Hazelcast ポートの確認方法

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プラットフォームについて: Data Center のみ - この記事は、Data Center プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

Hazelcast is a third-party technology that is used when Confluence Data Center is installed in a cluster. It is used by Confluence and Synchrony. For details on those ports, check the document below:

Confluence の Hazelcast ポート

Confluence の Hazelcast ポートは、confluence.cluster.hazelcast.listenPort システム プロパティによって変更できます。サイトにおけるさまざまなシステム プロパティの設定方法については「システム プロパティの設定 (Configuring+System+Properties)」をご参照ください。 

If the confluence.cluster.hazelcast.listenPort system property is not present, the Hazelcast port for Confluence will default to port 5801

Synchrony の Hazelcast ポート

Synchrony の Hazelcast ポートは、cluster.listen.port プロパティによって変更できます。このプロパティが Synchrony に渡される方法は、Synchrony の実行方法によって異なります。 

  • Synchrony スタンドアロン クラスターを実行する場合、start-synchrony.sh または start-synchront.bat スクリプトに cluster.listen.port プロパティを追加して Hazelcast ポートをカスタマイズします。
  • 管理されている Synchrony を使用する場合、Hazelcast ポートは cluster.listen.port プロパティを synchrony-args.properties ファイルに追加することでカスタマイズします。 

If the cluster.listen.port property is not present, the Hazelcast port for Synchrony will default to port 5701

最終更新日 2022 年 6 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.