アプリケーションアクセスの管理

その他のアトラシアン評価用リソース

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

 

目的

How can I manage application access to reduce license count within the company?

環境

サーバー版 / クラウド版

方法

Application access settings let you control which people have access to which applications. To manage application access for your users, go to Settings> User management and then, select Application access.

To reduce licensing for users who comment occasionally and aren't concerned about tracking said comments, you could make your instance public and available to anonymous users. If you'd like to track these comments to unique users, then you'll have to purchase licenses for them.

 

For Cloud applications:

If you want to allow anonymous users (anyone not signed in) access to your applications, you can manage it via permissions in each application. Anonymous users don't count towards your license.

 Check out this article for more on setting up anonymous access for Atlassian Cloud applications.

 

For Server applications:

JIRA アプリケーションを構成し、ユーザーにログインなしでの課題の作成を許可します。

For this, you need to:

  1. ユーザーに対し、ログインなしでプロジェクトでの課題の参照や検索を許可します。
    1. プロジェクトの権限スキームでプロジェクトの参照権限に [任意のユーザー] グループを追加します。
  2. ユーザーに対し、ログインなしでそのプロジェクトでの課題の作成を許可します。
    1. プロジェクトの権限スキームで課題の作成権限に [任意のユーザー] グループを追加します。
    2. プロジェクトのフィールド構成スキームで報告者をオプションに設定します。

Check out this article for more information on allowing anonymous access to your project in JIRA Server applications.

 

 

 

 

 

 

最終更新日: 2016 年 9 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.