthendOfYear も参照してください。

構文
startOfMonth()
startOfMonth("inc")

inc  は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m). のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、その関数の既定周期が設定されます。たとえば、startOfMonth("+1") は startOfMonth("+1M") と同じと解釈されます。プラス / マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスと見なされます。

サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 
サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 今月作成された課題を検索:
    created > startOfMonth()

  • 先月の 1 日以降に作成された課題を検索:
    created > startOfMonth("-1")

  • 今月の 15 日以降に作成された課題を検索:
    created > startOfMonth("+14d")

^ ページのトップへ

startOfWeek()

今週の開始時に検索を実行します。startOfDaystartOfMonthstartOfYear、および endOfDayendOfWeekendOfMonthendOfYear も参照してください。startOfWeek() 関数の場合、結果はロケールにより異なります。たとえば、ヨーロッパでは、週の初日は一般的に月曜日ですが、米国では日曜日とみなされます。

構文
startOfWeek()
startOfWeek("inc")

inc  は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m). のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、その関数の既定周期が設定されます。たとえば、startOfWeek("+1") は startOfWeek("+1w") と同じと解釈されます。プラス / マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスと見なされます。

サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 
サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 今週作成された課題を検索:
    created > startOfWeek()

  • 先週以降に作成された課題を検索:
    created > startOfWeek("-1")

^ ページのトップへ

startOfYear()

今年の年初以降に基いて検索します。同様の関数に startOfDay, startOfWeek, startOfMonth, endOfDay, endOfWeek, endOfMonth, endOfYearといった関数もあります。

構文
startOfYear()
startOfYear("inc")

inc  は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m). のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、その関数の既定周期が設定されます。たとえば、endOfYear("+1") は endOfYear("+1y") と同じと解釈されます。プラス / マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスと見なされます。

サポートされるフィールド作成日、期限、解決日、更新日、Date/Time タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子= , != , > , >= , < , <=
WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate 
サポートされない演算子~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 今年作成された課題を検索:
    created > startOfYear()

  • 昨年以降に作成された課題を検索:
    created > startOfYear("-1")

^ ページのトップへ

subtaskIssueTypes()

サブタスクである課題に基づいて検索を実行します。standardIssueTypes() も参照してください。

構文
subtaskIssueTypes()
サポートされるフィールドタイプ
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • サブタスクである課題 (課題タイプがサブタスク課題タイプである課題) を検索:
    issuetype in subtaskIssueTypes()

^ ページのトップへ

unreleasedVersions()

Perform searches based on the unreleased versions (i.e. versions that your Jira administrator has not yet released) of a specified project. You can also search on the unreleased versions of all projects, by omitting the project parameter. See also earliestUnreleasedVersion().

構文
unreleasedVersions()
unreleasedVersions(project)
サポートされるフィールド影響バージョン、修正バージョン、Version タイプのカスタム フィールド
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • FixVersion が ABC プロジェクトの未リリース バージョンである課題を検索:
    fixVersion in unreleasedVersions(ABC)

  • ABC プロジェクトの未リリース バージョンに関連する課題を検索:
    affectedVersion in unreleasedVersions(ABC)

^ ページのトップへ

updatedBy()

特定のユーザーが更新した課題を検索できます。オプションで期間も指定できます。ここでいう更新とは、課題の作成、課題のフィールドの更新、コメントの作成または削除、またはコメントの編集 (直前の編集のみ) を含みます。 

時間範囲については、以下の形式のいずれかを使用します。

"yyyy/MM/dd"
"yyyy-MM-dd"

"w" (週) または "d" (日) を使用して現在の時刻に対する相対的な日付を指定することもできます。他の関数とは異なり、updatedBy では 1 日よりも小さい値はサポートされず、常に 1 日に切り上げられます。

構文
updatedBy(user)
updatedBy(user, dateFrom)
updatedBy(user, dateFrom, dateTo)
サポートされるフィールドIssuekey、およびそのエイリアス (idissuekey)
サポートされる演算子 IN , NOT IN
サポートされない演算子=, ~ , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOTWAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • John Smith が更新した課題を検索:
    issuekey IN updatedBy(jsmith)
  • John Smith が最近 8 日間以内に更新した課題を検索:
    issuekey IN updatedBy(jsmith, "-8d")
  • 2018 年の 6 月から 9 月の間に更新された課題を検索:
    issuekey IN updatedBy(jsmith, "2018/06/01", "2018/08/31")
  • 以下の例のように過去 1 時間以内に更新された検索をする場合、これはサポートされない小さな値であるため、1 日に切り上げられます:
    issuekey IN updatedBy(jsmith, "-1h")

^ ページのトップへ

votedIssues()

自身が投票した課題に基づいて検索を実行します。Voter フィールドもご確認ください。この関数は、ログイン済みのユーザーのみが使用できます。

構文
votedIssues()
サポートされるフィールドIssue
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身が投票した課題を検索:
    issue in votedIssues()

^ ページのトップへ

watchedIssues()

自身がウォッチしている課題に基づいて検索を実行します。Watcher フィールドもご確認ください。この関数は、ログイン済みのユーザーのみが使用できます。

構文
watchedIssues()
サポートされるフィールドIssue
サポートされる演算子IN , NOT IN
サポートされない演算子= , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身がウォッチしている課題を検索:
    issue in watchedIssues()

^ ページのトップへ

withinCalendarHours()

Jira Service Desk のインストールおよびライセンス付与が完了している場合にのみ利用可能です。

SLA カレンダーに基づいて実行中の SLA を持つ課題を返します。

たとえば、プロジェクトに、初回応答時間をカウントする 2 つの SLA があるとします。この SLA を使用する一部の課題は午前 9時 - 午後 1 時のカレンダーを、他の課題は午前 9 時 - 午後 5 時のカレンダーを使用します。エージェントが午後 3 時に作業を開始した場合、おそらく午後 9 時 - 午後 5 時の SLA にある課題から作業を行います。withincalendarhours() を使用して、午後 3 時時点で初回応答時間が実行中のすべての課題を検索できます。

構文
withinCalendarHours()
サポートされるフィールドSLA
サポートされる演算子 = , !=
サポートされない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= , IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 初回応答時間がカレンダー時間内の課題を検索:
    "Time to First Response" = withinCalendarHours()

^ ページのトップへ

  • ラベルなし